韓国の反応

韓国人「“中国人入国禁止要請”の請願が50万人を突破」→「バカがあんなに多いのか・・・」

 

いわゆる「武漢肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルス感染症の拡散と関連して中国人の一時的な入国禁止を要請した青瓦台国民請願が50万人を突破した。

今月23日「中国人入国禁止要請」というタイトルで上がってきたこの請願は28日午前8時16分現在51万人以上が同意した。請願がこれほど同意を得ることは極めて稀なことである。要件を満たして(一ヶ月間20万同意以上)回答された135個請願のうち50万同意を超えたケースは7件に過ぎなかった。

該当請願人は「中国発のコロナウイルスが広がっている」とし「北朝鮮さえも中国人の入国を禁止するのに春節期間の間でも一時的入国禁止を要請する」と明らかにした。続いて「すでに韓国に上陸した後では遅くないですか」とし「先制的措置が必要だ」と強調した。

中国人の入国禁止を要求している請願はこれだけではない。「中国から始まった武漢肺炎コロナウイルスが韓国で広がらないようにしてください」というタイトルの請願は「どうか中国人が韓国に観光に来れないように制裁して韓国国民も中国に出航できないようにしてください。国民の安全がかかった問題」と憂慮した。

http://naver.me/FDD3W7ja

 

韓国人「中国人入国禁止要請の請願が30万人を突破するwwwww」 中国発コロナウイルスが広がっています 北朝鮮さえも中国人の入国を禁止するのに 春節期間の間でも一時的入国禁止...

 

References:theqoo

おすすめ記事

韓国の反応

入国禁止すれば誰が密入国を監視するの。
入国禁止を賛成する人たちは、ただ一寸先だけ見ているみたい・・・。
こんな請願に50万人もだなんて。
はぁ。
バカがあんなに多いのか・・・。
韓国を北朝鮮のようにプロジェクトどこが転がすのか。
団体で理性を失い自ら近代的な民主国家であることを放棄しようとしているように見える。


すごく怖い・・・マジでみんな考えが浅すぎる。
日本のネット右翼の話を見て本当に情けないと思ったけど韓国も大差ないみたい・・・
人の生き方ってみんなそうみたいだ。本当に情けない。

[amazon_link asins=’4163911588′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’bfd37fd9-82ee-48e9-b17a-0f60b2c4358b’]

 

バカがあんなに多いなんて。
中国人が嫌いなのは分かるけど北朝鮮じゃないんだからwwwww
団体で狂ったみたい。マジで。
日本には態度を崩さないたムン・ジェインは中国には限りなく崩れ落ちるね。


親中売国奴。
14万人の入国者たちからすぐに追放しろ。本当に災難だ。
マレーシアは入国禁止にするようだったけど?
すでに武漢から仁川に数千人入ってくる・・・中国の金持ちたち・・・。
反日を叫ぶときは大統領が先頭に立って対国民ショーを繰り広げておいて
今は国民に向かって手をしっかり洗えと言う。そんなに中国が好きなのか?
国民は日本も嫌いだけど中国も嫌いなことを知らなければならない。
感染者が全国に広がっているというのに
政府を信じて不安を抱くなと言うムン・ジェインは本当に稀代の詐欺師だ。
文大統領「政府を信じろ」【新型・武漢肺炎】 [速報]文大統領「武漢肺炎、政府の対応を信じて過度な不安を抱かないで」 ムン・ジェイン大統領が旧正月連休3日目の26日、い...


フィリピンの足元にも及ばないムン・ジェイン。
お前にとって国民はお金を出す機械か?
国民請願wwwww
世論扇動用でたくさん使っておいて自分たちに不利なものはシカトするんだろ?wwwww

[amazon_link asins=’B07JN46V48′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’1b8504a9-ffee-4a07-b7d2-e34da1438760′]

 

マジで吐き気がする。なんで何も言わない・・・。
自国民の保護が優先であって中国と北朝鮮にはすごく寛大だね。
いくら韓国が弱くてもこの事態だけは中国に強硬に対応しなければならない。中国人の入国を禁止にしろ!
東京肺炎だったらすでに入国禁止にしてたと思う(笑)

急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事