韓国企業

韓国人「LGディスプレイ、大幅な赤字に転換」→「国産化したとか言ってたのに赤字wwwww」

 

LGディスプレー、昨年の営業損失 1兆3594億ウォン(約1232億円)・・・大幅な赤字に転換

LGディスプレイが昨年1兆3594億ウォンの営業損失を記録したと31日発表した。 2018年(営業利益929億ウォン)と比較して大幅な赤字に転換されたものである。昨年の売上高は23兆4756億ウォンで前年比3.54%減少した。

昨年第4四半期は、売上高6兆4217億ウォン、営業損失は4219億ウォン(当期純損失1兆8171億ウォン)を記録し売上高が前年同期比8%減少した。当期純損失が1兆ウォンを超えたことについてLGディスプレイの関係者は「OLED照明事業撤退の決定に伴う損傷2000億ウォンとP-OLED事業環境の悪化要因を反映した1兆4000億ウォンが損傷処理された」と明らかにした。

LGディスプレイ最高財務責任者(CFO)ソ・ドンフイ専務は「資産の損傷の処理に応じて負債比率が一時的に高くなったが、これをピークに徐々に改善されるものと見られる」とし「LGディスプレーは、P-OLED事業運営のための戦略の方向性を一貫して維持して成長基盤を着実に築いていく」と述べた。

http://naver.me/xtFf3yX8

 

References:theqoo

おすすめ記事

韓国の反応

あいつらはなんで常に赤字なのかwwwww
いくら韓国人がLGを称賛しても結局世界的に選ばれて売れるのはサムスンだね。
ムン・ジェインじゃなかったら200兆ウォンの黒字はあったと思う。
うん、ムン・ジェインの効果は確かだね(笑)

[amazon_link asins=’4908117659′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’767f2caf-af42-4c4b-b43f-91a752b754c5′]

 

中国にすべて与える。技術まで与える。
LGよ、頑張って・・・。
中小企業が仕事がない理由があるね。


友達ここで勤めているけどかなり大変みたい。
はぁ。
だから坡州地域の景気が滅びる。

韓国の坡州市にLGの工場があります

 

サムスンが小・中型OLEDが良くてLGが大型OLED良いんだけど
大型OLED市場自体が最近まったくだから・・・。
ぶっちゃけ大型OLEDは焼き付けという致命的欠陥のせいで事業性が見えない。
小型は交換周期も短くて焼き付けが起こってもかえればいいけど数百万ウォン~数千万ウォン(数十万円~数百万円)で焼き付けが起こると考えると意欲も出ない。
OLEDTVは本当に焼き付けのせいで購入意欲ができない。
画質がきれいなのは分かるけど、スマホじゃあるまいしテレビで焼き付けが起こったらどうしろと。
家電はほとんどLGで統一してるけどテレビは焼き付けが解決するまでは買う気はない。


ニュースやYouTubeではいつも愛国心だけ見せてたけど現実は・・・日本も韓国も本当に。
LGディスプレイが赤字が出た理由は中国の低価格攻勢が最も大きく
中国で自国ディスプレイ育成のために補助金をめちゃくちゃ出している。
LG頑張って!
ムン・ジェイン「景気は悪くない」
さっさと事業をやめろ。続けるほど赤字が膨らむぞ。
これもすべてムン・ジェインのせい。


企業が滅びれば政治のせいで、企業がうまくいけばオーナーのおかげなのかwwwww
LGのテレビは良いんだけどね。65インチ2回購入した。個人輸入で。
家電は確実にLGが世界的に認められているけど、その他の事業はあまり・・・。

[amazon_link asins=’B07Q9C5KR9′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’cb980b97-98fb-4fe4-bc0f-684980ac8a3b’]

 

世界的なOLED生産技術を持っているのに赤字だって?
希望退職を募って大規模構造調整中です・・・。
日本のディスプレイが韓国に負けて滅びたように
韓国も中国に負けて滅びるんだね・・・
14億人の内需効果に価格で勝負してくる相手に対して耐えることができるのか。


それでもLGは中国を放棄できませんwwwww
中国に工場を作って滅びたんだ。知っている人はみんな知っている。
日本から安く輸入していた素材を高いお金で輸入したり作ったりしてるからみたい。
国産化したとかふざけたことを言ってたのに赤字1兆3000億ウォンwwwww
スマホの投資をやめろ。
誇らしい韓国ディスプレイの実績(笑)

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事