韓国の反応

韓国人「日本、米国、ドイツなどの先進国はなぜアナログに固執するんだ?今回の米国の郵便投票もそうだし・・・」

 

以前から理解ができないことの一つなんだけど

日本、米国、ドイツなどなど

よく言われる先進国たちがむしろ不便にアナログ的なものが社会のあちこちに多いですよね

今回米国の郵便投票を見ながらも感じたし・・・

あの国たちは楽なデジタルをあえてやらなのか、それともできないんだろうか?

 

 

韓国人「日本で放送されている米大統領選挙開票速報をご覧ください・・・」 Asahi TV enters the electoral vote counts by hand pic.twitter.co...
韓国人「アナログを好む日本社会の唯一のメリットをご覧ください」 働き口維持 https://www.otonarisoku.com/archives/japan-...

 

 

【アメリカ大統領選挙】選挙の不正を巡って各地でデモや抗議が勃発

【韓国・米大統領選】4.15不正選挙を叫んでいたミン・ギョンウク「今になってトランプも何か変だと感じるだろう」【不正選挙】

【韓国経済悲報】米大統領選挙の開票が長引けばコスピ指数『2000年の悪夢』が再演されるかもしれない

 

 

References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

韓国がデジタル化に積極的だったのではないでしょうか。
スレ主
スレ主
でも実際2020年なら韓国が早かったとしても
あちらも不便さを感じるには十分な時間なのに・・・
21世紀が始まって19年が経ってるのにあんなことをしているのが不思議だ。

 

 

国が古いからすでに敷かれている社会基盤をあえて変える必要が感じられないんです。
それで中国が韓国よりさらに電算化が上手くいっている。
コストの問題です。


 

 

基本的に成功すると人であれ国であれすごく保守的になって何でも変えようとしません。
例えば紙の本はすでに効用性がないし資源ばかり蝕んでいるのに
まだ本はやっぱり紙だろう・・・と言う人が多い。
スレ主
スレ主
一理ありますね。

 

 

選挙に関してはアナログに固執することが技術的な問題ではなく
哲学的な問題であるケースもある。

 

 

後進国とは違いすでに敷かれている設備すべて取り壊し、新たに敷いてさらに人たちを教育しなければならないんだけど、それはとてもお金がかかることだからです。
まったくないのであれば分からないけど、すでに似たようなものを持っているのにあえてという考えもして。
スレ主
スレ主
確かに・・・でも徐々に変えればいいはずなのに・・・理解はできますね。


 

 

単に保守的だから。伝統的なものを守ろうとするのが大きい。
急激に成長する国家が急激に変わるんです。

 

 

伝統とかではなくお金と費用、そして面倒くさいからです。
日本の放送でボードに何か付けて箱を積んでいるのは
お金がもっとかかるしさらに面倒くさいです。
単純にそれが見やすくて慣れているから。
紙の本は重いし、高いし、環境破壊しているのに本を持ち歩きながら「やっぱり本は紙だ」とか言ってる人周りにいないですか?


 

 

日本で俺も聞いたことなんだけど、これが結局社会制度をむやみに変えないという信頼を与えるためだという。
便利だからと言ってやたら変えるのは、いつでも自分が知っていた姿が変わる可能性があるという意味で
これが心理的な不安定を招き制度に不信感を与えるという。
欧州も似たような意味だと思います。多少不便でも未来に対する安定感を与えるためにむやみに変えない。

 

 

その当時自分たちが成功していたからですよ。自分たちの技術でもあるし。
日本はまだファックスを送ってテレビ番組を録画して見てポータブルCDプレイヤーを持ち歩いているんだけど。
自分たちの技術で世界を支配したのにそのプラットホーム自体を最初から潰して新しく受け入れるのは難しいらしい・・・
それでも90年代のままではない・・・ファックス、録画、CD、DVDなどプラットフォームの中で発展し続けている。
もともと日本の技術でもない印鑑や代用貨幣までもほとんど変えません。
さらに大学の入試制度も韓国は常に変えている間、日本は本試験制度一つで50年以上守っています。
これが社会的にものすごく安定感を与えます。
韓国は教育制度だけ見てもすごく混乱して議論が多いです。

 

 

伝統を守っているんです。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事