韓国の反応

韓国人「日本とオランダ、米国の対中半導体規制に参加へ」→「次は韓国だね・・・」「最大被害国は韓国じゃないか?」

 

 

韓国人「日本ラピダスと米国IBMが提携・・・次世代半導体の共同開発で」→「」 Japan's new chip maker, Rapidus, will partner with IBM to furthe...
韓国人「韓国の輸出16.7%急減・・・主力商品の半導体は約30%減少する事態に」→「はは・・・」「国がめちゃくちゃに滅びるね」 輸出16.7%急減・・・累積貿易赤字400億ドル 統計作成後66年ぶり最大値 労働界連帯ゼネストまで予告 物流マヒの懸...
References:Twitterdcinsidedcinside

おすすめ記事

韓国の反応

次は韓国だね・・・
我々も半導体製造装備ちょっと作ろうよ(笑)
オランダはどうしたの?
斜に構えてたのに
半導体終わったね
当然米国も握っているものがあるからこういう規制が可能なんだろう

 

米国、日本、オランダ“半導体装備同盟”・・・中国の息の根を止める

“反中戦線”に相次いで合流

14ナノメートル以上級の製品を作ることができないように先端半導体装備の輸出禁止
技術力の低い中国の急所を突く

中国「貿易規則違反」・・・WTO提訴
力量強化に5年間で1兆元投資

日本とオランダが米国の中国に対する半導体制裁に参加することにしたとブルームバーグ通信が12日(現地時間)報道した。中国の先端半導体製造装備導入を全方位から遮断することになるという分析だ。

日本とオランダ両国は14ナノメートル(nm・1nm=10億分の1m)以上級の先端半導体製品を製造できる装備輸出を禁止する方案を準備中であり数週以内に関連内容を発表するという。

 

 

ゲームオーバー

オランダ、米国、日本が制裁に加わればどうしようもない、代替材がもうない
中国人たちはムダ金飛ばすだろうね

これ、あの3国が半導体装備の主軸なのに14ナノ未満は完全に終わったね

 

 

中国人たちは1000ナノ486から作らなくちゃ
サムスンもアルファCPU買収の試みもしてやっとここまで来たんだけど
wwwww

 

韓国人「大悲報:サムスン電子、遂に”半導体世界首位”から陥落…台湾TSMCに逆転許す」→韓国人「 」

 


 

 

韓国はじっとしている方が良い
韓国の主力であるメモリーの輸出量の40%が中国、30%が香港、合わせて70%が中国に行くからどうしようもない
中国が世界の工場だから世界メモリーの最大市場、中国以外では買うところがあまりないので
後でインドや東南アジアの市場が大きくなると分からないけど
韓国の状況は米国や欧州とは違うし、日本は半導体装備や素材で半導体は滅びた状態だから中国に輸出するものがほとんどないから米国について行ってるんだろう
韓国とは状況が違う

 

韓国人「韓国の国別半導体輸出比重をご覧ください・・・」→「どうしようもないね・・・」「本当に外交難易度ヤバすぎる」 2021年基準(ドル) ソース 関税庁輸出入貿易統計 http...

 

うん、ずっと中国の夢見てろ
バカが(笑)
お前の国日本は半導体が滅びて中国に輸出する半導体がほとんどないし
自国で消費する半導体もすべて輸入する国だから米国について行って
半導体装備輸出しなくても被害がほとんどないからするんだろう
日本はこういう時に良い点が一つあるね
半導体が滅びたおかげで
うん、もうお前の国の半導体が滅びるんだ
バカはいいねwwww

 

 

日本と手を握ったTSMC、日本に半導体工場の追加建設を検討=韓国の反応

日本の8社合弁半導体企業「ラピダス」、欧州最大の半導体研究所と提携=韓国の反応

 

 

ASML露光装備独占だから中国の打撃とてつもないと思うんだけど(ブルブル)
大国の顔色をうかがいながら生きようとすれば苦労が多い
尿素水だけ見ても震えてストレスを受ける
チップ4同盟米国、韓国、日本、台湾に続きいよいよオランダまで参加した
この際半導体ファイブアイズを作って中国の輸出統制をより一層強く固く締め付けなければならない
米国、韓国、日本、台湾、オランダと共に半導体ファイブ合図で中国を潰してしまい自由陣営の優れた先端産業国家として達成しよう!

 

韓国人「半導体の設計は米国、素材・部品・装備は日本・・・これって韓国は半導体同盟“チップ4”に加入しなければ滅びるんじゃないか?」→「」 半導体の設計(ファブレス) - 米国 半導体の素材・部品・装備 - 日本 からもらってきてるんだけど・・・ こ...

 

最大被害国は韓国じゃないか?
韓国は6世代戦闘機でも・・・半導体同盟でも日本に後れをとるよ・・・
中国の半導体生産終わったね

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事