韓国の反応

韓国人「IAEA事務局長、海水で薄めて放流する方式は韓国もやっていると発言・・・」→「」

 

IAEA事務局長「日本に偏ったものではない、専門家の異なる意見はなかった・・・海水で薄めて放流する方式は韓国もしている」

「報告書、専門家の異なる意見はなかった」
「報告書発表まで2年、非常に長い時間」
「日本の放流スケジュールに合わせたわけじゃない」
「すべてのサンプル調査が必要なわけではない」
「海水で薄める、韓国、中国、米国と同じ方式」

彼は多核種除去設備(ALPS)で取り除けない三重水素を海水で薄めて濃度を低くして放流するという日本側の計画に対する一部の懸念に対して

「海水で薄めて濃度を低くし放流する方式は特別なのではない」とし「韓国、中国、米国、フランスみんながやっている方式」と話した。

https://naver.me/FPeKVmyH

 

 

韓国人「韓国野党、科学で立証されたのに“IAEA解体”“日本から金品を受け取った”と主張・・・」→「IAEA解体www」「本当に国際恥さらしだよ」 科学で立証されたのに・・・野党「IAEA空っぽの報告書」怪談継続して 野党「IAEA、日本から金品受け取った」 信頼性の...
韓国人「韓国記者、IAEA事務局長に日本から100万ユーロの賄賂を受けたのかと問い詰めてしまう」→「事務局長マジで怒ってるじゃん・・・」「国の恥さらしをするな マジで俺が恥ずかしくなるよ」 市民言論 ザ・探査「One million Euro?」 グロッシIAEA事務局長「We don't receiv...
References:Twittercafe daumcafe daum

おすすめ記事

韓国の反応

・・・
ははは
買収報告書wwwww
いくらですか?
核廃棄水一杯飲んでから言え
でも報告書の内容に対して責任は負わないと言ってwwwww
報告書には問題がないだろう
報告書の内容が問題であって
じゃあなんで責任は負わないの?
チェルノブイリの地下水を飲んだら認めてやるよ

 

放射線5000倍の赤い森通過…チェルノブイリ撤退ロシア軍、被爆の可能性=韓国の反応

韓国人「MBCはチェルノブイリ、SBSは独島…韓国人は五輪と政治を結び付けなければ気が済まないのか?」

 


親日国家ブラジル人ならそんなもんかと思ったけどアルゼンチン人だね

 

IAEA事務局長「私も汚染水を飲むことができる。泳ぐこともできる」

最近国際原子力機構(IAEA)が日本の福島の「汚染水放流計画が国際基準に合致する」という内容の最終報告書を出した中で、7日訪韓したラファエル・グロッシ(62) IAEA事務局長がマスコミのインタビューで「私も(汚染水を)飲める。その中で泳ぐこともできる」と話した。

グロッシ事務局長は8日朝鮮日報とのインタビューで「福島の汚染水を飲んで安全性を証明するという政治家がいるが、それほど安全なのか」という質問に「当然だ。(テーブル上の水を指して)あそこにも三重水素が入っている。(処理水に含まれた三重水素は) すべての国際的な基準以下」としてこのように話した。

 

韓国首相「日本の汚染水、科学的に処理されたなら飲める」=韓国の反応

韓国の野党議員「私は排泄物は食えるが福島の汚染水は無理!」 

 

wwwww
wwwwwwwwww
口だけ動かさずにやってみろ
いくらもらったんだろうか

 

 


じゃあ飲めよ
参考にこいつは科学者ではなく外交官出身だ
本人は福島汚染水の安全性について科学的根拠を示せない人物
先に見せて
飲むという奴が多いんだからちょっと分けてあげろよ、海に放流しないで

 

【オワタ】韓国月城原発で大規模放射能漏れ、メルトダウン並の検出量なのに原因不明、しかも8年間隠蔽されていた…韓国メディアも黙りを決め込んでしまう

韓国の月城原発、放射性物質が20年以上漏れていた事実が判明し波紋=韓国の反応

 

お前も鷺梁津水産市場に来て国民の力の議員とショーを一度したらどうだ

韓国の国民の力の議員たちが水槽から水を汲んで飲んでいる姿です。

 

WHO事務局長を思い出すんだけど
こっちだけ悪口は言われないwwwww
マジで大嫌いだわ

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ご利用環境によってコメントの反映に時間がかかる場合がございます

おすすめ記事