韓国の反応

韓国人「科学分野のノーベル賞受賞者、台湾3人 韓国0人・・・」→「」

 

台湾は科学分野のノーベル賞もすでに3人もらってるね

 

 

李遠哲
楊振寧
李政道

 

台湾ものすごいよ

韓国は科学分野のノーベル賞が0人なのに

 

 

28 台湾
29 韓国

 

 

一人当たりGDPも結局また追い越されて・・・

台湾がそれなりに底力のある国だ

 

 

韓国人「ノーベル賞があえて必要か?」 それがなくても豊かに暮らすのが重要なことじゃないか? 実際韓国は稼いで食べていくのも大変なのに 就職も難しいし、青年...
韓国人「最近のノーベル物理学賞ってすごくつまらないもので賞を与えていると思うんだが 特に日本人が受賞したLEDの発明とか」 2014年なのか日本人がLEDを作った功労でノーベル賞を受賞した 1950年代と比較するとすごくつまらないもので賞をもらっ...
References:mlbparkmlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

え、台湾が韓国より1人当たり所得が高いのか?
台湾が韓国より低かったのがむしろ歴史的に何年も経ってないんですが

 

 

楊振寧と李政道は中華民国の国共内戦前の中国出身米国移民者であって台湾ではない
国際ウィキペディア百科事典で中華民国ノーベル受賞者として出てくる
ノーベル賞を受賞した時中華民国国籍だった
米国に帰化したんです
スレ主
スレ主
ノーベル賞受賞時の国籍は中華民国です
中国本土で生まれたから台湾人ではないという論理は面白いね
そもそもあの当時生まれた台湾人の人たちのほとんどが中国大陸から渡ってきた人たちでしょう
彼らを台湾人ではないと言うんですか?
じゃあ台湾の80%以上は台湾人ではなく中国人という話と同じような戯言でしょう

 

 

あなたに言ってるんじゃなくて台湾の国民所得と比較する行為は歪曲ニュースだということです
もちろんここのような民族政論保守メディアでは全部正しいというだろうが
これはユン・ソクヨルの奥さんがジュリーというくらい曖昧な事実関係技術だと思う
国際ウィキペディア百科事典は私でもすぐに入って修正できるオープン百科です
80代、70代の皆さんはまだネットに慣れてないんですか?
ウィキペディアを国際百科事典だというのはイ・ジェミョン支持者くらいだと思う。
スレ主
スレ主
この人何言ってんの・・・
台湾の国民所得との比較が歪曲だなんて・・・
台湾が韓国の1人当たりGDPを追い越したという記事はすでに韓国だけではなく全世界のメディアでも記事が出ているよ

 

【韓国の反応】蔡英文「1人当たりGDP、韓国を追い越す見通し … 台湾人が努力した結果」

 


 

 

スレ主
スレ主
韓国くらいのGDP、経済力を持っている国で科学ノーベル賞がないのは本当にコメディのような局面でしょ
1人当たりGDP、GDPでたいたい代入すれば少なくとも今頃いくらダメでも最低6~7個はもらうのが正常だ
経済力はかなり高いのに科学ノーベル賞がない国家というのは一言で
人類の科学技術文明の恩恵だけ受けて人類の科学文明発展に貢献したのは一つもないということだ

 

韓国人「我が国の発展に最も大きな貢献をした人は誰でしょうか」

韓国人「今の韓国を作ったのは日本…日本が韓国に伝授した産業技術を見てみよう」

 

 

基礎科学に投資してからそんなに経ってないです
最上位の人材たちがみんな医大に行くんだけど
世界最貧国から70年で世界10大経済大国になった方が奇跡である
ノーベル賞がご飯食べさせてくれるのか、無駄なことに執着するな
理科の人材たちはお金を稼ごうという欲で工業大学には行かず医大にだけ行く・・・
韓国が近代化されたのが70年代だからまだ累積が足りないのは当然

 

韓国人「日本が韓国の近代化に一役買ったことは明らかだ」

 

援助を受けた国(被援助国)から与える国(援助国)になった唯一の国だ
寄与度は大きい
先進国はこのような賞なんかに執着しない
韓国は祭りの飯にだけ関心が多いから基礎科学も不十分で当然賞も獲れない
日本は16世紀から西洋と交易しながら知識を受け入れ近代国家も100年は先に始めた国だ・・・
スタートライン自体がまったく違う・・・
韓国は事実上これからが始まりだと思ってる

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事