韓国経済

韓国人「韓国はGDP8位まではいけると思うんだが・・・」


48351

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

現在GDPの順位が

米国、中国、日本、ドイツ、英国、フランス、インド、イタリア、ブラジル、カナダ、韓国、ロシア、スペイン、オーストラリア、メキシコの順だけど

ご存知のようにGDPは、人口×1人当たりのGDPだから人口が多かったり、経済成長率が高ければ上がっていくけど、

韓国は、インドの次(8位)まではいけると思う・・・。

韓国より上の国のGDPの状況を見ると、

カナダ:ひとまずGDPが大差ないし、人口が急速に増えることがないうえ、製造業が相対的に弱く経済成長率が大きく増加するのが難しい。少しの運だけ良ければ今年にも逆転可能・・・北米効果は弱点。

イタリア:人口減少傾向で経済成長率も最悪。韓国が約3年程度で運が良ければ逆転可能。欧州効果は弱点。

ブラジル:人口増加率が高いけど、ブラジルのGDPの相当部分である資源発が弱くなっていて経済状態が悪いから韓国が約5年程度で運が良ければ逆転可能。

インドからはあまりにも人口増加率で押されて、格差自体が大きくて難しいようだ・・・。

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
無理です。韓国はすでに落ち始めていて。

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>2
まだ落ちてはないんですけど。
そして、いわゆる先進国の中で韓国より経済成長率の高い国がいくつもないですが。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
カナダ、イタリアは超えると思うけど、ブラジルは、あのBRICsじゃないですか。
成長する国には追いつけないみたいだけど。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
為替差益で今回3万ドル達成したんでしょう。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>5
韓国ウォンがそれだけ強勢だということも成長です。
わざとそうしたのでなければですが。

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
イタリアを除いて人口、領土、資源があまりにも超えられない壁なので不可能(汗)
イタリアも世界の金保有量で3位だったはずです。

最後はなぜかうまくいくイタリア人 (日経ビジネス人文庫)
宮嶋勲
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 97,613

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>7
でも、カナダは数年間成長率が韓国よりも低いですけど・・・。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ところで韓国もまもなく人口減少が始まらないですか?

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>9
韓国も人口減少始まります。これがちょっと心配です。

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
昨年1年間で上流層3万人が移民に行きましたよ。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国は人口増加傾向で経済成長率も良いんですか?
他の食い扶持はあるんですか?

成長の終焉に悩む韓国―週刊東洋経済eビジネス新書No.21
東洋経済新報社 (2018-05-01)
売り上げランキング: 714,469

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>12
韓国もすぐに人口減少が始まります。
経済成長率は先進国の中でも良い方です。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国も見通しが暗いのに、どうやって逆転するのか。

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
さっき調べてみたらブラジルはあまり成長できずにいますね(汗)

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国が後ろにいる国に追いつかれる方がさらに速いみたいなんだけど・・・。

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>16
後ろにいる国の資料をちょっと見たけど、数年はかかると思います・・・。

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
カナダは主力商品がなくて成長率は追いつくようだ。

19.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>18
韓国がカナダより経済成長率が劣ったことがあまりないでしょう・・・。

20.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国も悪くなっているのを考えなくちゃ。

21.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国もイタリアのように落ちる確率が高いみたいで大変だと思う。

References:mlbpark

おすすめ記事



コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。


おすすめ記事