芸能・スポーツ

韓国人「英ロックバンドLedZeppelin、旭日旗が入った公式グッズを販売してしまう・・・」→「マジで失望」「でも旭日旗のデザインは本当に美しいね」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Led Zeppelin(@ledzeppelin)がシェアした投稿

 

 

日本公演記念で出てきた公式グッズ

本当に狂ってる

ディープ・パープルを再び聴きに行きます・・・。

 

レッド・ツェッペリン(wikipedia

レッド・ツェッペリン(英語: Led Zeppelin)は、イギリスのロックバンド。略称は、ZepもしくはLed Zep。なお、「ツェッペリン」はドイツ語の発音であり、イギリス英語での発音は「レッド・ゼッペリン」である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第14位、ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて2位。

ロックの殿堂のバンドの伝記には、『1970年代の彼らは、1960年代のビートルズと同じ影響力があった。』と記載されており、ローリング・ストーン誌はハードロック(ヘヴィメタル)に多大な影響を与えた彼らを「史上最もヘビィなバンド」「70年代の最大のバンド」、そして「疑いなくロック史上最も永続的なバンドの1つ」と表現している。

 

ディープ・パープル(wikipedia

ディープ・パープル(英語: Deep Purple)は、イングランド出身のハードロック・バンド。

日本ではレッド・ツェッペリンと並びハードロック・バンドの代表格の一つに数えられ、後のハードロック、ヘヴィメタル・バンドにも大きな影響を与えた。1976年に一度解散したが、1984年に再結成した。2016年度に「ロックの殿堂」入りを果たした。

 

 

韓国人「エンゼルス、大谷の40号HRでツイッターに戦犯旗をあげてしまう・・・」→「」 Tonight's starting pitcher is the first MLB player to 40 home ru...
韓国人「88年ソウルオリンピックでも超大型“旭日旗”議論が浮上wwwww」Image:mlbpark Image:mlbpark ?????????? Image:mlbpark Ima...

 

 

韓国紙「日本のミュージシャン、旭日旗連想PVを謝罪 … 日本の反応は冷ややか」韓国の反応

米国LAで物議かもした旭日旗壁画、修正されるも旭日模様は依然として残る

「旭日旗は我慢できません」…オンライン販売中断させた女子高生に話を聞いてみた=韓国の反応

 

 

References:Instagramcafe daumdcinside

おすすめ記事

韓国の反応

イカゲーム押収。
クソ野郎たちだね。
ロバート・プラント大好きだったんだけど、以前買ったTシャツはもう着れないね・・・。
今すぐSmoke on the Water(ディープ・パープルの曲)聴きます。
Burn(ディープ・パープルの曲)聴きます。
レッド・ツェッペリンの曲好きだったのにマジで失望。
誰だよ!?


クソムカつくね、本当にwwwww
愛国者の方たちが前に出てくれるだろう!

韓国人「日本車に乗っていたらテロにあった件」

 

Stairway to hell
はぁ、マジでレッド・ツェッペリンのファーストアルバムからCoda(9作目のアルバム)まで買い集めるほど夢中になってたのに、これは本当に・・・。
くらくらするね。

 

 

西洋人の中に日本が好きな人がものすごく多いようだ。
特に年配の人たちが好きだったよ。
その人たちの若い時が日本の全盛期で。


 

 

エレキギターはグレコって何のことだ。
グレコという日本産のギブソンコピーブランドがあるんだけど、それの話をしているみたい?

 

 

これもニュースになれば以前のショーン・レノン事態レベルまで行くだろうか?

[ショーン ・レノンと韓国人が激突!]ジョン レノンの息子「日本は悪魔ではない、旭日旗はこれからも着る」「アジアにナチスは居なかった」と韓国人と舌戦! 韓国の反応

ショーン・レノンは特にネット上でネットユーザーたちと戦ったからで・・・
あんなものはまあ今に始まったことではない(泣)
そうだね・・・昔メタリカ、クイーン、ザ・クラッシュもあのようにしてたので・・・。

米国伝説バンド「メタリカ」、旭日模様のグッズを広報して非難殺到=韓国の反応

 

日本信者。
でも旭日旗のデザインは本当に美しいね。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事