芸能・スポーツ

韓国人「大谷はソンの相手にならない?本当かどうかグーグルで世界の認知度を調べた結果・・・」→「凄惨だね」「やっぱり種目トップとは差が」

 

誰かが大谷とソン・フンミンの認知度が相手にすらならないと言うので

世界基準

最近1年以内

Google検索ボリュームの統計情報を調べてみた

 

参考に

ソン、ソニー、フンミン、このような類似単語で検索しても

すべてソン・フンミンで集計されて

一人が何度も検索するのは除外される

一人が一人で

大谷100回検索しても1回で集計されるという話

 

レブロン > 大谷 >>>>>>>>>>>>>>>> ソン・フンミン

 

ここやペムコ(韓国コミュ)で大谷について何か大袈裟だというけど

それだけの価値がある選手だ

訳もなく大騒ぎしているのではない

 

そして、大谷の数値が米国、日本、韓国の検索だけでは

絶対に出てくることはできない

韓米日以外も検索する国が多いという話

 

 

韓国人「イ・ガンイン vs 日本の久保建英、スペイン内での関心度を比較した結果・・・」 スペイン内全地域で久保が優位 バレンシア内でもわずかに久保が優位 イ・ガ...
韓国人「韓国と日本でイ・ガンインと久保建英の関心度の差を比較した結果・・・」 これが過去1年間の日本でのイ・ガンイン、久保の関心度数値比較 これは韓国での数値 h...

 

 

韓国人「大谷翔平とソン・フンミンを交換できるなら、交換しますか?」=韓国の反応

海外「今の楽しみは、大谷翔平のMVPとグランドスラムだ!」今シーズンをあきらめたファンたちwww

【海外の反応】「スマート」大谷翔平、2試合連続マルチ安打&足でも魅せる好走塁!チームは連敗ストップ

 

 

References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

凄惨だね。
そもそもサッカーがいくらグローバルスポーツでも最上級でなければ関心はない。
韓国でマネ(リヴァプールFC所属)に一体どれくらいの関心があるんですか。
バイエルンのミュラーがソン・フンミンよりはるかに上級なのに誰も関心がないでしょ。
やっぱり種目トップとは差が。

 

 

「son」で検索すれば?
スレ主
スレ主
全部同じです。ソン・フンミンと関連するすべての検索語はすべてソン・フンミンで集計される。

 

 

韓国内検索じゃないの?
スレ主
スレ主
全世界と書かれてますよ。


 

 

うわー、あれほどなんですか?衝撃だね。
確かに歴史を書いている一分野のトップ選手と底辺が広がっている種目でもトップクラスはちょっと落ちますね。
韓国内の結果というのがありえないのが
レブロン・ジェームズが韓国内の認知度が高くない。
メッシも追加して。
相対的なのかも気になる。

 

スレ主
スレ主
参考に、メッシの検索量

 

そもそもトップ級同士の比較しなくちゃ。
ああなると思ったよ。


 

 

グーグルの統計なんか関心がそもそもないんだけど
全世界でハングルで検索するんですか?
検索語がなんでハングルなんですか?
スレ主
スレ主
「son heung min」、「sony」、「フンミン」、そしてイタリア語、スペイン語、ポルトガル語で「ソン・フンミン」と検索してもすべてソン・フンミンで集約されます。

 

 

結果がそうだとしてもグーグル検索をすることが認知度と何の関係があるのかも分からないし、グーグル自体が全世界と言っても北米検索統計量が絶対多数を占めるサイトじゃないですか。
野球自体が奥地である。絶対多数の人口を占める北米を除き、大陸である南米、中国、東南アジア、アフリカ、欧州で欧州トップクラスサッカー選手が大谷に認知度で負けるなんて話にならないと思う。
あのようなもの認知度の証拠だと言って持ってくればインスタのフォロワー数で比較するのとあまり変わらない。
俺もグーグルトレンドで検索してみたけど
スレ主が世界地図を表示しないのを見ると欧州国家の大部分調査されてないものだ(笑)
捏造だねwwwww
認知度はグーグル検索するほどの関心ではなく
ただ適当に聞いてみて知っているかだ。

だから世界的なサッカーが有利だと思う。

検索するほどの種目トップではないとしても
世界的に幅広く知っているからね。


急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事