韓国の反応

韓国人「日本はどうしてこんなに韓半島に関心が多いのか・・・」

40311

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

韓米日協力の影響のため仕方がない、そういうこともあるだろうけど

それ以上に韓半島に関心を持ちますね

昔、朝鮮時代でもそうだし、近代もそうだし

まだその癖が残っているのか

韓国人「最近日本文化ブームが吹いている韓国の様子をご覧ください・・・」→「日本への片思いはやめてくれ!」
韓国人「韓国が日本に片思いするストーカー国である証拠をアップする(笑)」→「現実は日本の方が韓国に対する関心がさらに大きいです」
韓国人「日本語を勉強する人が多い国ランキングをご覧ください」→「日本に片思いする国のランキングだと見ても良いようだ」

参照:http://mlbpark.donga.com/mp/b.php?p=211&b=bullpen&id=201803070014446790

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
覗き見が生活の人たちだから・・・。

客観力-自分の才能をマネジメントする方法 (祥伝社新書133)

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
覗き見症です。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
簡単に言うと中の問題を隠そうと外を利用するんです。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
癖でしょう。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
自分たちの精神勝利自慰用。

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
「私は日本人で良かった」ネタを探すため・・・。

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓半島に目を向けるようにしてこそ日本国内で自分勝手にバカ騒ぎすることができる。

本当は素晴らしかった韓国の歴史 日本が忘れ韓国が隠したがる

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓半島で儲けたこと歴史的に何度もあって
今回も儲けようと備える。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
そもそも地理的に近い国同士では関心が多いです。
韓国と日本だけそうではありません。
日本は近いところが韓国しかありませんwwwww

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本は韓半島を占領するのが最終目標です。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
近い国が韓国しかない。

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
自分たちの経済危機解消と自民党独裁のために韓国でもう一度戦争が起きるのを切に願っています。
とても露骨で鳥肌が立つほど・・・。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本が経済成長をした多くの要因の中で朝鮮戦争のとき軍需物資を韓国と北朝鮮に売りながら利益をものすごく得ました。
今の景気低迷で苦戦している日本に、もし朝鮮戦争が起きたら、経済を生かすことができる機会だと考えているんです。

朝鮮特需(wikipedia

朝鮮特需とは、朝鮮戦争に伴い、在韓米軍・在日米軍から日本に発注された物資やサービスを指す。また在日国連軍、外国関係機関による間接特需という分類も存在する。日本はアメリカ軍の補給基地として重要な役割を果たした。朝鮮戦争勃発直後の8月25日には、横浜市に在日兵站司令部が置かれ、主に直接調達方式により大量の物資が買い付けられた。その額は1950年から1952年までの3年間に特需として10億ドル、1955年までの間接特需として36億ドルと言われる。なお、朝鮮特需によって引き起こされた好景気は特需景気、糸ヘン景気、金ヘン景気、朝鮮戦争ブーム、朝鮮動乱ブームなどと呼ばれた。日本はこの好景気により経済再建の機を掴んだ。

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
100年以内に再び戻ってくると言って
日本の右翼の奴らが策略を進行中で
韓国の自由親日党が付和雷同中・・・。

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
近い国が韓国と北朝鮮しかない。

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
国が滅びる兆しが入って打開策で韓国を見る。

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
虎視眈々と狙うんでしょう(笑)
国民は気をしっかり引き締めなければなりません。
今後、親日党に絶対政権を与えてはいけません。


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事