韓国の反応

韓国人「日本、米巡航ミサイル“トマホーク”導入へ 米国もほぼ承認」→「恐ろしいんだが(汗)」「不安だね 韓国が日本よりリードしていると自慢できるものが本土打撃可能なミサイルなのに・・・」

 

日本、長射程巡航ミサイル「トマホーク」導入 米国に打診

“反撃能力”手段で配置・・・米国防総省ほぼ承認
日本“軽武装路線”転換内外に見せること

日本政府が米国産長射程巡航ミサイル「トマホーク」の購入を米政府に打診していると読売新聞など現地言論が28日報道した。

報道によると日本政府は保有を検討中である“反撃能力”(敵基地攻撃能力)の手段として自国産ミサイルの改良を推進しているが

反撃能力に必要な長距離打撃手段の早期配置のためにはトマホークの導入が必須だと判断した。

トマホークは射程距離1250km以上で位置情報システム(GPS)情報などを利用した“ピンポイント”攻撃能力で目標を破壊する。

1991年湾岸戦争以後何回も実戦で使用され性能を立証したミサイルだ。1発の価格は10億~20億ウォン水準だ。

防衛省は反撃能力を担当するトマホークを海上自衛隊イージス艦の迎撃ミサイル用垂直発射台を改造して搭載するという構想だ。

トマホークが配置されれば韓半島と中国一部が射程圏に入る。

米日の消息筋によると同盟国との協力などで抑止力を高める“統合抑止”を重視する米国防総省はほぼ承認しており米政府内で最終調整が進行している。

https://www.yna.co.kr/view/AKR20221028027500073

 

 

 

 

 

韓国人「米国、日本にSM6ミサイル売却を承認・・・」→「日本がミサイルを・・・」「あいつらの防空網はアジアトップレベルだね」 米国、日本にSM-6迎撃ミサイル販売暫定決定・・・6400億ウォン規模 米政府は20日(現地時間)4億5000万ドル規模(...
韓国人「日本を焦土化させるという韓国の戦略兵器の現実をご覧くださいwwwww」→「あんなにも自慢してたのにwww」「北朝鮮からミサイル技術学んでこい」 それはまさにブーメラン玄武ミサイル これもロシアヒグマ事業の結果?wwwww ロシアとまったく同じだ...
References:YouTubecafe daum

おすすめ記事

韓国の反応

戦犯国のくせに・・・
あれも問題だがSM3ブロック2Aも恐ろしい威力だから深刻な脅威だ
こういう時局に中国、日本勢力が幅を利かす大韓民国だなんて
日本に戦略資産兵器たくさん供給しそうだね・・・
北東アジアの情勢が尋常じゃないみたい
うーん・・・不安だね
韓国が日本よりリードしていると自慢できるものが本土打撃可能なミサイルなのに・・・
巡航ミサイルくらいは自分たちも作れるはずなのに急いでいるようだね

 

 

日本の軍事大国化の動きを我々は見守るしかないのか?
好むと好まざるとにかかわらずあいつらは友好国である
韓日の仲が悪くなれば一番喜ぶところが北朝鮮、中国、ロシア
すでにあいつらはイージス艦、F35を数倍多く導入している

 

海外「日本が再び超大国に…」 日本が世界最大級のイージス艦の建造を発表し海外騒然

韓国人「全世界のF-35導入状況を見てみよう」→「韓国少なすぎ、日本多すぎ」

 


 

 

どうせ予想されたシナリオだろう
米国は中国さえ防げるなら日本に何でもする国だ
すでに日本の自衛隊が事実上再武装した状況なんだけど
韓国が軍事力と技術力でリードすれば何の問題もなく日本が韓国をむやみに無視することはできないし侵略することはできない
とにかく我々が強く無視されないようにしなければならない

 

 

トマホークよりJASSM-ERの方が良いはずなのにすぐに必要だと考えたのか
でもマジで見るのも嫌だけど交渉はあんな風にしなければならないんじゃないか?
事実上北朝鮮も核保有国になるというのに
子孫たちは真珠湾を忘れるな

 

「真珠湾を思い出せ」ウクライナ大統領の演説に日本ネチズン憤慨=韓国の反応

 

ドイツの再武装には拍手しながら日本のミサイル武装には大騒ぎするんだなwwwww
どうせ日本はアジアのマクドナルド1号店のような存在だ
米国は再武装許可した瞬間誰もタッチできない
ミサイルの輸出が承認されるならば平和憲法も事実上無力化されるね。トマホーク攻撃兵器じゃん。事実上専守防衛の原則が壊れるんだけど。
日本極右政治家たちの意図通り平和憲法の無力化が着々進行されつつあるよ
米国の黙認の下に・・・このままだと後で再び日本で軍国主義が勢力拡大するだろうね。
韓国は信じられないようだ
親中派とサードを見れば反米も多いみたい?
恐ろしいんだが(汗)
日本の再武装に一番貢献した奴は北朝鮮のクソ野郎だ
米国は普通に売るだろうね

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事