韓国の反応

韓国人「自動車、ゲーム、カメラなどなど、日本はマジで作れない分野が一つもないと思うんだが・・・」→「イチゴ」「半導体」「武器」

 

トヨタ、日産、ホンダ、すべて優秀な品質

プレステ、任天堂

おもちゃも日本

ボールペン、時計、カメラすべて良いもの作って

 

 

韓国人「世界カメラ市場のシェアを調べた結果・・・やはりカメラは日本だった」 世界カメラ市場シェアTOP5 カメラはやっぱり日本だね 販売量も売上もシェアも高くて 今でも韓国で日本製の放送...
韓国人「日本のトヨタ、2年連続世界販売1位に(ブルブル)」→「」 トヨタ、2年連続で販売世界一 - 1049万台、独VW上回るhttps://t.co/Rn7INeTAxB — 共同通信公式 ...
References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

スマホ・・・
防衛産業
イチゴ

 

韓国紙「日本品種を追い出して光復を手にした大韓イチゴ万歳!」韓国の反応

 

音響機器は辺境でしょう。Hi-Fi側は。
この分野のトップは大人のビデオ
最近電子製品を見れば作れません。
昔の電子製品王国の日本ではありません。
ノートパソコンも故障が多くて・・・。

 

 

半導体
東芝もあるし3大工程会社であるTELも日本の会社。

 

韓国紙「”素材・部品・装備 独立宣言” から2年、日本への依存さらに酷く」韓国の反応

韓国人「まだまだ日本の素材・部品・装置への依存度が高いですね…なぜ自分たちで作らないのか…」

 


 

 

映画
映画の歴史で日本が占める割合は想像以上に大きいですよ。

 

 

武器です。
自国産の空対空ミサイルを使う国ですよ。
作れないが「can’t」ではなく質が悪いんですよ。
本文でも質の話をしてるし・・・。
質が悪いわけではありません。
決心して作らないだけです。
封印を解除すれば恐ろしくなれる国だ。
質は悪くないですよ。いくつかあれなのがあるけど上手く作るには作る。
空対空ミサイルを作るほどの技術力を持つ国の武器の質が悪いはずがないwwwww


 

みんなご存知ないみたいだけど
日本が武器を決心して作ればとても恐ろしいことになるのが
米国の最先端武器に入る部品がすべて日本製です。

今は法のせいで解けずにいるだけで
小惑星に行ってサンプル採取してくるこのようなものが結局軍事にもそのまま適用されます。
未来は地上で戦いません。宇宙からすぐに撃ってしまいます。
F22ステルスの塗料も日本製です。

 

韓国紙「”東アジアの空を占領する” … 世界最強の “幽霊戦闘機” を開発する日本」韓国の反応

海外「日本が次世代戦闘機をイギリスと共同開発するようだ」 海外の反応

 

 

自衛隊の残念な武器は旧大日本帝国軍から受け継がれてきた伝統で・・・
専守防衛平和憲法のために数の確保ができないからそういうのは分かるけど・・・
そんな風に言えばどの国ももっともらしい理由をつけて擁護できる。
ひとまず小惑星に行ってサンプル採取してまた戻ってくるのを見てください。
これをそのまま軍事化させることができます。
それは韓国の考えで実際には米国の武器の核心的な部分を日本にすごく依存している。
キーエンスのセンサーのようなものがすごくたくさん入っている。


テープをベタベタ貼り付けて運営する小銃が残念ではないんですか?
日本以外で兵士の基本装具をそのように運営する国は???
良い部品がいくつかあるからといって全体のめちゃくちゃをカバーできるわけではなさそうだけど。
ウクライナで見られる先端兵器、戦車を追いかけるジャベリンのようなもの
こういうのが戦車を追いかけて識別できるようにするのが日本製センサーです。

小銃で戦争の様相を変えられる時代なら小銃にも投資するでしょう。
昔人が作っていたものを今は機械がすべて作るように小銃で戦う時代ではないんです。
ウクライナ戦ですでに戦車に対する認識も変わったじゃないですか。

今ウクライナが上手く戦うことができるのも
結局最先端で米国が後ろからサポートしてくれるから可能なんです。
そうでなければ歩兵は抹殺です。

 

対日依存はいまだ高い!韓国人「ソニーを抜いて時価総額2位に躍り出た日本企業を知っているか?」「センサー源泉技術はまだ日本が独占中」海外の反応

 

鮎川 置太郎(著), 後藤 仁(著), 毒島 刀也(著), 宮川 忠将(著), 伊藤 学(著)

 

 

ドイツ留学したうちの教授は日本を無視していたけど・・・
世界最高はドイツ、日本は我流~。
21世紀に入ってドイツよりノーベル賞多いのが日本で
自動車産業もドイツがディーゼルを推してどうなったのかを見ると。

 

 

パソコンです

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事