韓国の反応

韓国天安市が旧正月挨拶映像で流行っている日本語ミームを使った結果・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

iZiT(@izitmag)がシェアした投稿

 

 

「おいしくなーれ、おいしくなーれ、萌え萌えキュン」

 

タナカミームだそうだ

 

 

韓国のコメディアンキム・ギョンウクさんが演じる日本人ホストTANAKA
コミュニティでも関連スレをよく見かけるようになった人気?のコメディアンです

 

 

 

韓国人「最近日本語を習ってるんだけどめちゃくちゃ面白いんだが(笑)」→「自分もウォーキングする時、日本語会話聞きながらしてる。少しでも学習できるかと思ってw」 先生が後で日本に行く時に旅行ルートを一緒に組んで 休暇を取れる状況だったら一緒に行くことにする(笑) めちゃくちゃ面...
韓国人「韓国で使われるこの言葉“日本語”だった・・・」→「」Image:mlbpark これ日本語だったんだね・・・ はぁ https://www.o...
References:InstagramTwittercafe daumfmkorea

おすすめ記事

韓国の反応

タナカwwwww
タナカであれ何であれ間抜けに見えるんだが

 

 

使って良い時と使ってはいけない時の区分ができないね、クソが
これが正解!

 

 

俺は悪くないと思うんだけど・・・軽すぎるからなのか・・・
あえて・・・
韓服に日本語の組み合わせだと・・・あえて?
旧正月なのにそんなことしなければならなかったのか・・・
中国野郎たちには不快だねwwwww

 

 

「萌え萌えキュン」旧正月挨拶で日本語ミームアップした天安市議論

忠清南道天安市の公式SNSアカウントが旧正月連休に日本語ミーム(インターネット流行コンテンツ)が入った映像をアップしてひんしゅくを買っている。

該当映像には韓服を着たクルミ饅頭のかぶりものをしたキャラクターが映っているが問題はこのキャラクターが「おいしくなーれ」「萌え萌えキュン」など日本語ミームを連発したのだ。該当日本語は字幕でも映像に挿入された。

これはいずれも最近日本の遊興界従事者を戯画化して人気を集めるあるコメディアンの流行語から始まった表現だ。

該当映像に対してオンラインコミュニティなどでは日本語乱発に「遊興界従事者のキャラクターで旧正月挨拶をしようと考えたのか。とても不適切だ」「ユ・グァンスン烈士の生家と独立記念館がある由緒深い天安で“おいしくなーれ”だなんて」など批判が相次いだ。

議論になるとすぐに該当映像は天安市インスタグラムから削除されたが他の掲示物などには映像と関連して謝罪文を要求するコメントが多数上がってきた。

天安市はこれと関連して公式謝罪文を上げる予定だと伝えられた。

 

韓国人「女性独立運動家、柳寛順に関する話は嘘が多い」

【韓国の反応】ユ・グァンスン烈士にひざまずいて非難された日本元首相の所信…韓国の反応「日本にも希望がある。/あんな姿勢なら慰安婦問題も終わった。」

 


“オンラインコミュニティなどでは”
光復節に上げたわけでもないのになんで

 

 

 

「今回の映像を見て不快に思われたすべての方々に心よりお詫びの言葉を申し上げます」

天安市、謝罪文掲載

 

この投稿をInstagramで見る

 

천안시(@cheonancity)がシェアした投稿

えぇ・・・
うーん

 

 

最近何か周りもそうだし、SNSもそうだし、放送もそうだし、日本関連のコンテンツが溢れている感じ?
気のせいだよね?
気のせいではなく昔のようにジャパンマネーをすごくもらって広告を出してるようだ
ちょうどタイミングが日本観光目的のノービザ入国が緩和されて溢れているみたいwwwww

 

韓国人「ソル(旧正月)連休、日本語より韓国語の方が聞こえる日本の状況」

韓国人「日本の中部地方旅行記…白川郷、北アルプスの雪景色」

 


 

ネットミームはちゃんと知らないとそもそも使ってはいけない・・・
うわ、ひどいね・・・
使える場所、時期とか考えないの?
罵りたくないんだけど空気読もうよ・・・
コミュにハマりすぎたのか
日本語を使ったから親日議論が起こったということ?
天安市民だけどあんなのあったことも知らなかったよ
ただタナカの真似をしただけなのにどうでもいいことで騒ぐね
自治体のYouTubeで何もさせないのは政治家たちではなく頭の割れた市民たちだねwwwww
最近のトレンドなのにまだ日本語さえ出れば親日発言しながら抗議がたくさん来るようだ
本当に不便なことが多いね


急上昇


人気記事


おすすめ記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ご利用環境によってコメントの反映に時間がかかる場合がございます

おすすめ記事