芸能・スポーツ

韓国人「現在韓国で最も急がれるのが日本のJリーグのようにKリーグの人気を高めることである理由をご覧ください」→「」

 

Kリーグ人気が高まって観客がたくさんお金を使ってクラブ全体にちょっと余裕ができてこそ

サッカー協会との関係も改善され欧州進出がもう少し容易になる手順になる

Cリーグ規模まではいかなくてもJリーグくらいの人気と活性化が必要だ

国内サッカーファンがKリーグに関心を持ってスタジアムに訪れてくださるよう願う!

 

 

韓国人「ベンチから試合を見つめるKリーグ最年長選手の様子をご覧ください」 監督よりも楽な姿勢でサッカーを見る選手 イ・ドングク 彼はリーグで年齢が一番高い イ・ドン...
韓国人「Kリーグさん、とんでもないコーナーキックを披露してしまう・・・」 via Gfycat ・・・・・ References:daum cafe、theqoo ...
References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

2002年のCU@Kリーグ(Kリーグで会いましょう)を思い出すねwwwww
ダメなものはダメだ
ワールドカップ直後、野球暗黒期・・・その時は人気ありましたか?
Kリーグが先に観客が訪れるようにしてから観に来いと言わなければならない
2002年もKリーグ輝いたけどそれが1年も続かなかった
最近野球の観客動員の力も落ちる韓国なんだけど
まずはチームから減らさなければならない
KBOも8から10に増えて試合レベルが落ちたと大騒ぎなのに
Kリーグは2002年以降一体いくつ増やしたのか
試合数が増えれば試合レベルが落ちるのは必然である
なんかの慈善事業に参加してほしいという呼びかけじゃあるまいし・・・
ひとまず面白ければ訪ねて行きますよ
まず面白い試合をするのが先じゃないですか?
30年前から言われている話をあなたが続けているんですね
答えは簡単です
自分たちのチームという認識を与えればいいです
簡単に言うと・・・地域感情を利用しなければなりません
早起きサッカー会がKリーグに上がるそのような状況を作るべきなのにそれが難しいです

 

 

02W杯直後観客が殺到したんだけど
その良いチャンスを市民クラブを増やすことだけに使って観客維持はまったくできなかった
韓国程度のリーグインフラ(ソフトウェア的な部分も含む)で16強進出するというのが本当に奇跡・・・
試合が面白いか、観る価値があるかという今後の問題で何人かの人がおっしゃった通り
地域住民たちに自分たちのチームだという認識を持たさなければならない

 

韓国人「Kリーグ vs Jリーグ、観衆の規模を比べてみよう」

 

韓国人「日本のようにサッカーインフラを上手く構築させるには韓国はどんな問題を解決しなければならないんだ?」→「」 根本的にどんな問題を解決しなければならないんだ? https://www.otonarisoku....

 


過激なサポーターから片付けなくちゃ
もっとライトな雰囲気でいくべき
上の方の言葉通り自分たちのチームという認識を与えればいいんだけど現実は・・・
もう大昔の物事になってしまったりしたけど・・・
それでも応援チームがあってたまにスタジアムも訪れてたのに・・・
その応援チームがファンたちの後頭部を殴って一晩で本拠地移転してしまったせいで愛着がポキッと落ちて・・・
応援チームが消えたせいで今でもKリーグに興味を感じない一人です
Kリーグの興行にはひとまずスターが必要なんだけど
スターを作るのも大変だし、スターが出てきたらひとまず欧州行きの準備をして何年も置いておけない
だからといって欧州の年を取ったスターを連れてくる資金はないし
これを解決するのが一番大きいでしょう

 

韓国人「かつて韓国のメッシと呼ばれたイ・スンウの近況」

 

代表がなぜ上手くいくのか?
我が国のチームだからです。無条件で応援する文化です。
うちのお母さん、お姉たちスポーツに関心がない人たちも代表サッカーといえばみんな見ます。少なくとも関心があります。
欧州のクラブ文化がそうです。我々の代表が欧州のクラブだと思ってください。
kリーグの興行が何すごい政策を立てて出てくるのか?そうではありません。
また、一つの障害物は我々はすごく中央集権的な政府で生きてくる。
朝鮮、高麗、すべて中央執権的な国家だから文化が自体が地方自治的な文化がない。
ACLがもっと大きくなるのを願うしかない
ACLなら企業のスポンサー収入もかなりあるから・・・悪くないと思う
日本のJリーグの平均観客数1万7000人
国内ファンたちがお金を使うと自治体が税金を減らす構図だから無理です

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事