韓国の反応

韓国人「日本が“韓国の旭日旗攻撃”を分析した結果・・・」

Image:daum cafe

 

韓国の旭日旗攻撃の開始はノ・ムヒョン左派政権の教育のせい

「旭日旗に対する韓国人の反感は、2010年以降に大きくなりソーシャルメディアが広がり始めた時期と一致する。」

「韓国内の漸増する反日感情は2003-2005年に執権したノ・ムヒョン左派政権によって引き起こされたと見ている。」

「ノ・ムヒョン政権は植民地時代に日本に協力した親日派の資産を差し押さえながら歴史問題を政治問題に変えた。」

(注:親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法の話をしているようだ)

「この時期に現代史を勉強した一部の若者たちは、日本叩きの新たな象徴として旭日旗を標的としつつ自分たちの反日情緒を強めたのだろう」

https://the-japan-news.com/news/article/0006245687

 

ジャパン・ニューズ(wikipedia

The Japan News(ジャパン・ニューズ)は、読売新聞東京本社及び読売新聞大阪本社が発行する日刊英字新聞である。毎日デイリーニュース(毎日新聞社)が休刊して以降、日本の大手新聞社が唯一編集・発行する日刊の英字新聞となった。

 

韓国人「韓国政府も旭日旗は問題ないと認めてしまうwwwww」Image:dcinside Image:dcinside Image:dcinside コレコレ、何なのコレwwwww ...

 

References:daum caferuliwebtheqoo

おすすめ記事

韓国の反応

???
反日教育は元はと言えば右派教育なんだけど?(汗)
はぁ、よく吠えるね。
うわ、自由韓国党(野党)と論理がまったく同じだね。
だからあいつらは自由韓国党が好きなんだよwwwww
自由韓国党の担当者と会議をして記事を書くようだ。


とあるメディアがよく言ってたことなんだけどwwwww
何ふざけたこと言ってるんだ?
うん、扇動の結果なのは事実。
90年代半ばまでは、旭日旗には何の興味もなかった。
正確に言うとキム・デジュンが日本文化開放して、その中で反日商売をした左派たちの扇動の結果だ。

[amazon_link asins=’4794223870′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’f739e62b-bc5a-4d57-9733-04f9b4575afa’]

 

 

はぁ、本国から指令が降りてくるんだな。
そのうち同じことを話し出すイルベ野郎を見ることになりそう。
ははは、慰安婦も黎明の瞳というドラマ以降に膨れ上がった。
その時は何も分からなくて挺身隊と呼んだ。それが10年ぐらいか?経った後に労働である勤労挺身隊というのを知るようになった後、慰安婦という単語を使った。
ははは、パターンがあまりにも分かりやすくて、とんでもない話をするwwwww


 

 

ノ・ムヒョン政権の時が韓日関係一番良い時じゃなかったか?
ノ・ムヒョン大統領は日本の放送に出て演説までしたけど。

[amazon_link asins=’4801303137′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’78ab1eeb-c21b-4868-b90e-22997c4792e7′]

 

日本は相手しない。
wwwwwマジでヤバイんだけど。
お前らの教育のせいであって^^
正しい教育をちゃんとしろ。
言ってることがイルベ野郎と同じなんだけどwwwww
良い教育だった。
日に日に理由のある嫌日ばかり増えていく。


それまでしてなかったのが問題であってwwwww
バカな奴らwwwww
バカすぎるでしょ。
はぁ・・・分からなければちょっと学んで。無知すぎる・・・。

[amazon_link asins=’B00H4LIL3G’ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’62359c5b-e571-4213-8ce0-03a92824874d’]

 

おー、左派政権が教育をきちんとしたね。
これ。


 

 

日本が教育を受けていないんでしょ。
あいつらは本当に何かちょっと勘違いしているみたい・・・。
左派云々するのがマジで誰かさんとそっくりwwwww
お前たちが教育でもきちんとしろよ。
無知すぎて相手にするのもしんどい。
お前たちの右傾化が一番の問題。
あなたたちも歪曲しないで教育をちゃんとしてください。

急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事