韓国の反応

韓国人「駐NZ韓国大使夫人、セクハラ被害者にとんでもないものを送ってしまうwwwww」→「ニュージーランドに断交されても何も言えないよ」

[単独]駐ニュージーランド韓国大使夫人、セクハラ被害者にカカオトークのぬいぐるみをプレゼント

駐ニュージーランド韓国大使が部下に当たる韓国人外交官のセクハラ被害者(ニュージーランド人W氏)に事件発生から2年が過ぎた2019年末、いたわりのいたわりの手紙とぬいぐるみのプレゼントをしていたことが3日分かった。

現在国内勤務中であるこの大使は、2017年末事件の申告を受けた当時、加害者と被害者を速やかに引き離さず同じ建物内で勤務させるなど、ずさんな管理の責任があることが大統領府の調査の結果明らかになった。

セクハラ事件当時週、ニュージーランド大使の妻が2019年11月Wさんの家族に書いた手紙を見ると、代謝の妻は「(加害者である)K参事官とのことで困難を経験している(と聞いた)」と「どうしてそんなが起こっ…早く良くジギルを望む」とした。

続いて「大使も異なりどうにもならなくて悩みが多い」とし「順調解決なることを祈ったりする」とした。それとともに「先日、韓国に行ってきて(被害者の子供に)与えるだろうしたい人形一つを買った」とし「いつも元気で幸せになりたい」と述べた。人形はカカオトークのキャラクターであるカカオフレンズ人形だった。

セクハラ事件当時の駐ニュージーランド大使夫人が2019年11月、W氏の家族に書いた手紙を見ると大使夫人は「(加害者である韓国人外交官)K参事官とのことで困っている(と聞いた)」としながら「どうしてこのようなことが起こったのか・・・早く良くなることを願っている」と書かれていた。

続いて「大使もどうしようもなくて悩んでいる」とし「順調に解決されることを祈っている」と述べた。

それと共に「この前、韓国に行ってきて(被害者の子どもに)あげたら喜ぶと思ってぬいぐるみを一つ買ってきた」とし「いつもお元気で幸せになってほしい」と文を結んでいる。

このぬいぐるみはカカオトークのキャラクター「カカオフレンズ」のぬいぐるみだった。

http://naver.me/xCfQvQQu

 

 

韓国人「韓国外交部、ニュージランドに謝罪を拒否してしまう・・・」→「政府はもう日本に謝罪を要求する資格がないねwwwww」 外交部のカン・ギョンファ長官がニュージーランドセクハラ事件の早期解決を約束しながらも現地公館に対する免責特権を放棄できないことを...
韓国人「ムン・ジェインの最高の成績は外交だと思うんだが」→「最悪だぞ」 北朝鮮とそれなりに平和だし 敵である日本には日本不買運動 コロナでK防疫先導イメージ構築 【緊...

 

 

NZ「韓国大使が男性職員にセクハラした!」韓国「韓国では男同士で尻を叩き合う!ただの文化の違いだ!」

【韓国・K-タッチ】セクハラ外交官、被害者のお尻を触りながら「これはセクハラ..」

韓国外交官セクハラ問題、ニュージーランドの被害男性が文大統領に手紙…「公正な再調査を」=韓国の反応

 

 

References:fmkoreamlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

K外交の味をちょっと見ろwwwww
あの人形を送って何の意味があるんだ?
あんなお尻の人形を送るなんて。
お尻の人形がお尻を突き出して感じる感情を表情で表していると解釈することもできるでしょうwwwww
感性がぴったりあちら側の人間の感性なんだけど。
一体誰なのか公開できないのか?
一般人の常識ではまったく理解できない行動だね。


これはちょっと。
ひどいすぎるwwwww
精神鑑定を依頼しなくちゃ。
マジで狂ってるwwwww
セクハラをしておいてぬいぐるみをプレゼントwwwww
マジで恥だね・・・カカオトークのぬいぐるみ?


マジでこんなのは初めての経験だ。ムン・ジェインwwwww
それもお尻の形のぬいぐるみwwwww
マジで爆笑したwwwww
左派たちの感性wwwwwマジで狂ってるwwwww
確かに一度も経験したことのない国ではあるね(汗)

 

 

アピーチなら狙ったのか。


左派式ユーモアマジで鳥肌立つねwwwww

 

 

二次加害を加えるね。狂ってるのか・・・。
挑発すごいねwwwww
挑発wwwww
マジで国の恥さらしだ。

 

 

これ本当なのか?事実なら深刻なんだけど・・・。


深刻なのはこれだけじゃないだろwwwww

 

 

wwwwwwwwww
からかってるだろwwwww
一国の外交を子供のいたずらのようにするね。
ニュージーランドにカカオトークの輸出は難しいね(汗)
これ宣戦布告だよね?
ニュージーランドに断交されても何も言えないよ。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事