韓国の反応

韓国人「日本、英国、イタリアが共同開発する次期戦闘機GCAPをご覧ください」

 

 

 

 

Global Combat Air Programは英国が主導したテンペストと日本のF-X開発計画が合わさったもので主導国や主導企業がない平等なパートナーシップ

BAEシステムが英国、レオナルドグループがイタリア、三菱グループが日本を代表して共同開発に参加

英国の場合、有人戦闘機および空中領域のその他の機能を含む将来の要求事項をFCASの下で引き続き開発して、GCAPの下で開発される有人戦闘機は引き続きテンペストという名前を持つこと

日本はFXが今もF-3になるかについて言及していない

GCAPの開発完了タイムラインは2035年の稼動を目標とするTempest及びF-Xにより合わせられる

2024年の開発段階を控えて費用と国家予算を合同で評価し費用分担を合意する予定

BAEが単独で開発するテンペストデモンストレーション機は今も2027年までに飛行計画

プロジェクトを統合する際、3人のパートナーはすでに並べられた要求事項を上手く整理した

英国側関係者いわく「求める機能を得ることができないと思ったら始めなかっただろう。」

英国はその他の武装及び「Loyal Wingman」のような追加機能に対する要求事項の場合には独立的に開発する予定

日本も随伴無人戦闘機を米国と共同開発することで合意した

GCAPは新しい国際パートナーに開かれており、すでにテンペストに参加することでMOUを結んだスウェーデンの参加が期待されているが

彼らがGCAPに参加するかは今も不明であり今回の発表でも言及されていない

英国政府は日本が参加してGCAPがスタートしたことで欧州が二つの次世代戦闘機プロジェクトを継続できないという主張を破ったことに非常に満足している

 

 

韓国人「もう韓国が日本を戦闘機国産化で超えたのか?KF21なら凌駕したよな???」→「」 F3はまだ設計中だそうだけど KF21なら凌駕したんだよな?(ブルブル) 韓国製戦闘機「KF...
韓国人「日本の国産戦闘機F-2と韓国の国産戦闘機KF-21で1対1で戦ったらどっちが勝つんだ?」 大きな意味がないのは分かっているんだけど こういうの気になる(笑) 戦闘機1対1ランキングのようなものあるのか? ...
References:Twitterdcinsidedcinside

おすすめ記事

韓国の反応

事実上F-3なんだけど
1機当たり1兆ウォンの戦闘機になりそうだね
何か新しく変わったのがほとんどないみたい?

 

 

テールウイングは何だ
真の6世代はノーテールウイングじゃないのか?
そんなことない
ラダーベーターである

 

 

個人的には既存のF-3案がヤバイんだけど
押井守のアニメに出てきそうwwwww

 

 

上手くいきそうだ
既存のテンペストからあまり変わってないみたいだけど?
参考に既存のF-3の方が良いと思う
セクシーでかっこいいのが出てきそうだ
正直英国、日本の技術力なら出てこない理由がないだろう

 

「なんで独自で作らないの?」日英伊、次期戦闘機の共同開発を正式合意。

韓国人「日本、英国・イタリアと次世代戦闘機開発2035年配備」

 


どこかで見たような気がするんだけど
良さそうだ

 

 

 

エンジンはどこの使うのか
ロールスロイスが主導して下請けで日本、イタリアが参加するみたい?
XF9-1エンジンを作ったのが日本おIHIなのになんで下請けだと断定しているのかwwwww

 

だからお互い諦めないと思うんだけど

 

韓国人「日本の90式戦車って三菱1500馬力ディーゼルエンジンなんですね。三菱も作り方は知ってたんだ…」

韓国人「日本が世界で5番目に極超音速エンジン搭載ロケットの発射に成功…」→「技術レベルが違う…(ブルブル」

 

 

FCASと特徴が似てきたね

 

 

何だ、イタリアもなの?
FCASでイタリアが招待拒否されて腹を立ててテンペストに参加する
スウェーデンのSAABの場合、テンペストのエンジンを受けて単発新型戦闘機の開発を考えている

 

招待拒否ではなくドイツ、フランスが主導権争いが激しくて分担率の高いテンペストに行ったのである、最初から

 

 

ツバメみたい
報道を見ると米国と違って改修についても自律性が保障されているというけど上手くいくといいね
これで米国の高性能戦闘機の独占が終わってくれたらと思う

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事