韓国の反応

韓国人「一人当たり年間ニンニク消費量、韓国が圧倒的1位というのは嘘だった・・・」→「ニンニクで負けるなんて・・・自尊心が傷つけられた・・・」

 

よく勘違いしているのがメディア及びコミュニティで韓国が大量のニンニクを消費していると伝えているけど、毎年その順位は変わっていて、

絶対量では圧倒的に中国、インド、その後にインドネシア、バングラデシュ、韓国が続いている。

Top Garlic Consuming Countries in the World

1. China (19072K Tonnes)
2. India (1265K Tonnes)
3. Indonesia (496K Tonnes)
4. Bangladesh (390K Tonnes)
5. Republic of Korea (383K Tonnes)

じゃあ、韓国が間違って認識していた一人当たりの消費量はどうだろうか。

Per capita garlic in China was estimated at 13.55 kg/year, much higher than the global average of 1.00 kg/year. China was the leading country in terms of per capita consumption, among the main consumers of garlic, followed by the Republic of Korea (7.62 kg/year), Bangladesh (2.42 kg/year), Indonesia (1.92 kg/year) and India (0.96 kg/year).

2015年まで8年間行われたと思われる調査によると、全世界的に1人当たり平均1kgのニンニクを消費しており、

中国 13.55kg

韓国 7.62kg

バングラデシュ 2.42kg

インドネシア 1.92kg

インド 0.96kg

の順だ。

結論:韓国もかなり消費しているが、いくつかの機関及び団体から一部の統計を抜いて解釈し、誤解を招く情報を伝える。

 

出典:World: Garlic – Market Report. Analysis And Forecast To 2025

 

https://www.otonarisoku.com/archives/53325616.html

 

References:theqoo

おすすめ記事

韓国の反応

バングラデシュは食べ物にどんな変化が起きたからって突然ニンニクの消費量があのように増えたんだ(ブルブル)
中国半端ないね。

 

 

あの上のグラフ見るたび中国がないはずがないと思ってたwwwww
マジこれwwwww

[amazon_link asins=’B0784YXHNN’ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’35989404-7784-492a-a9d1-0e2cc36874f6′]

 

 

「ストリートフードファイター(韓国の番組)」を見ると中国はおかずに生ニンニク入れてたけど。
でもある統計の資料を見ると中国はニンニクの茎のような副産物もたくさん食べて統計から除外するとも書かれていた・・・不思議・・・。


中国は倍も食べるって?wwwww
非公式の人口が多いからなのか。
中国人たちニンニク食べすぎでしょ。
たくさん消費するね。
中国人もかなり食べるね。ニンニクを。
中国の子と食べ物の話をしていて、韓国料理には全部ニンニクが入るんだよ~って言ったら、中国の子が全部そうじゃないの?だってwwwww
中国は絶対量も多くて、一人当たりの量も多いねwwwww


バングラデシュは何事だ。
うわ、それでも人口数比べて考えてみると韓国が1位でも文句なしのレベルだ・・・。
中国すごいね。

 

 

中国はニンニクの副産物もたくさん食べて、中国産キムチ輸出に入るニンニクも統計に入っていると聞いたけど。
これ。

 

 

wwwww

でも中華料理にニンニクがたくさん入る。パッと見ても。


人口比で問い詰めたのが一人当たり消費量なんだけど、
中国も本当にとてつもないけど、韓国もたくさん食べる。
ニンニクで負けるなんて・・・自尊心が傷つけられた・・・。
中国のいくつかの食堂は皮付きのニンニクをそのまま食卓にのせたよ・・・
料理出てくる間、剥いて食べろと・・・。。
中国とてつもないね。
なんかニンニクもっと食べたくなったよwwwww

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事