韓国の反応

韓国人「最近、日本行きの航空券があまりにも安すぎるんだが」

47363

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

ひとまず私が今年行ったところと来年3月くらいまで予約したチケットを見ると

広島往復 43,800ウォン(約4,380円):エアソウル

米子(昨日無料イベント) 52,600ウォン(約5,260円)エアソウル

熊本 63,800ウォン(約6,380円):ティーウェイ航空

大分 63,800ウォン(約6,380円):ティーウェイ航空

さらにあのチケットすべてが土曜日出発で、妻と2人で出発です(休みたくさん使うことはできないから)

広島に行くもの以外、手荷物がないのは欠点ではあっても

価格があまりにも安いのを見ると今年+来年3月までは日本ばかり4回行くことになりますね(ブルブル)

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
宿泊が高いから。

僕はLCCでこんなふうに旅をする (朝日文庫)

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>2
宿泊も普通2人7000円台ならビジネスホテルは可能でした。
旅館のようなところに行けばちょっと高いです。
大都市なら不可能だけど、あのすべてが小都市なので、その価格でいいみたいです。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>2
宿泊も釜山と似ています。
交通費を除いてそんなに差が生じることもないし・・・。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>4
それはそうだけど、私は結婚して赤ちゃん連れて行くにはあまりにも狭いから(笑)

ニッポンの一流ホテル&名宿 Discover Japan TRAVEL

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
空港利用料だけでもあのくらい出てきそうですね。

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
宿泊も2泊で10万ウォン(約1万円)前半ならそこそこのところで寝られます。韓国と似ている。

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
米子の方には竹島の話が外せないんだけど、島根+鳥取は不毛の地で観光で暮らしていて、鳥取知事は非常に親韓派だけど、竹島の件を島根に責任をなすりつけて島根県が反発したという説も・・・。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
地方自治体で補助金与えながら航空便誘致するんです。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>9
あ、補助金があるからあの価格になるんですね。知らなかったです。
LCCはあんな価格で売って何が残るのかとちょっと考えましたね。

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
交通費を除いて日本の方が高いものはありません。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
2人往復が6万ウォン台なんですか?

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>12
1人往復があの価格です。
2人は倍にしなければならないですね。
2人週末出発予約可能なほどチケット手に入れるのも簡単だという話でした。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
福島の事故が起きてから日本行きの飛行機がすごく安くなりました。

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
正直、日本は時間さえあれば本当に気楽に行ってこられるので・・・
日本旅行によく行くからといって何か言うのもちょっとあれですね。

死ぬまでに行きたい!世界の絶景新日本編

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
>>15
一日休暇出して土日月の2泊3日で1人30万ウォン(約3万円)ぐらいあれば、特別な観光がなくてもゆっくり休んで来られるようです。
交通の便はレンタカーすれば気楽でした。意外にレンタカーも1日3000円程度で。

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
エアソウルの小都市便、最近ものすごく安いです。

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
オーバーに言うと韓国が日本を支えているようだ・・・(汗)

References:mlbpark

急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事