韓国の反応

韓国人「“歴史を忘れた民族に未来はない”実は日本のバラエティ番組で中国人留学生が言った言葉だった模様wwwww」

 

シン・チェホが言った言葉だ、チャーチルが言った言葉だというけど

調査の結果まったく事実無根で

最も類似した事例が日本のバラエティ番組で中国人留学生が出演者と争って「歴史を忘れた民族に未来はない」と発言したことで

これが流行に乗って大きくなり出てきた言葉と推定される

結局なんでもない中国人留学生が言った言葉を何か金科玉条であるかのように話しまくってたんですよwwwww

 

シン・チェホ(wikipedia

申采浩(しんさいこう、シン・チェホ、신채호、1880年 – 1936年)は、朝鮮の独立運動家、ジャーナリスト、歴史家。朝鮮民族主義歴史学を提唱し、抗日暴力革命思想を啓蒙した。号は丹斎。忠清南道生まれ。

名言について

サッカー日韓戦の横断幕に使われて問題になった「歴史を忘れた民族に未来はない」が申の言葉とされているが、申の著作物に同様の記述は存在しない。

 

 

韓国人「日本が韓国より豊かに暮らしたのは5000年の歴史の中でたった150年だけだと教師から教わったんだが・・・事実なのか?」 私が子供の頃は日本に対する劣等感がありました ウォークマン、象炊の炊飯器、日本の歌謡、漫画、ファッション雑誌など あ...
韓国人「日本との過去の歴史に対する東アジア諸国の立場がこれ」 中国:私たちは第二次世界大戦の戦勝国だから賠償や謝罪は望まない 台湾:仇は恩で報いる 韓国:持続的な謝罪と賠償をしろ...

 

 

【悲報】韓国さん、歴史歪曲と捏造がバレてしまう→韓国人「日本に何も言えないじゃん…」=韓国の反応

韓国人「韓国の国立博物館が歴史の捏造をしまくっていた事が判明‥」国立日帝強制動員歴史館では日本人の写真を「奴隷労働の朝鮮人」と偽りの写真を展示 韓国の反応

韓国人「ノーベル賞も操作や捏造が可能でしょうか?日本には合理的な疑いがある!」

 

 

References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

本当ですか?
スレ主
スレ主
確かなのは有名人の中であの言葉をしている人はいません。
そして、日本のバラエティ番組であの話が出たのも事実。

 

 

脳内妄想はできるだけ日記に書くように。
スレ主
スレ主
それで誰が言った言葉なんですかwwwww

 

 

檀君じいさんが開天節にした言葉でしょう。

檀君(wikipedia

檀君(だんくん、朝鮮語: 단군)は、13世紀末に書かれた『三国遺事』に初めて登場する、一般に紀元前2333年に即位したとされる伝説上の古朝鮮の王。

 

証拠がなければただの脳内妄想でしょう。
バラエティ番組の映像でも持ってきてください。


ぶっちゃけると歴史というのは権力を得ようと互いに殺し合ったのが全てだと思う。
中国の留学生が言った言葉もあのように翻訳されていないことを見ると韓国で作られた言葉である。
無限挑戦(韓国のバラエティ番組)にも出てきました。
そういうの知って詐欺に遭ったような気がした。
ナムウィキ(韓国のウィキサイト)に詳しく書かれていますね。
そのバラエティ番組の映像もある。

歴史を忘れた民族に未来はない(ナムウィキ

この発言は1999年に北野武が進行していた日本のTBSテレビの「ここがヘンだよ日本人」というバラエティ番組から出たという意見がある。
状況を説明すると当日の放送のテーマは日本の植民地支配に関する内容で出演者ではアフリカ出身の黒人留学生と韓国人留学生、中国人留学生が出演した。
議論が盛り上がる頃、アフリカの留学生が「私たちは700年も植民地支配を受けたのに謝罪してもらえなかった。それに比べて日本の植民地支配は大したことないんじゃないか?」という発言をすると中国人留学生が「歴史を忘れた民族に未来はない!」と言って反論を始めた。


シン・チェホが言った言葉ではないですね。
Googleで「歴史を忘れた民族に未来はない シン・チェホ」で検索しても
ほとんどすべての文章でシン・チェホ先生があんなことを言ったことはなくソースもない。
朝鮮上古史というところから出てきた言葉だとみんな思っているけど、その本にはそのような文面はないと。
シン・チェホが言ったことではないと知っていたけど日本のバラエティだからwwwwww
中国の留学生が使った言葉だから・・・
中国側では知られた文章だったようですね。匂いが・・・(笑)
根本もないフレーズだけど、何かかっこよく見えるから
いつからかところかまわず借用して引用し始めました。
あの言葉をよく言及している人間で韓国史能力検定の結果が良い人間を見たことがない。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事