韓国企業

韓国人「韓国、台湾の電子産業のTOP3の時価総額を比較した結果・・・」

 

韓国

サムスン電子 300兆ウォン(約28兆3082億円)

ハイニックス 58兆ウォン(約5兆4730億円)

LG電子 12兆ウォン(約1兆1323億円)

 

台湾

TSMC 330兆ウォン(約31兆1420億円)

フォックスコン 115兆ウォン(約10兆8513億円)

ラーガン・プレシジョン 65兆ウォン(約6兆1333億円)

 

 

その中でアップル 1400兆ウォン(約132兆1031億円)

 

 

References:daum cafetheqoo

おすすめ記事

韓国の反応

TSMC、フォックスコンは素晴らしいね。

 

 

電子産業は、台湾が優位だね・・・
日本の電子産業が台湾に渡ったからなのか。
韓国はメモリー半導体の価格が下落して収益が大幅に減ったのに対し
上記の台湾企業は主に非メモリー半導体を主にする企業なので収益がサムスンなどを抜いたと聞いている。
収益も時価総額もサムスンが上です。
時価総額計算するときサムスンは優先株もあるのに抜いて計算するところが多いのでサムスンがTSMCに逆転されたと言うところが多いです。
時価総額もサムスンが高く売上も両社は比較ができません。
サムスンが売上の6倍以上高いです。フォックスコンも倍ぐらい高いです。
あまりにも韓国の証券市場が低く、北朝鮮などのせいで厳しく評価されて時価総額が低いだけで、
本来であればサムスン電子の時価総額は、今の倍以上はなければならないです。
その通り。
明確な説明ありがとうございます(笑)


 

 

北朝鮮もあるけどオーナーリスクもすごくある。
外国で世襲経営は非常に悪く評価されます。

そしてTSMCもサムスンと比較できない企業ではありません。
売上高は6倍だが純利益は2倍しか差がないです。

サムスンが家電、半導体などすべて売って、そのぐらいの売上が出るが
TSMCは半導体受託生産だけでも四半期の純利益が3兆ウォン(約2830億円)出てきました。

もう一つ追加するとアップルや中国の家電企業などがサムスン牽制をすごくします。
それで台湾の業者に分量配分をたくさんして上昇した理由もあります。

[amazon_link asins=’4756917879′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’6ce61c5d-12e0-4a93-bc11-eb07552559ba’]

 

 

うわ、意外だね・・・。
昨日基準サムスン電子334兆ウォン、優先株37兆ウォン、
ハイニックス69兆ウォン。
TSMC(ブルブル)


台湾の非メモリー強いですね。
常識。
上記の会社はファウンドリ、製造会社たちだからメモリー、システム半導体を選り好みしません。
ラーガン・プレシジョンは初めて聞いたけど、カメラのレンズモジュール会社ですね。
台湾すごい(ブルブル)
台湾は下請け生産企業が本当にがっちりしてる・・・。
台湾はもともと昔からあれで暮らしているじゃん。
自分たちが主体になって何かすることができないだけ。

[amazon_link asins=’B07DFFFDBD’ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c9c7200a-1c49-4d26-967b-55c0ad7b6bab’]


 

 

台湾の最大の問題は完成品を作れないということ。
単純に考えると下請けでファウンドリは生産しても携帯電話はない作れないから、そこから出てくる他の派生産業が一つもない。
だから経済規模の差がすごく出る。
単純に大きな下請け工場だということなのか?

[amazon_link asins=’B07W8VWW31′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’4004d967-fc3c-4d85-9ba7-b01dc97f0f77′]

 

 

台湾の問題は下請けだということ。
利益はアップルが全部取って営業利益が出ない。
サムスン:367.94兆ウォン

TSMC:333.46兆ウォン

台湾は全部下請けだから。
アップルをはじめすべての米国企業があそこで組み立てるから。
LGは思ったより大したことないね。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事