韓国経済

韓国人「NO日本運動+新型コロナで韓国LCC4社が無給休職へ 旅行会社も廃業に危機に・・・」→「旅行会社に勤めているけどマジで死にそうだよ・・・」

 

新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)事態が拡散し、国内の航空・旅行業界が直撃弾を受けた。昨年、NO日本運動に続き今年に入って中国路線運航まで事実上途切れ国内6つの格安航空会社(LCC)のうち4つが無給休職に入った。中国と東南アジアへの旅行客が急減し旅行会社も廃業の危機に追い込まれた。

11日、航空情報ポータルシステムによると今月1日から9日まで国内6つのLCCを利用した旅客は100万8843人と集計された。1年前の同じ期間(164万5970人)より39%減少した。

200席以下の航空機で中国、日本、東南アジアなど短距離路線を運航するLCCは昨年、日本路線を逃し大挙赤字に転じた。国内最大LCCのチェジュ航空は昨年329億ウォンの営業赤字を出したとこの日発表した。ティーウェイ航空(-192億ウォン)ジンエアー(-491億ウォン)エアプサン(-500億ウォン推定)なども次々と赤字転換した。2018年2000億ウォンを超える営業利益を出したこれら4つの上場LCCが昨年1500億ウォンの赤字を出したのだ。

LCCは今年に入って中国と東南アジアなどに目を向けて実績の改善を狙ったが武漢肺炎という伏兵に出会った。済州を行き来する旅客需要さえ激減し「飛行機を飛ばすところがなくなった」という嘆きが出ている。済州航空、ティーウェイ航空、イースター航空、エアソウルは、従業員に無給休職の申請を受け付けている。国内旅行会社の連鎖倒産の懸念も高まっている。ハナツアーとモードツアーは、人件費を削減するために勤務時間を短縮した。レッドキャップツアーなどは希望退職申請を受け付けている。

http://naver.me/GlYQpRn0

 

References:theqoo

おすすめ記事

韓国の反応

格安航空会社は東南アジアまであんな風だから大打撃を受けるしかない(泣)
私それなりに名のある旅行会社に勤めているけど、うちも3ヵ月間推移を見守ると言って有給強制的に回しているところ(泣)
もともとは有給も使えないほど忙しかったのに今は無給休暇も受け付けると言うし
毎日出勤して払い戻しばかりしているから社員たちも発狂しそうだよ(泣)
私の友達も有名LCCで勤めているけど
毎回無給休暇取れと言われて本当にどうしようと言ってたよ(泣)
はぁ・・・どうするのか・・・。
私の知り合いも有名LCCで勤めているんだけど、2月から有給で3月は無給休暇に入るみたい(泣)
海外旅行に行くと無給休暇させる会社もあるし、空港自体が危険なところだと認識されているから・・・。

[amazon_link asins=’B07VBM91JB’ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’b715506e-f366-4cd0-82f2-7504e79319ab’]

 

私も旅行会社で勤めているんだけどマジで死にそうだよ・・・。


航空会社で勤めている私、無給休暇行き。
航空、旅行会社は当分抜け出すのが難しいと思う。
私の知り合いもLCCで勤めているけど、NO日本運動が始まってから8ヵ月間休んでいるよ(汗)

 

 

人口も多くないのにLCCばかりできたときからみんな思ってたこと。
NO日本+コロナで状況が悪くなって想像以上に早く表面化しただけでしょ。
LCC多いのに肝心のLCCのメリットである価格はちびちびずっと上がり続けると言ってたじゃん。
個人的にはチェジュ航空潰れてほしい。
潰れたらそこの職員たちをお前が全員雇ってあげるのか?
ほんとバカ(笑)潰れたら全員お前が雇えよ。


 

 

泣。
旅行会社で勤めているけどキャンセルは相変わらずで新規は全くなくヤバイよ・・・
うちも有給消化強制的にして、さらに深刻になれば無給休暇に入る(泣)

 

 

結局、政治的な論理のせいで招いた結果であって。
コロナウイルスが不可抗力だけど。
は?
安倍に問い詰めて。

[amazon_link asins=’4413045408′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’1fb7ea3a-1f0b-4a8d-8f08-ccc7b2459e9c’]

 

はぁ・・・。
どうすんの(泣)

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事