韓国の反応

韓国人「韓国が日本を抜いて米国産牛肉の最大輸入国に 狂牛病ろうそくデモとは何だったのか・・・」→「韓国は本当に扇動の民族だね・・・」

 

韓国、昨年日本を抜いて米国産牛肉の最大輸入国

韓国が2008年に米国産牛肉の輸入を再開して以来13年ぶりに米国産牛肉の最大輸出市場に浮上したと予想される。

9日(現地時間)、米国農務省と米国肉類輸出協会(USMEF)によると昨年1月から11月までに韓国に輸出された米国産牛肉は25万3千175tで前年同期(21万8135t)より16%増加したと集計された。

これは2020年まで米国産牛肉の最大輸出市場だった日本に同じ期間輸出された23万8811tより約1万5000t多い。

金額基準でも昨年1月から11月までに韓国に輸出された米国産牛肉は21億3573万7000ドルで前年同期(15億3427万7000ドル)より39%増加した。

これは同じ期間日本に輸出された米国産牛肉17億1366万2000ドルより4億ドル以上多い。

http://naver.me/5axjY8Qi

 

 

狂牛病ろうそくデモとは何だったのか

 

2008年韓国蝋燭デモ(wikipedia

2008年韓国蝋燭デモ(2008ねんかんこくろうそくデモ、韓国語:2008년 대한민국의 촛불 시위)とは、大韓民国(韓国)でPD手帳の報じたBSEデマ報道内容の妄信を発端に行われた、米国産牛肉輸入再開反対・反李明博政権デモである。日没後に行われ、参加者は蝋燭に火を点して集まったことから「蝋燭デモ」(촛불 시위)や「BSE騒動」「狂牛病騒擾」と呼ばれる。

 

 

光化門の集会主催者「300万人参加した→500万人参加した→800万人参加した」→韓国人「韓国の政治はなんでこんなに幼稚になったのか」 自由韓国党(韓国最大野党) 「“チョ・グク反対”光化門の集会に300万人来た」 自由韓国党は、3日昼「ムン・ジェイン...
韓国人「チョ・グク守護のろうそく集会を見た日本の反応をご覧ください・・・」 ヤフージャパン国際ニュース部門リアルタイムコメントランキング1位のハンギョレの記事 タイトルは「検察改革」「チョ・グク守護...

 

 

韓国人「狂牛病騒動当時の写真を見てみよう」

韓国人「狂牛病デモで国が揺れた韓国…米国産牛肉の近況をご覧ください」

米国「韓国のろうそく革命はただの演出、計画的に実行されたものだ」=韓国の反応

 

 

References:mlbparkdcinsidedcinside

おすすめ記事

韓国の反応

そのデモも民主党が・・・。
米国産、オーストラリア産牛肉本当によく食べてるよ。
やはり扇動の民族。

韓国人「別の写真を持ってきて反日扇動する韓国の放送局をご覧ください」

韓国人「2019年に起きた NO ジャパン 運動も扇動でしょうか」

 

脳に穴があいたそうだ。
キム・ミファ(コメディアン)があそこに貢献しましたwwwww
輸入牛肉でハンバーガーを売って・・・たくさん儲けて・・・。

狂牛病デモに参加するなど熱心に活動をしていた方なんですが
自身が運営するレストランで米国産牛肉を使っていることが明らかになり議論になったことがあります


狂牛病デマwwwww
あの韓米FTAでサムスンがメモリー分野を攻略して現代起亜車が世界5位の自動車企業になったんだけどwwwww
イ・ミョンバクは任期初期本当に困惑したと思う。

 

 

マジでおいしくてよく食べてるよ。
むしろ米国のたちも食べたがる一番高い等級も輸入してほしいんだけど。
プライムは食べるだけの価値があるよ。
チャックアイロール除いて。

 

狂牛病騒動前も韓国が米国産牛肉の最高輸入国の一つだった。
それで韓米FTAで牛肉輸入関連して米国の圧迫がすごく大きかった(米肉類業者は共和党にものすごくロビーをしている)
米国牛肉業者にとって韓国はロイヤル顧客。
あのようにしても牛肉はよく食べてwwwww

外国人「お前らが食ったステーキを見せてくれ、評価してやる」

外国人「俺達が食べている和牛ステーキをみんなに見せていく!」


あんなにおいしい米国牛肉をなぜ嫌ったのか。
米国牛肉めっちゃうまいwwwww
キム・ミファはあの米国産牛肉レストランで大ヒットしたし
狂牛病デモに参加した芸能人は、いざ米国に行くとステーキとハンバーガーめっちゃおいしく食べる。
韓国は本当に扇動の民族だね・・・。
wwwww
バカほどあのような扇動によくかかるwwwww

 

本当に狂牛病デモは狂気そのものだった。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事