韓国経済

韓国人「中国、日本、韓国のGDPを米国の州と比較した結果・・・」

Image:fmkorea

 

 

赤色の領域の2019年度GDP:14,328,638百万ドル

2019年の中国のGDP:14,342,903百万ドル

このくらいで釣り合う

 

日本

 

Image:fmkorea

 

 

黄緑の領域の2019年度GDP:5,099,702百万ドル

2019年の日本のGDP:5,081,770百万ドル

 

 

 

 

参考に韓国のGDPは

 

Image:fmkorea

 

 

ニューヨーク州=韓国のGDPと似ている

 

 

韓国人「最新の世界都市経済規模ランキング(2021)をご覧ください・・・」→「東京ヤバイ」「日本はとてつもないね・・・」Image:cafe daum ソウルも世界4位にもなるんだけど・・・ 東京のGDP = 韓国全体GDP(汗) ...
韓国人「基軸通貨(日本円)が他の通貨に変わる可能性ってあるの?日本のGDPは捏造で数年以内に韓国に追いつかれるという話もあるけど・・・(経済のことはよく分からない)」 日本のGDPは捏造という話もあるし韓国に数年以内にGDPが追いつかれるという話もあります ふと思ったんですが、日本経済が下...

 

 

韓国人『韓国は2027年に1人あたりのGDPで日本を追い越す!』 韓国の反応。

【海外の反応】これがGDPランキングだ⇒韓国人とイタリア人のバトルが勃発!

【韓国経済崩壊】IMF「韓国のGDP比国家債務の増加速度は35の先進国中1位」→「韓国はベネズエラの様に成ってしまうのですか?」 韓国の反応

 

 

References:fmkorea

おすすめ記事

韓国の反応

米国 21.4兆ドル
中国 14.3兆ドル
日本 5.08兆ドル
韓国 1.65兆ドル

面積だけ見ればちょっとこんがらかるのが
東部州たちは面積は小さいけど総生産規模は高い。
中部州は面積は広いけど所得規模は小さい。

中国、米国の格差はそれであの地図より大きい。
日本、韓国の格差もあの地図よりは小さい。
中部の州から塗っていれば違って見えるはず。

大韓民国の2019年国内総生産は世界12位。
米国1位、中国2位、日本3位、ドイツ4位(3.86兆)、インド5位(2.87兆)・・・ロシア11位(1.70兆)

ロシアの領土の90%以上と韓国が釣り合って地図を塗りつぶせることができる。

韓国がまだカリフォルニアほどじゃないから(泣)

 

 

なぜ中国、日本は西武からチェックして
韓国は東部からチェックするんだろう。
便宜上?ニューヨーク州がそれだけ良く稼ぐところでもあるし特に問題はないと思う。
あの地図だけ見れば大きさだけで比較しているのに韓国はものすごく小さく出てくるじゃん。
便宜上というよりただの自国嫌悪のようだ。
俺が敏感すぎるのか?
いや、まあ、十分できる話だとは思うけど。
ちょっと意図が見えるけど(笑)
めちゃくちゃ敏感だねwwwww
あなたの話が正しいと思うwwwww


 

 

韓国はカリフォルニアもすべて塗りつぶせないぞ。

韓国人「日本が戦争に勝利してカリフォルニアを支配しなければならなかった」

米カリフォルニア州、11月22日「キムチの日」制定…「宗主国は韓国」言及=韓国の反応

カリフォルニアを塗りつぶせる国自体がwwwww
カリフォルニアを超える国が何カ国あると思ってwwwww

 

 

みすぼらしいね。
西部カリフォルニアが一つの国ならばフランスより高い経済力だ。
ニューヨークより大きい州である。

 

 

中国、日本は左からなのに
どうして韓国は右から比較するんだ?wwwww
それが自国嫌悪の奴らのやり方だから。
捏造が日常であるそいつら。

韓国紙「 “韓国にG7の日本の座を奪われる?” 日本経済通の警告に列島も “そわそわ”」韓国の反応

韓国人「日本が滅びるという人間は、日本経済の規模を理解していない…」=韓国の反応


 

 

25台湾=9韓国=3日本=1中国

だいたいこの程度である。

そもそも東京広域圏の経済規模が韓国全体ほどである。

 

 

米国は州ごとに格差が大きくて塗り方次第だwwwww
あそこの日本が塗ったところからリフォルニア、アリゾナの2つだけ抜いてもほとんど韓国くらいになると思うよ。
リフォルニアはフランスよりさらに大きい。
知ってる・・・。

 

 

実際ニューヨークと張り合えるのもすごいことだwwwww
人口5000万 vs 1億2000万 vs 14億2000万

階級差がこんなに大きいのにこのくらいまで来たことは十分自負心を持つ価値あるよ。


急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事