韓国経済

韓国人「ソウルの金融競争力、ライバルだと思ってた日本の東京やシンガポールと比べた結果・・・」

 

世界の金融ハブの中心が香港からシンガポールにシフトしていると聞いて

シンガポールは世界でどの程度なのか気になり調べると4位だね

こんなに高いとは想像もできなかった

シンガポールとソウルと東京を比べるからお互いライバルの構図かと思ってた

それでも10位程度はあるんだろうと思ったけど、想像以上に韓国の金融レベルが高くないということを感じました

理由は何でしょうか?

歴史が短いからなのか

 

 

国際金融競争力ランキング

1位 ニューヨーク
2位 ロンドン
3位 香港
4位 シンガポール
5位 上海
6位 東京
7位 トロント
8位 チューリッヒ
9位 北京
10位 フランクフルト

36位 ソウル
46位 釜山

 

 

韓国人「“サムスンの海外資金は日本に依存”日本、対韓国金融制裁を本格的に検討」→「やってみろよwwwww」 日本、金融制裁カード検討・・・サムスン、海外資金を日本に依存 元外務省副大臣「金融制裁が最も効果的」 「サムスンの海外資...
韓国人「韓国が香港に代わってアジアの金融ハブになる可能性・・・韓国としては国家的飛躍ができるチャンスだと思うんだが」 香港が中国の統制化に入ることになって米国の制裁のために 香港はこれ以上アジアの金融ハブの役割を果たせなくなるそうだけど ...

 

 

外国人「なんで韓国ってアジアで金融大国になれないの?」(海外反応)

韓国メディア「韓国銀行が金融危機の可能性を認め始めた」

韓国人「韓国、本格的な経済崩壊の道に入る…IMF金融危機の時にもなかった異常事態へ」

 

 

References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

官治。
スレ主
スレ主
悲しいね(汗)

 

 

分断国家。
スレ主
スレ主
これも大きな理由になりそうだね。

 

 

日本は世界3位の経済大国で人口1億2000万人。
シンガポールは英連邦と組んでいるので・・・比べられるはずがない。
スレ主
スレ主
英連邦と組んでいるのが大きな理由になりますか?
韓国は米国と組んでいればいいんですか?
韓国と米国が英連邦のように何か縛られたりしましたか?


 

 

韓国はいくら努力しても金融強国にはなれないと思うんだけど・・・
お金がお金を儲けるのを罪悪視して最大限税金で抜き取ろうとしてるんだけど。
韓国は製造国家でソウルはただの首都です。
銀行も内需独占寡占で稼いでいるんでしょう。競争力が強くないです。
当たり前じゃないか・・・36位だなんて思ったより高いね。
何もかも置いておいて、資本による地代の収益を不労所得と呼んで罪悪視するのに
金融ハブのようなものになれるわけがないですよ。
このマインドが政府と国民の間に広範囲に広がった認識であるため関連規制の撤廃や制度の整備も容易ではないと思う。
金融を罪悪視する政治家たちから消えなければならないですね・・・民主党・・・。


このコミュでいた銀行員が韓国の金融では日本の相手にならないと言ってたけど合ってたね。

揺らぐアジアの金融ハブ香港、その地位狙う日本…国際金融都市東京の実現に向けて金融人材受け入れ強力推進=韓国の反応

韓国人「悲報:日本の金融資産、韓国とは比べ物にならないレベルだった…」=韓国の反応

 

北朝鮮がある以上絶対に順位圏に上がることはできません。
これは根本的にどうしようもないから経済力と異なる順位になるのは仕方がないです。

 

 

金融強国になる必要はないと思う。
金融を大きくするためには諦めなければならないことがあるんだけど
韓国的情緒ではそれは不可能。
スレ主
スレ主
ソウルも結局生産製造だけ競争力があるという話でしょう?
はい、そうです。ソウルは決して金融ハブではありません。
韓国の金融は銀行業中心のビジネスであり銀行業は独占寡占のもとで預貸マージン、不動産担保融資で稼いでいる構造です。


本当に金融ハブを作ると言えば、仁川松島のようなところに金融機関をすべて集中させて
外国人の居住を自由にし所得税を香港レベルに下げてあげればいいです。
でもそれが韓国的情緒では不可能です。
今回の政権が問題ではなく人口5000万人の大韓民国がそれができないということ。
都市国家だからできるのであって我々ではできません。

 

 

韓国は規制が厳しいことで悪名高い国なんですけど。
驚くべきことにソウルはもともと6位まで上がってたんだけど金融を釜山に送って36位に急落しましたwwwww
東京と比べたのは去年と一昨年。
株もどうすればさらに税金を取れるか悩む国が金融ハブになれるはずがないよ・・・。
管理人より

今年も一年本当にありがとうございました。
読者の皆様、良いお年をお迎えください。

来年の更新は1月1日より開始します。
来年もよろしくお願いします。


急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事