韓国の反応

韓国人「韓国とは正反対の日本の年末の風景が羨ましすぎて仕方がない韓国メディアの記事をご覧ください・・・」

 

渋谷11.7%増、銀座11.9%増、池袋21.8%増--。12月27日午後10時の東京都内の主な繁華街での「通行量」を1週間前と比較した数字だ。28日には全国の主な繁華街95カ所のうち64カ所で通行量が前週を上回ったというデータも発表された。最近日本では携帯電話の位置情報に基づき調べた通行量の増減情報が毎日のように公表されるが、年末を迎え、首都圏でも地方でも人の流れが増えているという話をよく聞く。

街に出ると皮膚で感じることができる。豊洲など東京都内の野外スケートリンクは半分が人で埋まっている。繁華街のイルミネーション前は自撮りをする人でにぎわっている。韓国ドラマがきっかけで人気を集めたコリアタウン新大久保では予約問い合わせがあまりに多く、予約を受け付けない飲食店も増えている。

クリスマス当日、日比谷公園前のレストラン街が混み合っているさまを見るにつけ、ここが1日に3000人の新規感染者が出ている国なのかと疑わしく思った。菅義偉首相は同日、「静かな年末年始」を呼び掛けたが、その後の人出は減らなかった。むしろ連休を迎え、空港まで混み合い始めた。

ワクチンの出現がそうしたムードに拍車をかけている。「トンネルの出口が見える」という期待感が広がっているのだ。「自分もワクチン接種を受けられるか」と心配する人はいない。それよりも、「必ず接種を受けなければならないのか」といったことが話の種だ。ワクチンが十分にあるからこそできる余裕の心配だ。日本は1人当たり2-3回分のワクチンを確保している。

海を渡った韓国の年末に聞こえてくるのは「正反対」の内容だ。韓国国民は強圧的な措置をこれまで順守してきたし、年末にもさまざまな自粛令を忠実に守っている。しかし、「災難はじきに収まる」という希望よりも、「ワクチン対応の遅れ」に対する虚脱感を抱いて新年を迎えるムードだ。一部の人にはコロナワクチンが秋夕(中秋節)の贈り物になりそうな状況だ。来年の今ごろには普通の年末年始を送れているだろうか。ふと心配になった。

 

 

 

文大統領「米国は23万人、日本は2800人、韓国は1000人台。誇りを持って。」→韓国人「もう簡単な算数もできないんだな」「日本がコロナを上手く防いでいると韓国大統領が公式に認めたね」 ムン大統領は最近、コロナ19拡散傾向に対しては「我々が1日平均1000人台の陽性者を記録している間、米国は平均23万人、日本28...
韓国首相「韓国産ワクチン、来年末に披露!世界標準のK防疫+ワクチン+治療剤でどの国よりも早くコロナを克服できる!誇りを持って!」→韓国人「」 チョン首相「独自開発のワクチン、来年末頃に発表することができる」 チョン・セギュン首相は31日「韓国が独自に開発中であるコ...

 

 

韓国、コロナ死者数の嘘がバレる。【韓国の反応】

韓国紙「複数人が唾の付いたスプーンでチゲをすくって食べる韓国の食習慣、コロナを育てた」

【悲報】韓国の病院、コロナ患者発生で看病士100人が逃げ出し地獄絵図に…=韓国の反応

 

 


おすすめ記事

韓国の反応

末代までハゲになれ。
恥を知れ。
日本に行って日本で暮らせよ。
韓国もワクチンを確保したんだけど?こいつ本当に記者なの?
どうしてこんなに情報が遅れているんだ?
陽性者数3000人を超える国を我々がなんで羨ましがらなければならないんだ?wwwww

韓国政府「モデルナ社とワクチン供給で合意!」→モデルナ社「えっ?まだしてないけど???」=韓国の反応

 

糞だね。


確保したとは言ったが摂取したとは言ってない・・・。
東京特派員ではなくただの東京である。
本当の親日たち。
日本も韓国と似たような時期に接種するんだけど。
最低限の知性と良心があればこんな記事は書けないと思うんだけど。
ゴミ記者。
すごく頑張るねーwwwww


これが人のやることか?
wwwww

 

 

この前まで菅は旅行を積極的に奨励していたwwwww
菅が日本旅行協会の会長だから旅行を積極的に奨励しなければならない立場だと聞いたんだけどwwwww
総理と旅行協会会長、どちらの職を優先しなければならないのかも分からないようだ(笑)
林 溪清(著), 大中 吉一(監修)


 

 

特派員?本国にも特派員を送るのか?
韓国と同じく確保した日本を確保と言って韓国は確保していないと言うゴミ記者たち・・・
それに弄ばれる奴らも問題。
これは日本が問題ではなく特派員が問題のようだけどwwwww
そのまま自分の国に帰れよ。
朝鮮日報は日本の普通の日本人よりも極右的のようだね。
こういう記事マジで嫌だ。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事