韓国の反応

韓国人「日本と韓国の貿易戦争って結局どっちが勝ったの?」

 

韓国が勝ったんですか?

日本が勝ったんですか?

 

韓国人「韓国の1人当たりGDP約2000ドル減少、GDPもロシアに逆転されて12位に墜落。一方、日本は・・・」 今日、IMFでデータベース発表したんだけど、韓国は2019年の経済成長率見通しを2.6%から2%に下げて、 低物価...
韓国人「韓国の9月の雇用動向をご覧ください・・・」→「本当に深刻だ・・・」 9月の就業者数34万8000人増加・・・60代以上が38万人 16日、統計庁が発表した「9月の雇用動向」によると、先月の就...

 

References:mlbpark

おすすめ記事

韓国の反応

最初から韓国が勝つという概念はない戦いです。
日本はじっとしているのに特使を送って、親書を渡して、じゃあ誰が勝ったでしょうか?
韓国人「日本に渡した文大統領の親書の内容が判明する・・・」 【速報】文大統領、親書で「日本は北東アジアの平和のために協力する重要なパートナー」 [속보] 文대통령, 친서에서 "...

 

中国?
勝者は中国、ロシア、北朝鮮です。
どちらも損をした戦いです。
安倍ですよ。国内政治で悪材料が相次いで出てきたのに全部葬ってしまう。
貿易は誰が勝ちとかすることではない。
相互利益がなければそもそも始めないのが貿易。
だから両方被害。


お互い殴っているんだから結局何も残らない戦いです。
やられてばかりではいられないから私たちも殴ることをしなければならないです。
私たちが先に頭を下げました。
日本人たちは自分たちが勝ったと思いそう。
日本はじっとしているのに、韓国人やマスコミは一人で精神勝利。
勝敗が出るのはまだまだ先でしょ。
今私たちの方は米国に良く見える名分を積むという側で
日本は米国が味方になるのは確実だと思って強く出てきたことで。

最初から両国政府の性向を見れば天皇即位を起点に時点の好転を望んだのは楽観的過ぎた見方だった。

 

スレ主
スレ主
じゃあ、勝つという表現の代わりに目的達成を成功した側がどこかと尋ねるのが合うようですね。
安倍ですか?

 

両方敗者・・・損害の大きさで言えば日本が敗者・・・。
安倍は数日前に5年間関係改善ないと言ったけど、韓国は首相が直接日本に行きました。
どちらが急いだのか分かるでしょ。
冷静に見るべきです。


韓国は半導体主導権の確保に若干の時間の遅れと大企業の中小企業支援による投資支出が発生。

日本は半導体材料業界の回復不可能なダメージ(今後、サムスンが購入しないと言ったので・・・)と観光小売業の間接被害発生。

サムスン関係者「半導体、スマホ、家電すべて脱日本(素材・部品)を推進中、もう日本が謝っても遅い」→韓国人「マジでサムスンの技術力は認める」[単独]サムスン、日本の素材・部品除外“半導体、スマホ、家電”すべて推進・・・「日本が来て謝ってももう遅い」相当進展 サムスン電子...
韓国人「日本、輸出規制強化後初めてフッ化水素の韓国輸出を許可、サムスンに納品される模様・・・」→「本当に自尊心もないのか」 SBSで速報で出ている。 サムスンに納品予定。 日本、韓国へのフッ化水素輸出許可 規制強化後初めて=...

 

損害の大きさで日本が負けだと見るのは精神勝利でしょ・・・
意味もなく韓国が先に首相を日本に送るんですか・・・。
終わってないのに勝者をどうやって問い詰めるんですか・・・
日本が勝者になるには韓国の裁判所の判決をひっくり返さなければならないし、
韓国が勝者になるにはホワイト国排除を無効にしなければならないし・・・
この目的が達成される前では誰も勝者ではありません。

[amazon_link asins=’4594081436′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c3fb715b-3af3-48be-a756-ba53aa303c57′]

 

メディアや文支持者たちの論理なら今頃安倍が泣きながら謝らなければならないのに
韓国が行って物乞いしている模様。
勝者:ムン・ジェイン、安倍
敗者:大韓民国国民、日本国民

この中で私たちが勝ったと言いながら精神勝利する国民を見ると切ない。
その精神的楽しみで何が良くなり、実質的な利点があるのか分かりません。

目的を達成するには、これで自民党が改憲ライン確保に有利な位置を占めなければならないのに、事実上今回の措置がそれに与える影響はないレベル・・・
つまり目的とは関係なく経済的被害だけが発生する。
安倍も目的が改憲だったから・・・それを達成できなければ損でしょう。
体質改善が成功すれば韓国の勝利です。

急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事