韓国の反応

韓国人「文大統領、この前の慰安婦判決に困惑していたwwwwwwwwww」

 

wwwwwwwwww

 

 

韓国人「ムン・ジェインの現在の内心が分かる大統領府のコメントをご覧ください」 http://naver.me/GLKGz0lR ムン・ジェインの内心を知ることができるコメントだ...
文大統領「問題が生じても韓日関係が足を引っ張られてはならない」→韓国人「自分が問題を作っておいてwwwww」 ムン・ジェイン大統領が難航に陥った韓日関係に対して「時に問題が生じても、その問題によって未来志向的に発展しなければならない両国関...

 

 

【!?】文在寅大統領「2015年の合意が両国間の公式的な合意だった、現金化も望ましくない」=韓国の反応

【悲報】韓国人「現金化!断交!日本は三権分立を理解出来ない!」→梯子を外される… 文大統領「正直、慰安婦判決に困惑してる。現金化はよくない。日本と協議して解決策を見出す」

(速報)文大統領「慰安婦賠償判決は正直困惑…日本企業資産現金化は両国関係において望ましくない」=韓国の反応

 

 

References:Twittermlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

wwwww
wwwwwwwwww
???
マジで消えてほしいんだけど。

 

なんなんだ、マジで。
キチガイすぎるwwwww


NOJAPAN、反日、竹槍狂風で商売がダメになって自殺した国民たちに謝罪し損害賠償もしろ。

文大統領、日本政府への慰安婦賠償判決に「困惑したのは事実」

ムン・ジェイン大統領が日本軍「慰安婦」被害者に対する日本政府の賠償責任を認めた最近の判決に関連して「困惑したのは事実だ」と述べた。

ムン大統領は18日、大統領府で開かれた新年記者会見で「日本政府の資産が差し押さえられて売却されるべきだと思うか」という日本のメディアの記者の質問にこのように答えた。

ムン大統領は「過去は過去であり韓日間で未来志向的に発展していくべきことはそれとして進めていくべき」とし「すべての問題を互いに連携させて他の分野の協力も止める態度は決して賢明ではない」と述べた。

それとともに「2015年の両国政府間の“慰安婦”問題に関する合意は正式な合意だった」と認めた。これは2018年にムン大統領が“慰安婦”被害者お婆さんを大統領府に招待して昼食を共にし話した発言とは少し異なる。

当時ムン大統領は「過去の合意は真実と正義の原則に背き、内容と手続きすべて間違っていた」と被害者の意に反する合意をしたことについて大統領として謝罪した。

しかし、ムン大統領はこの日「2015年の合意が両国間の公式の合意であった土台の上で“慰安婦”被害者お婆さんも同意することができる解決策を見いだせるよう韓間の協議をしていく」と述べた。

被害補償と関連しても「強制執行で現金化されるなどの方式で判決が実行されるのは韓日両国間の関係において望ましくない」という考えを明らかにした。

 

韓国人「韓国人の旭日旗嫌悪は反日扇動によって作られたものである証拠」

韓国人「文在寅の反日扇動で、我々が得た実益は無いですよね?」

 


じゃあ今までもらったお金は何なんだ。
一つの記者会見で

慰安婦問題

養子縁組問題

不動産問題

一体いくつ問題発言が出てくるのか。

本当に災害だ。
wwwwwwwwww
セウォル号も過去の歴史による韓日の問題も
過去の発言と行動をそのまますべてひっくり返してしまってるけど
これは票のために何も考えずゴリ押ししてしまった結果だと思う。
本当に責任感を持って真剣に考えていたとすればこんなことにはならなかったでしょう。

本当に恥ずかしくもないのか・・・。

これはとんでもない詐欺だよ・・・。


土着倭寇は大統領府にいたねwwwww
今日はコメント一つ一つがどうしようもないけど
それでも養子縁組が一番強力だね。

最近韓国で養子縁組後に養親の虐待によって生後16か月の子供が亡くなる事件がありました。

文大統領は今回の記者会見でこの児童虐待殺人事件の対策について発言したのですが

その対策が養子の人権無視、モノのように扱うような内容(養父母の気持ちが変わったらキャンセル、養子と合わなければ子供を変えるなど)だと韓国で批判されています。

 

もう自分が話した言葉も覚えることができないようだ。
フォフォフォ。
パク・クネがより優れている理由(ブルブル)
2年前のムン・ジェインが聞いたら激怒しそうだ。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事