韓国の反応

韓国人「文大統領さん、韓国と日本は決して遠ざかることのできない仲とか言い出してしまうwwwww」

 

ムン・ジェイン支持者たち面食らうwwwww

 

ムン・ジェイン大統領は「韓国と日本は歴史的、文化的に最も近い隣人」としながら「しばらく不便なことがあっても決して遠ざかることができない仲」と24日話した。

ムン大統領はこの日午後、中国成都で行われた安倍晋三日本首相との首脳会談で「両国間の懸案を解決するには直接会って率直な対話をすること」が最良の方法だと思うと述べた。

ムン大統領は今回の首脳会談について国内外で多くの関心を見せており、期待が何であるかよく分かっているとし、会談で成果を出したいという意欲を表明した。

ムン大統領の発言は日本民営放送局を通じて日本に生中継された。

References:Twitter

おすすめ記事

韓国の反応

その“決して遠ざかることのできない仲”を遠ざかるようにさせたのがあんたなんだが。
いや、夏までは反日を叫んでたのにもう遠ざかることのできない仲?こんな奴に弄ばれる人間は本当に情けない。

先日韓国の世論調査機関リアルメーターが発表したムン大統領の国政支持率は47.6%でした。(不支持は48%)

 

ムン・ジェイン大統領の対日和解への歩みを支持します!
つまらない反日扇動はどうかもうやめてください!

[amazon_link asins=’4800299608′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’aa9504fb-a1df-40e6-89e2-346f66646d52′]

 

こんな風にリップサービスするのならどうして対立させるようなことしたの?
全羅道式善良な親日wwwww
日本に勝てませんwwwww


wwwww

あいつのアホな姿マジで嫌!!!

国民動員して反日扇動しておいてwwwww
竹槍はどこに行ったwwwww経済が苦しくなるからペコペコするの見ろ。
ムン支持者たちは意志がないじゃん。
GSOMIA破棄賛成が80%だったのにこいつが延長すると延長賛成が80%になる。
あいつらは人間なのかと思う。
真の親日派はムン・ジェインだった。


もう日本に負けないと言ってた人じゃなかったか。
親日派ムン・ジェインwwwwwクソウケるwwwww
中国、日本と柔軟に上手く外交しようとする姿は称賛に値する。

[amazon_link asins=’B07JN46V48′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c2fa918d-fcbe-4bd4-9358-382a894699d2′]

 

結局こんな風になるのなら夏になんであんなに大騒ぎしたの?
wwwwwwwwww

今日から日本ビール飲んで日本旅行に行かなくちゃ。
ユニクロや日本車も買って、日本の大人のビデオもアニメも見なくちゃ。
韓国の非常に重要な隣国ですから!


 

 

日本と断交してGSOMIA終了して日本製品不買運動生活化しましょう!
ムンさん安倍と握手を?
親日派だねwwwww
俺はNO全羅道。
日本人よりムカつく。
あなただけ断交しててください。
韓国が生きるためには中国を捨てて親日、親米をさらにしなければならない。

 

 

安倍が跪いたら一度考える。

[amazon_link asins=’4413045394′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’16de2e4e-45bc-4c61-81ce-da96a8a3feba’]

 

 

安倍を信じないで。
嘘ではムン・ジェインが安倍より遥かにベテランだ。
したがって一つも心配する必要はない。
韓国人「ムン・ジェインの嘘をまとめてみた結果・・・」 1.ロシアの謝罪を受けた 2.米国のGSOMIA理解を受けた 3.正義公正平等 4.最低賃金の引き上げは委員会がやった(嘘...


 

 

多重人格ですか?
あるときは竹槍持って亀甲船乗って今にも断交しそうにしながら?
竹槍持って二度と日本に負けないと言ったのに何の平和友情モードなのか?
だからジョンウンにバカにされるんだろ。
5000年の歴史の中で最も無能で狡猾(泣)
中国に対して微細粉塵は?
公約事項なんだが。
この人結局どっちなの?
ムン・ジェインがまた・・・。
安倍が結局勝つんだな・・・。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事