韓国の反応

韓国人「まだ日本の為替レートを心配する必要がない理由をご覧ください・・・」→「」

 

2022年7月末基準

米国債保有国家1位は日本、韓国は17位

米中貿易戦争真っ最中の時中国が米国債保有国1位だったが日本がすべて受け取った後現在も1位維持中

日本:1兆2340億3000万ドル(1779兆4712億6000万ウォン)

中国:9700億ドル(1398兆7400億ウォン)

英国:6346億ドル(915兆932億ウォン)

ルクセンブルク:3042億ドル(438兆6564億ウォン)

韓国:1123億ドル(161兆9366億ウォン)

あいつらの海外資産が越えられない壁で持っている

米国債の他にも米国株も何倍も持っている

 

 

韓国人「現在の日本円と韓国ウォンの状況をご覧ください・・・」→「あああああ」「防御放棄?(汗)」「人民元も今ヤバイぞwww」 日本円、韓国ウォン内鮮一体中wwwww 西洋の野郎たちにめっちゃ荒らされているね(泣) ...
韓国人「日銀砲、日本の為替介入の威力をご覧ください・・・」→「日本はめちゃくちゃ強いね・・・」「確かに日本は韓国とは比較にならないよ」 150円突き抜けて152円に近づくと日銀砲発射(ブルブルブル) https://ww...
References:fmkorea

おすすめ記事

韓国の反応

そしてあいつらは無制限ドルスワップが可能
心配する必要はない
あいつらはマイナス金利でも物価上昇率2%だったwwwww
誰が誰を心配してwwwww

 

 

日本マスコミ、5ちゃんねる、ツイッターではめっちゃ心配しているのに
海の向こう側の韓国人たちは称賛して何の心配もする必要がないと言うねwwwww
うんうん、日本と言えば思い浮かぶあの莫大な資産の細部情報を見るとすべて団塊バブル世代で青年層は本当に何もない
老人たちはく○ばれというツイートにいいねが数万つく理由がある
もともとマスコミとネット上の世論は大袈裟に騒ぐの知らないの?wwwww
ぶっちゃけあいつらのほとんどがひきこもりの専門家たちなのにページ数が多いからと言ってそれが定説にできるのか?
5ちゃんねる、ツイッターの反応をそのまま受け入れると韓国は年に53回ずつ経済崩壊するぞwwwww
韓国もマスコミ、ツイッターを見るとIMFの時期より大変な時期じゃない?

 

 

ルクセンブルクは何で・・・
マネーロンダリングするところじゃないの?


 

 

そもそも心配したことないんだが
日本の心配 ×
日本滅亡祈願 ○

ところで滅びていくのは我々だったwwwww

 

韓国人「速報:我が国の年間貿易赤字、あり得ない数値を叩きだしてしまう…」→「災害レベル」「あまりにも深刻」

韓国の出生率0.5人まで下がるだろう…これから5年、最後のゴールデンタイム=韓国の反応

 

 

日本滅びろ滅びろ念仏を唱える人を見るとちょっと狂信徒のようだ・・・
自分は日本なんだけど、ここでも韓国崩壊韓国崩壊とほとんど10年間同じ内容の嫌韓書籍が書店で並んでいるけどそれもため息が出るwwwww
どちらも本当にwwwww
あえて問い詰めれば後者の方が病身だと思う
後者はここでも認める現在進行形wwwww
実際お互い必ず必要な存在になってしまうwwwww
韓国はすでに滅びた国で合っている。出産率見えないのか?
2050年に高齢化比率45%で世界1位になるはずなんだけど
結局ムン・ジェインとムン・ジェインを選んだ韓国人叩く嫌韓書籍の言葉通りになるだろうね

 

 

 

今経済が総体的難局ではある
借金が多すぎて何もできない状況


当然国は揺るぎないだろう
我々のように下の国民が苦しむことで

 

韓国人「韓国の家計負債がどれだけ深刻なのか日本バブル時・米国サブプライム時と比べてみた結果・・・」→「終わったwww」「ドルで保有必須だ。マジで。」Image:fmkorea 韓国のGDP比家計負債が昨年100%を超えた これがどれだけ深刻な数値なのかというと...

 

他国を心配している時か
日本と韓国どちらか一つ滅びそうな国を挙げろと言うのなら

俺は中国

日本:庶民だけ大変
韓国:誰が見ても滅びる
自殺率1位、出生率最下位、経済爆滅、借金だらけの韓国人たちが日本を見て国運が尽きた、滅びることだけ残っているというの見るとウケる

 

韓国人「自殺率OECD1位は韓国…日本は?」

 

あの資産ドル80円時代にかったものだから円建て評価額にすると資産2倍に跳ね上がり始めるwwwww
日本人は大変でも日本は滅びない
もうどの国でも庶民はみんな大変だろう
米国、欧州のインフレは言うまでもないし
日本が滅びるとはまったく思わないwwwww

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事