韓国の反応

韓国人「韓国政府、中国人のビザ発給まで大幅に緩和してしまう・・・」

 

政府がビザ緩和カードを前面に出し外国人観光客の誘致に本腰を入れた。中国に対してマルチビザ(重複訪問可能なビザ)発給基準を「地域」から「個人」に緩和し、2年前に実施する予定だったが延期された東南アジア団体観光客対象トランジットノービザ制度を早ければ来年初めに実施する。

政府は現在、中国13ヵ所の地域にのみ許可したマルチビザ発給を個人対象(中国アリペイ信用格付け優秀者対象)に拡大適用する。政府は現在、中国人観光客の場合、北京・上海・広州など1人当たりの国民所得が2万ドル以上の大都市13ヵ所に限り審査を経てマルチビザを発給している。

今回の措置で13の地域住民ではなくても信用格付けが優秀な個人はマルチビザを楽に発給を受けて韓国を訪問することができるようになる。文化体育観光部の関係者は「発行条件が“地域”から信用格付けが良い“個人”に変わることが核心だ。所得水準とは関係なく信用格付けだけを問い詰めるのはかなり進展した措置」とし「算術的には最大2200万人に達する中国人たちが恩恵を受けることができるようになった」と説明した。

サード事態に続き、日本不買運動まで浮上して韓国を訪れる外国人観光市場が事実上焦土された中、今回の措置はユーカーの「Uターン」を通じて観光産業復活の信号弾になると期待を集める。

http://naver.me/FlWvtziA

 

韓国人「日本、中国人へのビザ発給簡素化(笑)」→「日本不買がかなり効いてるみたい(笑)」中国国営グローバルタイムズは、日本が、昨日(30日)から一部の中国人旅行者を対象にオンラインで観光ビザを申請取得を開始したと報道した。 ...
韓国人「韓国政府、東南アジア団体観光客をノービザで入国できるようにしてしまう・・・」→「マジで幻滅」「今の政府は正気じゃない」 来年からベトナムとフィリピン、インドネシアなど東南アジア主要3ヵ国から韓国を訪れる団体観光客はノービザで国内内陸観光が可能となる...

 

References:theqoo

おすすめ記事

韓国の反応

マジで狂ったん?
はぁ・・・。
いや、なんで。
はぁ・・・そのまま国を明け渡してやるんだね。

 

 

観光客が多くなればいいじゃん。
私は今回の政府はいまいちだけど、これはよくやったと思う。
不法滞在率でも見てこい。


 

 

理由は何なの?
ただ量的に増えたことだけ見せたくてやるんだろ。クソ野郎たちめ。
今はむしろ制限をしなければならないという声が高まっているのに一体何を聞いてるの。
一体誰が売国奴なのか。

[amazon_link asins=’4800299608′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’3a5de81a-0c5d-46c7-8841-6357a0d9be04′]

 

信用等級が優秀な人だけなんじゃないの?
日本は中国旅行ノービザで行けるけど、私たちは何ももらってないのに与える(笑)


任期終了前には不法滞在者が50万人を突破するだろうね。
一体なぜ最近こうなの?(泣)
さらに良くなったんじゃないの。今まで所得だけ問い詰めてビザ与えていたけど、これからは信用等級問い詰めるというんだから。
観光客は信用等級の良い人たちが入ってくればいいでしょ。
でも不法滞在者対策はちゃんとしてほしい。うちの地域は外国人がたくさん入ってくる地域ではないけど、中国人が本当に多い。チャイナタウンかと。
なんでああなの!
wwwwwwwwww

2017年が悔やまれる。クソだね、マジで。


最近中国人、東南アジア人めっちゃ多いよ。
共に民主党(与党)の正体を今になって知るなんてwwwww

[amazon_link asins=’B07JN46V48′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a55f7335-251d-4b46-9398-5518e64431ef’]

 

ムカつく。任期いつ終わるのか。
いい加減にして。
本当にひどいね。
お願いだからやめて・・・。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事