韓国の反応

韓国人「日本、10月の韓国向け輸出23%減」→「たった23%・・・?」

 

韓国内の日本製品不買運動(NO日本)により日本の対韓国輸出額の減少幅が時間の経過とともに、より大きくなったことが分かった。

20日、日本の財務省が発表した貿易統計(速報値)によると、10月の日本の韓国輸出額は3818億円で、前年同期より23.1%減少した。

このような減少幅は9月の15.9%よりさらに大きくなったのだ。日本製品不買運動が及ぼした打撃が拡大されたと分析される。

同じ月の韓国の日本に対する輸出額も減少、前年同期より12.0%減少した2733億円を記録した。

これにより日本が韓国との貿易で得られた黒字は1085億円で、前年同期より41.5%も減少した。

日本の対韓国輸出額の減少は、特に食料品、自動車、半導体などの製造装置の項目で大きかった。

日本産ビールや食品の消費が減り、日本の対韓国食料品の輸出額は58.1%減、乗用車輸出額も63.6%も減少した。また、半導体などの製造装置は49.0%、金属加工機器は50.7%、それぞれ減少した。

一方、韓国の対日本輸出額は、半導体などの電子部品の項目で43,2%減り、衣類及び衣類附属品が25.8%減少した。

韓国との貿易で得られた黒字幅が減少したものの、日本の先月全体の貿易収支は、4ヶ月ぶりに黒字に転じた。

輸出額が6兆5774万円で9.2%減少したが、輸入額(6兆5601万円)減速幅がこれよりさらに大きい14.8%を記録した。これにより貿易収支は173億円の黒字を記録した。

貿易収支が黒字に転じたのは、輸出が回復の兆しを見せはいないが、原油価格の下落で輸入額が減ったためだ。

http://naver.me/5Xk21N8m

 

References:daum cafetheqoo

おすすめ記事

韓国の反応

たった23%・・・?
え、23%しか減ってないの?(泣)
まだ日本はお金をたくさん稼いでいるね。
日本は自給自足しろ。
100%減になる日まで頑張ろう。
さらに減らさなくちゃ。
笑。


これからもっと努力しなくちゃ。こんな風に数字上で努力の結果が知れるのは本当に良いね!
ようやく効果が出てくるということ。油断しちゃダメ。
これまで韓国が日本を養っていたというのを考えると震える。

[amazon_link asins=’4815010706′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’21db08a4-668f-42be-99b8-4d8c2453b051′]

 

私は不買が習慣になる。
さらに頑張ろう!


 

 

対日貿易が黒字に転換されるねwwwww
ありがとうG.G.佐藤の次はありがとう安倍だね。
対日貿易は引き続き赤字だ。
赤字幅が減ったのであって・・・。
このように文字が読めない奴がすごく多い・・・
日本の黒字幅が減ったと書いているのに・・・どうやったら韓国が黒字に転換されたと見るのか・・・。
基本的に韓国が日本との貿易で黒字を出すのは難しいです。
そして、全体貿易は20%以上減少しました。
どうか木だけ見ずに全体の森を見てください・・・。

 

 

日本の核心部品、素材などを輸入して世界に輸出する韓国が日本のものを受けないと嬉しいのか?
韓国の世界輸出量が減ってるのは何も思わないのか?
自由貿易、中継貿易で韓国経済が発展してきたということが分からないのか。
鎖国政策が良いという人は農業でも営んで凶作になれば飢えて滅びろ。
グローバル時代に日本を拒否するのが誇らしいのか。
韓国の被害はなぜ明らかにしない。もっと大きいのに。
日本の総輸出額のうち韓国輸出はどれぐらいを占めるの?総輸出額も減ったんだろうか?


ユニクロは売り切れて大騒ぎ。
韓国は半導体輸出が前年同四半期と比べて7兆~8兆ウォン落ちてるんだけど?
ゴミ記者よ、韓国の現況もちょっと話したらどうなの?
韓国の日本製品不買運動のせいではなく、日本の対韓国輸出規制のせいだ。
もちろん私たちももう日本製品しなければならないだろう。
まだ日本は対韓国の黒字が1兆2000億ウォンもあるので
さらに不買運動に参加すべきだ・・・。
重要な内容はこれのようだけど?

>一方、韓国の対日本輸出額は、半導体などの電子部品の項目で43,2%減り、衣類及び衣類附属品が25.8%減少した。

大韓民国の国民たちはやはり先進国意識!愛国意識!最高だ!
自由韓国党(韓国野党)とその追従性力はイライラしているみたいだね。
私は日本製品買うし旅行にも行く。
グローバル時代に他国と断絶するのは狂ってる。

急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事