韓国の反応

韓国人「今回生産終了となる日本のバイク“CB400SF”について紹介する」→「本当に名車」「サウンドが本当に芸術だった」「マジで美しいね・・・」

 

CB400SF (1992~2022)

 

1992年デビューして数多くのマニアを量産したCB400が今年10月をもって生産終了となります

日本バブル経済の崩壊の始まりと400ccから大型に分類される日本免許体系特性の2つの理由が重なって

実用的な400cc未満のネイキッドバイクの需要が爆発的に増え

ヤマハのXJR、スズキのカタナ400、カワサキのゼファーなどと競争しながら4気筒400ccクラスの市場の王座を獲得しました

90年代半ばから2000年代までバイクに乗られた方なら知らないはずがないモデルでしょう

写真は92年式から14年式まで順にアップしようと思ったんですが

ちゃんとアップできてるかは分かりません

 

Image:cafe daum

Image:cafe daum

Image:cafe daum

Image:cafe daum

Image:cafe daum

 


 

Image:cafe daum

Image:cafe daum

Image:cafe daum

Image:cafe daum

Image:cafe daum

 

 

韓国人「日本のホンダのバイクが世界最高ってマジなのか?友達が絶対ホンダを買えと言うんだが・・・」→「」Image:mlbpark ホンダのバイクが世界最高なのか? 友達が言ってるんだが もしバイクに入門すれば...
韓国人「現代・起亜はなんでバイクを作らないんだ?配達バイクの90%が日本製だったんだが・・・」→「金にならないから」「技術がないからです」 街の配達バイクの90%が日本製のホンダ・ヤマハだったんだが https://www.otonari...
References:cafe daum

おすすめ記事

韓国の反応

自分はCB400まで乗ってやめました(笑)
本当に名車である
これに乗りたくて仕方がなかった時代があったんだけど・・・
結局バイクは学ばなかったですがwwwww
v-tec面白かった
知り合いの弟が乗ってたんだけど、その時は思わなかったけど今は美しく見えるね
キャー、美しいね
ちょっと違うけど自分はcb400ssが欲しかった
キックスタートの感性
最近すべてのブランドが全体的に全機種輸入物量も少なくて残念だね
個人的にxsr125 xsr155のような低排気量入門用マニュアルも国内に入ってきてほしいんだけど(泣)
エンジン音がヤバイ

 

 

排気音一つは本当にヤバイです・・・
きれいに落ちる4気筒排気音の定石!
ホンダが電気バイクを増やしながら2045年までにすべての内燃機関バイクを生産中止させると発表しました
恐らく過去より名車と言われる内燃機関バイクはもう出てこないと思います

 

日本の無印良品とホンダが共同開発した電気バイクのデザインが可愛い!【タイ人の反応】

海外「歴代最高のバイクだ!」熊本にあるホンダ・スーパーカブの製造工場を見た海外の反応

 


400ネイキッドではスズキ・バンディット400が好きだね
一定rpmでカチッという音と共に変化するエンジン特性がグッドです^^
美しい

 

 

4気筒だからCCに比べて高いだろうね
現地が85万円だからとてつもなく高いです
同じホンダの2気筒cb400Fは55万円だから
もちろんあれは日本産で400Fはタイ産ではあるんだけど
国内で1000万ウォン台なら中古のMT09など900CCも射程圏ですから
わぉ・・・想像以上だね
4気筒は違うね

 

『カサワキが250cc4気筒エンジンを搭載した新型バイク「Ninja ZX-25R」を公開』

 

 

これ買えなかったのが悔しい(泣)
はぁ・・・欲しいね

 

 

排気音が良いです
今でも良い売り物が出てくればいつでも買おうと準備中である
自分も同じ考えです
cb400の排気音は美しい(笑)

 

 

本当に名車
2009年に96年式ver.Rを乗っていました
サウンドが本当に芸術だった
でもその時20歳だったしそれが芸術だと分からない時期だから・・・(泣)
懐かしいですね
マジで美しいね・・・

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事