韓国の反応

韓国人「“不買運動終了のお知らせ”日本タバコのシェアが1ヵ月で元に戻ってしまう・・・」

 

日本産製品の不買運動がタバコ市場にまで広がり、しばらくの間減少したJTIコリア需要が1ヵ月で再び蘇った。タバコの場合、代替材の調達が容易ではないうえ、商標が外部に露出されていないため、周囲の視線をあまり意識しなくてもいいという点が販売反発につながったという分析だ。

JTIコリアはメビウス・キャメル・セブンスターなど20余りのブランドを製造する日系タバコ会社だ。今年7月までに国内の小売市場でJTIコリアは8%台のシェアを維持してきた。

ビクともしなかったJTIコリアのシェアが落ちたのは「ノー・ジャパン(No Japan)」キャンペーンが触発されてからだ。日本政府の報復輸出規制による国内不買運動が長期化し、核心流通チャネルであるコンビニエンスストアで商品陳列を拒否し始めた。一部の愛煙家たちも自発的に趣向を変えてボイコットの仲間入りをした。これにより、8月中旬のJTIコリアの市場シェアは7%台に落ちた。

タバコ業界の関係者は「タバコの場合、忠誠心が高い嗜好品であるため、シェアがたった1%であっても上がったり下がったりすることは異例なこと」とし「以前にも反日問題が浮上したことがあるが、実際の売上高の減少にまでつながったことはなかった」と語った。

しかし、このような雰囲気は長くは続かなかった。 25日、業界によると、今月16日現在のJTIコリアは8%台のシェアを回復した。相変わらず苦戦中である、日本産ビール、自動車、電子機器、衣類部門などとは対照的な結果だ。

業界では、タバコの場合、代替品を見つけるのは容易ではないという点を原因と指摘している。特定のブランドに対する中毒性が強いほど、独自の味と香りの好みを一晩で変えることが非現実的という説明だ。

また、メーカーがどこなのかタバコの表面に露出していない点も主な要因として挙げられる。

http://naver.me/GEWthyj4

References:theqoo

おすすめ記事

韓国の反応

辞めたのに再び吸うのか。
・・・・・。
はは。

[amazon_link asins=’4797386886′ template=’otonarisoku’ store=’otonarisoku-22′ marketplace=’JP’ link_id=’0c7b912d-c8c2-4d91-97d7-0a79f34f7711′]

 

タバコごとに味が違うから簡単に変えられない。
え、あれ日本のものなんだ。コンビニでバイトしているけど、あれマジで買う人たくさんいるんだけど。
マイルドセブン探しに来る人本当に多い。うちのコンビニでは売ってないけど。
うちの店もまだ売ってないね。日本のものは全部片付ける。
タバコを変えるのは難しいでしょ。
私はそれでも一生するよ。


タバコを変えるのは容易ではない・・・愛国者の人たちが変えたけど、また戻ったんでしょう。
それでも一度変えたことはとてつもないことだよ。
喫煙野郎たちwwwww
はぁ・・・この機会に禁煙しましょうよ(泣)
ニコチンも体に悪いし、日本のタバコの味のために放射能まで吸収する必要はないじゃん。

 

 

タバコはそれがおいしくて吸っているものだから簡単に変えることができない。
そして、これがそんなに叩かれることなのか私は分からない。

日本産不買運動するのは自由だけど、しないと非難されるというのはめちゃくちゃ異常だ。

これ。

 

 

タバコの種類はものすごく多いのに、それを変えることができないんだねwwwww言い訳wwwww
タバコを変えるのは難しいんだけど・・・罵るのは違うと思う(泣)
やはり忍耐力のない喫煙野郎たちらしいね。

急上昇


人気記事

コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事