韓国経済

韓国人「日本不買運動の近況、対日貿易赤字さらに急増する(笑)」→「」

 

日本ビールとウイスキーの輸入減ったが再び3倍以上増える(笑)

対日貿易収支の赤字はさらに大きく増える(笑)

 

 

 

 

歴代最悪の韓日関係とともに“NOJAPAN運動”3年目、最近の日本酒類販売状況はどうだろうか?

大型スーパーを探してみました。

昨年までは売り場のどこに行っても見つけるのが難しくて、買うのも難しかった日本ビールとウイスキー、清酒を見つけるのが以前とは違ってそれほど難しくありません。

日本産の酒の消費が回復傾向を見せて今年第1四半期の日本ビール輸入量は3,068トンで、2020年に比較すれば2.5倍、前年同期比1.5倍ぐらい増加しました。

ウイスキーなど他の酒類輸入も同じです。

人気ブランドは品切れの時も多いです。

今年第1四半期の日本ウイスキー輸入額は123万9000ドルで、2020年に比較すれば3倍程、1年前より1.4倍増加しました。

素材・部品・装備独立などを推進してNOJAPANの動力で見なされたものはまさにこれです。

[ムン・ジェイン大統領(2019年7月):数十年間累積してきた韓国経済の構造的問題を解決する契機にします。また、韓日両国間貿易関係もより一層互恵的かつバランスよく発展させて深刻な貿易収支赤字を改善していきます。]

しかし、日本に対する貿易収支赤字は昨年約248億ドルで前年より急増しました。

このような様相は今年も同様に続いていて大規模対日貿易赤字という基本構図は相変わらずです。

 

 

韓国人「半導体業界にいる俺が日本製品の国産化の真実を教える・・・」 半導体装備業界にいるんだけど・・・ ひとまず安川と三菱、パナソニック、モーター類およびベアリングのような核心部品は ...
韓国女「韓国ユニクロ、883億の赤字から529億の黒字に転換・・・」→「笑・・・マジ?」「完全に潰れていくと思ったのに・・・」 “ダウンコート買おうとOPENRUNしていたけど”・・・ユニクロ、韓国で529億の黒字を出す ユニクロの国内営業利益が黒字...
References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

赤字が増えるのは韓国も貿易最大値を取りながらたくさん輸出したからなのに
それに騒いだ左派たちはwwwww
うーん、日本ビールはうちの町では売ってないけど。
また感情的なストーリーを作って反日運動を始めればすぐに火をつけることができる。
ビールが3倍も増えた???
見かけなかったけど。
日本人たちも知っているでしょう。
韓国人たちの強がりだからあざ笑うんです。
日本首相いわく
以前にも日本不買は何度も会ったけど一度も成功したことはなかった。
中間材や素材赤字はそうだとしても
最終消費財の輸入まで増えて赤字になるというのがニュースの内容のようだけど。
それを誰がすべて消費するのかということでしょう。
これは一般消費者の役割で反日を泣き叫んだ人たちも消費に一役買っている可能性が非常に高いと見なければなりません。

日本不買運動終わったのか…レクサスES300h輸入車販売1位&ユニクロ黒字転換=韓国の反応

韓国人「ついにサムスン電子までポケモンパン人気に便乗」


両親を殺した敵でもないし
植民地期間も何と80年前のこと。
普通に品質が良ければ再び使うことになる。
日本ビール、タバコ、服、自動車、化粧品。
中国で尖閣諸島事件のために
中国人数万人が日本の工場を襲撃してトヨタの代理店を叩きつぶして火をつけて日本不買したけど
今は日本車が中国で一番売れている。
普通に品質がすぐに使い始めるし消費財物は日本製に追いつくことはできない。
爪切りのような些細なものも日本製は何か違いました。
脱北者が語ってるんだけど北朝鮮の上流層の間でも
日本製を最高と言って、その次を韓国製、その次が中国製で
最もゴミレベルは北朝鮮製だと言う。
北朝鮮製は本当に韓国人に無料であげても使わないほどのクオリティだと。

韓国人「悲報:日本製素材が使えなくなった結果、遂にサムスン半導体に影響が出始めてしまう…(ブルブル」

 

どうぶつの森やそんなものであまりにも叩かれるから
各自必要なものを買うのは不買運動から除外されることにしよう・・・

というのが不買運動の本陣から出た言葉だったそうだ。

 

動画見に行ってみると放射能がどうとか言っててめまいがするねwwwww
日本のウイスキーがどうして人気があるのか気になるね。
個人的にはバーボン系の低価格とジェムソンアイリッシュが一番おいしい。
NONOJAPANのママコミュニティでは今ポケモンパンを探している。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事