韓国の反応

韓国人「日本で今一番称賛されているダム“八ッ場ダム”について紹介する」

 

八ッ場ダム

日本の首都圏の真上の山岳地帯の方にある自治体で「日本の魔境」のようなキーワードで有名な群馬県にあるという

“未完工、建設中”のダムだ。

ところで、この建設中のダムが台風19号で

いっぱいに満たされる!!!

“八ッ場ダムの奇跡”

ちなみにこのダムの貯水容量は約1億トン以上!

もしあのダムが今でも未完工状態ではあるけど、あの水をすべて防ぐことができなかったら・・・

今回一度に満たされたあの約1億トンの水まで追加で山から流れてきて日本の首都圏を直撃したという。

多くの人たちの人命を救ったのはもちろん、避難時間も延ばし、ものすごい経済的被害も防いで、

日本では当然八ッ場ダムの称賛が続いているところ。

一方、このダムと関連して余談があるんだけど・・・

2009年日本で政権交代、その後、日本史上最悪の無能政権と呼ばれることになる

日本の民主党政権は、八ッ場ダムに対し「悪の塊そのもの、自民党の負の遺産、コンクリート塊に過ぎない、中止してコスト削減しなければならない」という評価を下し、選挙公約の一つとして

(八ッ場ダムは中止。時代に合わない国の大型直轄事業は全面的に見直す)とも掲げている。

そして当時の政権で日本の国土交通省大臣に就任した前原誠司は、長官任命式直後の就任会見で、まさに「八ッ場ダム事業停止」に言及

首相だった鳩山由紀夫も翌日すぐにこれを支持し、最終的に八ッ場ダム事業は工事中断、事業停止状態になってしまった。

その後、2011~2012年には、日本の内外で問題が溢れて、日本の民主党政権が窮地に追い込まれ

当時野党だった自民党はもちろん、八ッ場ダム関連地域の有力者たちも建設再開を圧迫。
民間団体はもちろん、政府機関内でも 「八ッ場ダム建設事業は、治水政策に最も有利、建設が最も合理的で望ましい」という報告書も出てきて

日本の民主党政調会長職に席を移した前原誠司などは「なぜこのタイミングでこのようなものが出てくるのか、事前の説明もなく極めて不快だ」などと反発、対抗するも

結局、2011年12月、建設再開を認め、承認したという。

だから本来なら2015年に完成予定だった八ッ場ダムは「2020年初め」の完成で、なんと約5年も延期したことはもちろん、2年間の工事中断で約33億円(350億ウォン)の費用も追加されたという。

日本で再び政権交代の雰囲気が起こらず、八ッ場ダムの建設中止がそのまま続いてたり、さらに遅くなっていたら多くの人が命を失っていただろうということ。

References:theqoo

おすすめ記事

韓国の反応

1億トン・・・。
うわ、すごい。
1億トンだなんて、称賛するだけのことはあるよ。

[amazon_link asins=’4000023276′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e1b3636e-e49c-48c4-b858-97375b5832d8′]

 

あそこは自民党が韓国の共に民主党(与党)で、民主党が韓国の自由韓国党(野党)みたいだね。
私が仕事をしたところだから気持ちがいいけど、自民党の話を聞くとちょっとあれだね・・・。
日本は大きなダムがあれ一つしかないの?
ダム一つが東京を救ったというのが不思議だね。
うわ、本当に大変なことになるところだったね。すごい。


あそこは自民党がふざけたことをしても、民主党があまりにも無能でチャンスが来ても掴めなさそう。
災害で死ぬより貧しくなった方がいいかもしれない。自民党続けなさい。
う・・・自民党が作ったものだなんて。

 

 

安倍ってどこの党なの?
自民党。

 

 

漫画のキャラクターだね。超イタいwwwww
近いうちにダムを擬人化、萌え化させそう。おえ。


 

 

千葉県の被害の復旧状況がああなのに、こんなもの上げて自民党を崇めたいのか。
スレ主
スレ主
自民党を崇めるつもりはまったくないし、日本人たちがあのような反応をしているのであって、私が捏造したものでもない。
日本人たちは与党より野党の方がはるかに嫌いで、そもそも怒っているのが世論の多数。
政治で過度に干渉してくる人たちは消えてほしい・・・。

 

 

ぴったり日本らしいイタい感性だねwwwww
文を読んで奇妙な鳥肌が出たけどみんな同じだね。
うわ、雨がどれだけ降ったからってあれが一日でいっぱいになるんだ。
あれで自民党をめちゃくちゃ崇めるだろうね。
私も感謝するよ。
もうダムまで神格化するみたい。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事