韓国の反応

日本人「韓国人はケチ、金にならない、日本旅行ボイコットは長い目で見れば日本のためになる」→韓国人「」

 

日本のメディアが対韓輸出規制以降、韓国人観光客が減少しているという事実を認めながらも「長い目で見れば、日本に利益」という形の報道を出した。一方、日本観光業界では「現実的に影響が大きい」という懸念の声が着実に出てきている。

日本のITメディアは10日「韓国人観光客の急減が長い目で見れば、日本のためになる理由」というタイトルの記事で「韓国人観光客が減ることは悪いことばかりではない。長い目で見れば、日本のためになる可能性が高い」とし「日本が観光大国になる方案を考えてみると自然にそのような結論が出る」と主張した。この記事はこの日の午前基準ヤフージャパンのランキング1位に上がって大きな呼応を得ている。

「韓国人はケチで日帰り観光客がほとんど」だとしながら、お金にならないとも主張した。ITメディアは「長崎県特定有人国境離島地域の地域社会の維持に関する計画」報告書を引用して「韓国人観光客は、宿泊を伴わない日帰り客が多く、1人当たりの観光消費額の拡大につながらない」とし「韓国人観光客が増えるほど、日本の観光業に落ちるお金が減る逆説的な現象も報告されている」と述べた。

続いて「現実的に九州に韓国人観光客が圧倒的に多いため、このような法案が机上の空論だとあきらめている人も多いが、滋賀県などは、タイ人の観光客を狙って、過去3年間でタイ人宿泊観光客数を約15倍に増やす実績を出した」とし「危機を機会に、より成長する好機と考えてみてはいかが」と提案した。

日本の雑誌「現代ビジネス」は、「韓国人が消えた・・・!?韓日葛藤の直撃を受けた札幌の実態報告書」という記事で、先月14日、韓国人観光客が減った札幌の状況を伝えた。札幌のホテルに予約した韓国人観光客のキャンセルが多く、航空路線が減少している内容であった。

しかし、このような現象の背後に楽観論も多いと紹介した。「最終的には日本に戻ってくる」という自信だった。この雑誌は、北海道のお土産店のオーナーの言葉を引用して「韓国人観光客が減っていると実感する。しかし、全く来ないわけでもなく、その中の一部は戻ってくると考えている」と伝えた。このオーナーは「日本を嫌っても日本製品の優秀性と日本料理の味を知っている、それ(政治)とこれ(文化)は別物と考えている人も多い」とし「このような状況でもSNSを通じて「落ち着いたら、また行きますね」と連絡してくれるお客様もいる。しばらく我慢しなければならないですね」と付け加えた。

http://naver.me/G2DEO4i4

References:daum cafetheqoo

おすすめ記事

韓国の反応

危機は事実だろ?wwwww
ケチでお金にならないのに、なんで危機なの?wwwww
何を長い目で見るのか。途中で中国まで後頭部を殴ってしまえば、残るものがないのに。
韓国人の日本旅行消費額は年間6兆ウォンだよ。お疲れ。
めっちゃ薪を入れてくれるね。

[amazon_link asins=’B0793D24YC’ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c1a3a4db-4136-4ad6-bab0-9d0133c379aa’]

 

 

昨年韓国が日本に行って使ったお金が6兆だぞ、6兆・・・。
それもカードだけで6兆。たぶん統計に出てくることもない現金まで問い詰めれば10兆以上だと思う。
日本では、ほとんどの経費は現金使うから。


 

 

wwwww
韓国人はお金をたくさん使う方に属するはずなのにwwwww
お金にならないのになんで危機だと言うの?wwwww
うん、行きませんwwwww
うん、お互いにとってためになるね。行かないよ。
うんうん、オッケー!
日本の肯定回路はちょっと習わなければならい気がする。
私たちも日本で使うお金が国内で使われたら利益なんだけど。
まあお互い利益だから行かなければいいと思う。


「最終的には日本に戻ってくる」

ないよ。

心配しないで、絶対に行かないから。
精神勝利すごいwwwww
韓国人観光客が来ないのが日本のためになるのならビザ免除廃止しろ。
へぇ、そうなんだwwwww
韓国人たちが来ないから、もうあのように合理化して精神勝利するんだねwwwww
新しいタイプの精神勝利wwwww
うん、分かったからブツブツ言うのはやめて。
絶対に行かない。
薪をたくさん入れてくれてありがとね。

急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事