韓国企業

サムスン社長「日本の輸出規制が長期化すればスマホにも影響、来年は危機」→韓国人「」

サムスン電子のコ・ドンジン社長が米中貿易戦争と日本のホワイト国除外など国際情勢の不確実性のためにスマートフォン事業で一寸先も見えない難しい状況だと明らかにした。

コ・ドンジン社長は、ギャラクシーノート10新製品公開後、韓国の記者らと懇談会をして「日本のホワイト国除外に関連して3~4ヶ月分の部品量は確保しているので下半期の新作であるギャラクシーノート10、ギャラクシーフォールドなどの発売には影響がない」と話した。

しかし、コ・ドンジン社長は「4次ベンダーまで考慮すると3~4ヵ月後に起こることについて何が起こるか予測するのは難しい。長期化する場合、影響がないわけがない。」と付け加えた。

コ・ドンジン社長は「社長になってから一度も従業員に“来年は危機”という言葉を使ったことはないが、今年末には(この言葉を)しなければならないようだ」とし「世界経済の低迷と米中貿易戦争による直接または間接的に影響があいまって、一寸先を見通すことは難しい」と説明した。

http://naver.me/x9uQ86fc

References:Twittermlbparkfmkoreafmkoreaclien

おすすめ記事

韓国の反応

ファナックの工作機械のためなのか・・・。

日本の工作機械制裁が出れば?・・・「日本産100%交換可能」

https://m.mt.co.kr/renew/view.html?no=2019070816033433953

 

 

親日派が喜んですぐに転載してくるのを見ろ。
サムスンバイオの捜査は、きちんと進んでいるんですか?

サムスンバイオ家宅捜索 韓国検察、粉飾疑惑で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42512920V10C19A3FFN000/

 

匿名のサムスン関係者を引用した記事より。コ・ドンジン情報技術&モバイル部門長が直接話した言葉の方が信頼性あるでしょ?
サムスン関係者「半導体、スマホ、家電すべて脱日本(素材・部品)を推進中、もう日本が謝っても遅い」→韓国人「マジでサムスンの技術力は認める」[単独]サムスン、日本の素材・部品除外“半導体、スマホ、家電”すべて推進・・・「日本が来て謝ってももう遅い」相当進展 サムスン電子...

 

???「やはり大企業も積弊だ」
サムスン関連の記事の中で匿名の関係者が言ったことは、そのまま無視しなければ・・・
このように実名でサムスンの幹部が話したことは信じるだけのことはあるだろう・・・。
コ・ドンジンも親日派だね(ブルブル)
いや、コ・ドンジンのように言葉を謹んで大変なふりをするのが正解。
すべて国産化するとせわしく立ち回るよりは。
積弊だね・・・。
でも本当に気になるんだけど、世界1位の企業がその程度の代案もなしに事業をしたのか?
サムスンの能力で克服しろ。国の政策に影響を与えようとするな!

[amazon_link asins=’4908117659′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’9e745782-034b-4dea-9c61-9b535f7e1885′]

 

煽るような記事のタイトルは無視してください。危機はすぐにチャンスです。
何なの、すべて国産化可能だと言ってなかったか?
iPhone使う。
だからどうしろと?
だから何?安倍に跪いて謝れと?
サムスンが滅びても韓国はビクともしない。
4次下請けまであったのか・・・。

 

 

日本の輸出規制を問題化しますね。
これも事前に計画されたセリフでしょ?
新製品の発表会で言及すれば全世界に広報もなるからね・・・。

 

 

じゃあ、サムスン製品をあまり買わない戦略を国民がしなければならないですね。
これで一挙両得?
サムスンは危機危機と泣きます。
そのまま呼吸のようなものです。
3、4ヵ月間、サムスンも遊んではいないでしょう。
サムスンが危機なら日本の企業はすぐに破産レベル・・・。
日本と対立するより日本を利用しながら内部の力を育てなければならないのに、
政権維持に命をかけたムンのせいで経済が滅びる。
うん、ムンはそんなこと知らない。
3、4ヵ月ではなく、来年の4月まで耐えなくちゃ。総選挙で勝つために・・・。
普通にみんなで平和に生きることはできないんだろうか(泣)
国内協力会社と一緒に頑張ってほしい。
いつまで言いなりになるつもりなのか。もう自立しなくちゃ。
サムスン頑張ってください!

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事