韓国の反応

韓国人「国民の10人中7人が“日本が北朝鮮よりも脅威的”だと回答する・・・不買運動の支持は83.2%に」

国民の10人中7人“日本が北朝鮮よりも脅威的”不買運動支持83.2%

不買運動が「熱い理由」の端緒も見つけることができた。国民の79.7%は日本を脅威的な競争国で認識した。

現在、日本が北朝鮮より脅威的な国だと考えている韓国国民が10人中7人に達した。国民が現在の状況を非常に厳重に受け止めていると解釈することができる部分だ。

時事ジャーナルが「ポストデータ」に依頼し、8月5~6日、全国の成人男女1000人を対象に実施した世論調査によると、韓国国民の10人中8人以上は日本製品の不買運動を支持していることが分かった。

「国民の日本製品の不買運動を支持するか」という質問に「そう思う」と答えた割合は71.4%であった。

「どちらかと言えば、そう思う」は、回答率(11.7%)を合わせると不買運動への支持回答は83.2%に達した。

http://www.sisajournal.com/news/articleView.html?idxno=189446

References:Twittertheqoomlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

日本が主敵だ。もう日本リスクを上手く対処していかなければならない。
ひとまず安倍から。NO安倍。
このくらいなら素晴らしいね。
日本旅行行かないようにしましょう。
安いから行くというけど、放射能は怖くないんですか。
大韓民国の主敵は日本。
大韓民国は強いです。
大韓民国は勝ちます。
へたれずに最後まで頑張ろう。

[amazon_link asins=’448006513X’ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’5caec382-57b6-42d2-b9f4-b3026437d2de’]

 

当面の主敵は北朝鮮かもしれないけど、将来の主敵は日本。
反省のない奴らには厳しく対応しよう。
歴史を正しく知れば答えが出てくる。
もう多くの人たちが目を覚ましたということだ。
政権や言論で流されない市民がいるので心強い。
日本はいつかまた侵略してくると思う。
私もそう思う。日本は非常に悪い隣人だけど北朝鮮は家出した弟だからいつでも戻ってくるだろうと。
私は信じて待ちます。
北朝鮮はいくらミサイルを撃っても倒す自信があるけど、
日本の措置は、まさに経済実生活への脅威になるから。
日本人たちは、恐ろしいことに数十年間韓国製品を不買したのに、私たちもするのが当然だ。

 

 

北朝鮮の共産主義者たちが私たちの先祖たちを殺したのが数十年前なのに、ひどいですね。
チッ。親日派は、あれを北朝鮮は良いという意味で受け入れるね。

 

 

直接的な経済攻撃をして、これまで韓国をどのように考えていたのかまで、今回のことをきっかけに明らかになったので、驚いた方も多いと思う。
親日派勢力が多いということが明らかになったのも大きな収穫でしょう。
不買運動の支持は分かるけど、北朝鮮より脅威的というのはちょっと・・・。
北朝鮮より脅威的というのはちょっと違うと思う。
経済的に脅威的であるのは事実でしょ。
うんうん、軍事的、経済的にはるかに脅威的だよ。
地理的や指導者の性向を見ると北朝鮮がさらに脅威的で
軍事的なことで見た時は日本がさらに脅威的。
私たちは北朝鮮と戦争すると考えないじゃんwwwww
日本は、いざとなればまた戦争する奴らだという認識があるから・・・。
近い将来、北朝鮮と戦争になるとは思わないけど、日本とは戦争しそう。
歴史的に見ても日本は答えが出てくる。
韓国と戦争したくてうずうずしているのが見える。
何言ってんの。韓国の敵国は北朝鮮なんだけど。
休戦中であって戦争が終わったわけじゃないんだけど。
北朝鮮よりも脅威的?
当然北朝鮮の警戒はしっかりしなければならないけど、
日本が今施行した経済侵略行為が私たちにものすごく脅威的な行為だ。
朝鮮時代の時、日本が韓国を捕らえて食べようと先に施行した政策の一つが経済政策。
北朝鮮も危険。でも北朝鮮より日本の危険リスクがもっと大きいと思う。
ただ日本の方が危険リスクが大きいと考えているだけで、北朝鮮が安全だと思っているわけではない。
韓国人は10%の理性と90%の感性で行動する。
両方嫌い。
今の状況では比較不可で日本がナンバーワン。

急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事