韓国経済

韓国人「“韓国経済”第3四半期の成長率は速報値と変わらず0.4%、GDP物価はここ20年で最大の下落幅に・・・」

 

今年第3四半期の経済成長率が前期比0.4%と暫定集計された。物価水準を意味する経済指標は、通貨危機以降、20年ぶりに最大幅で減少した。

韓国銀行は3日に発表した「第3四半期の国民所得」暫定統計では、今年の第3四半期の実質国内総生産(GDP)の伸び率は、前期比0.4%を記録したと述べた。10月に発表された速報値と同じだった。前年同期比増加率も速報値と同じ2.0%と集計された。暫定値は速報値推計の時含まれなかった10月の経済活動指標を反映して算出する。

速報値と比較してみると建設投資(-0.8%ポイント)は下方調整されたのに対し、民間消費(0.1%ポイント)と総輸出(0.5%ポイント)は上方修正された。

実質国民総所得(GNI)は前期比0.6%成長した。前年同期比では0.4%増加した。 GNIは、国民全体が国内外で稼いだ賃金、利子、配当などすべての収入を合わせたものである。

国民経済全般の物価水準を意味する国内総生産(GDP)デフレーターは第3四半期に-1.6%を記録した。これは、通貨危機直後の1999年第2四半期(基準年2010年)-2.7%以来最も低い水準だ。下落期間でみると、昨年第4四半期(-0.1%)以後、4四半期連続下落した。

GDPデフレーターは、名目GDPを実質GDPで割った値で、我々の経済で生産された商品とサービスの総合的な価格水準を示す経済指標だ。消費者に密接な物価だけを測定する消費者物価指数とは異なり国内で生産した輸出品と投資材などを含む国民経済全般の総合的な物価水準を示す。

http://naver.me/xPwh8obh

 

References:theqoo

おすすめ記事

韓国の反応

はぁ。
うわぁwwwwww

 

 

えぇ、米中貿易紛争のせいです。
韓国銀行の報告書見ても米中貿易紛争を主な原因に挙げているけどとんでもないね。
うん、最大の言い訳がそれじゃん。

[amazon_link asins=’4908117578′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’08bf1a98-6165-45ac-8b02-2fae66dd4ed1′]

 

 

それでも経済は問題ない。ぶつぶつ。
外部要因に比べてよく持ちこたえているのは事実で、米中貿易紛争のせいで国内外がみんなそのように分析しているところなんだけど?


 

 

成長が困難な時でもあるし、内外的に爆弾が多いときでもある。
私たちはドルを刷る国でもないし、何か解決策を見つけるのが難しい。
物価まで落ちればほとんどデフレ水準じゃないの?
朝のニュースで物価蓋日上がっていて、デフレではないと言ってたけど?
対外的に経済サイクルが下降局面に入っているのは合うけど、その渦中に経済政策をめちゃくちゃにしておいて生活がさらに厳しくなるwwwww
低成長に入って久しい・・・まだ分からないバカはいないでしょ。
経済を台無しにするのもいい加減にしなくちゃ・・・
所得分配主導の成長が可能だと言いながら低成長経済を作って。
どうせ私たちは何をしても答えがない。
国が傾いて難しくなろうが、経済が栄えようが、私たちの財布に入ってくるものはない。
そのままなんとか食べて暮らすんだよ。
勤労所得以外の所得がなければ誰であろうと何をしても希望がない(笑)


めちゃくちゃな経済指標しか出てこないな。
任期がまだ2年以上残ってる。
能力のない人間は退陣が答えだ。
数十年間積み重ねてきた経済を台無しにするムン・ジェインの実力がすごい。
一体何を見て韓国経済が上手くいってると言ったんだろう???本当に男版パク・クネだな。
私は腐敗していたチョン・ドゥファン、ノ・テウの時の方が暮らしやすかった。
不正腐敗より恐ろしいのが無能政権だ。
北朝鮮のGDPと同じように合わせていくんだね~キム・ジョンウン万歳~(笑)

[amazon_link asins=’481911347X’ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’5e0a5244-63c2-4f62-96f6-903e456b471c’]


デフレ確定、IMF確定。
今度はどんな言い訳をするのかな。
住宅価格は過去最高~経済は最悪~左派政府の限界。
今年の経済成長率1.5%前後確定だね。
2年半で半分にするも能力ではある。
統計が0.4%なら実際は-4%だと予想。嘘政府。
20年前に回帰した歴代級無能野郎(笑)
本当に最悪だ。

急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事