ファッション

韓国人「意外にも韓国が日本より劣る分野をご覧ください」

 

韓国はファッションブランドで世界的なのがないね

 

 

韓国女「もう日本を気にすることなく購入することができる高級ブランドをご覧ください」→「日本のブランドだったのを初めて知ったよ(ブルブル)」Image:theqoo ジル・サンダー 日本の親会社側がOTBグループに売却する 今後日本資本にお金が渡...
韓国人「ファッションで韓国が日本を越えたってマジなのか?」 最多コメントのスレで韓日文化比較があって・・・ どのような面で越えたのかが気になる ファッションで日本を越えたのか?...

 

 

韓国人「反日国家韓国で、日本人デザイナーとナイキがコラボした靴を発売した結果」

韓国人「日本からインスピレーションを受けたフランスのファッションブランドをご覧ください」

韓国人「2021年、日本の最新ストリートファッションを見てみよう」

 

 

References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

それ以外にも・・・多いです。
最近たくさん追いついたけども。
ようやく貧困を免れた国です。
ファッションブランドが出るのはまだないでしょう。
+スポーツブランド。

韓国人「アシックスは日本のもの?!」日本企業のABCマートとアシックスは不買運動がなかった…

【反日】韓国人「我々は倭寇に必ず勝たなければ成らない!」ソウル市主催競走大会協賛会社から日本の「ミズノ」を除外する事に決定! 韓国の反応

 

FILA

FILA(wikipedia

韓国のスポーツ用品メーカー。発祥はイタリア。

設立は1911年。イタリアのビエッラにおいて、フィラ兄弟によって創業された。初期はイタリアのアルプス地方の人たち向けの衣料を製造していたが、1970年代にスポーツウェアの分野に進出した。初期においてはビョルン・ボルグへのスポンサード活動で知られる。

自動車メーカーのフィアットの傘下に入っていた為、同社やその系列メーカーのモータースポーツのユニフォームを手がけていた。

2003年に、アメリカの投資ファンドであるサーベラス・キャピタル・マネジメントに所有権が売却された。ビジネスの拠点をニューヨークに移し、持ち株会社のスポートブランドインターナショナル(SBI)傘下となった。その際に商標権はすべて元々韓国向けの販売子会社として設立された「フィラコリア」に逆買収され、本部を韓国ソウルに移転する事になる。

 

FILA、Titleist。

タイトリスト(wikipedia

タイトリスト(Titleist)は韓国フィラ傘下であり、マサチューセッツ州フェアヘーヴンに本社を置くアクシネットのゴルフ用品ブランド。

タイトリストは1932年にフィリップ・E・ヤングにより設立された[4]。

1949年、全米オープントーナメントでもっとも使われるゴルフボールとなる。

1976年、アメリカン・ブランズ(後のフォーチュン・ブランズ)に買収される。

2011年5月20日、米国の複合企業フォーチュン・ブランズは、傘下のゴルフ用品を手掛けるアクシネット社を韓国のフィラコリアとMirae Asset Financial Groupの企業連合に約12億ドルで売却すると発表した。


 

 

意外だね。
日本に行ってみると野暮ったい服ばかり着て歩いていたけど・・・。
日本に世界的なファッションブランドがいくつあるのか、世界的なファッションデザイナーが何人いるのか分からないからこういうコメントを書くんでしょうね・・・
それだけでなくファッション側のトレンドも日本から韓国に入ってくる場合が多いです。

 

 

日本に行ってみると個性的に着る人が多い。
韓国はみんな同じように着てユニークに着れない。
もともとファッションの有名なところがニューヨーク、ロンドン、パリ、東京。
ミラノ。
韓国人「韓国で最近流行っているファッションをご覧くださいwwwww」 ブランドごとにフリースすべて作っている模様 https://www.oto...
韓国女「韓国人の1年のファッションをまとめてみた結果・・・」Image:daum cafe 1月 ロングダウンコート 2月 ロングダウンコート 3月 ロングダウンコート 4月 今だ! 5...

 

 

意外???
MCMが韓国のものだ。

MCM
ドイツで設立された高級レザーブランド。2005年に韓国のソンジュグループに買収される。

 

ファッションが独創的で個人主義的な指向が基本になるものだから韓国での発展は難しいと思う。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事