韓国の反応

韓国人「トヨタは朝鮮戦争のおかげで倒産せずに済んだらしいですね・・・日本の奴らは韓国のおかげで正常国家になったくせに感謝の気持ちが全くないようだ(ガクブル)」

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

破産寸前まで行ったが

日本が米国の兵站基地の役割をしながら

米軍車両の受注をすごく受けて起死回生したと(ガクブル)

朝鮮戦争がなければとっくに倒産してた会社だったそうですね。

YouTubeで映像観ているんだけど

日本の奴らは

戦犯国として亡国寸前まで行ったが

韓国の内戦のおかげで正常国家になったくせに

感謝の気持ちが全くないようだ(ガクブル)

 

第2項 朝鮮戦争による特需の発生 | トヨタ自動車75年史

1950(昭和25)年6月25日、朝鮮半島で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍隊が北緯38度線を越え、大韓民国(韓国)に侵攻した。朝鮮戦争の勃発である。

韓国軍の装備を早急に補うため、戦場に最も近い日本の工業力が利用され、同年7月10日には早くも米国第8軍調達部からトラックの引き合いがあった。トヨタでは、BM型トラック1,000台を受注し、7月31日にトヨタ自工・自販共同で契約を締結した。納入は、翌8月に200台、9月と10月に各400台であった。その後もトヨタは、8月29日に2,329台、翌1951年3月1日に1,350台と合計4,679台のBM型トラックを受注した。金額にすると36億600万円である。

トヨタ自工の業績は、朝鮮特需により急速な回復をみせた。その様子を「第22回事業報告書」(1950年4~9月)は、次のように伝えている。

過去に於て常に経営上の重い桎梏となって居た自動車の販売統制価格が四月中旬撤廃されたので、朝鮮動乱勃発後素材、部品、タイヤ等累次の価格騰貴にもかゝわらず自動車販売価格を改訂することによって随時採算を是正することが出来、需要並に生産の上昇と相俟って、争議解決後、業績は逐月向上するに到った。

トヨタ自工は、ドッジ・ラインの影響で深刻な経営危機に陥り、人員整理にまで手をつけなければならなかったが、朝鮮特需を契機に業績は好転し、新たな一歩を踏み出すことができたのである。

https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/text/taking_on_the_automotive_business/chapter2/section7/item2.html

参照:http://www.ddanzi.com/free/193450002

おすすめ記事

韓国の反応

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
その経験で第二次朝鮮戦争を願っているそうですね(ブルブル)
朝鮮戦争が起これば日本の復興は保障されると(ブルブル)

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>2
ただ言ってるのではなく心から望むみたい(汗)

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>2
北朝鮮と日本が二次戦をして韓国も恩恵を受けましょう。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>4
あら、蜜を吸う音(ガクブル)

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
満州事変も大恐慌が来て日本企業が倒産する状態になったから助けてあげようとして起こしました。

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
あいつらの立場では他国民の血を吸うのもまあそんなもんかという感じだけど
サムスン、現代起亜は自国民の血を吸うからもっと悪い。

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
長期的に見れば、すでに国民の心から離れて難しそう。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本のトヨタ博物館に行ってみたんだけど、すごく良くできていた。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
敗戦後、日本自体が飢えて死んでました。
朝鮮戦争が救ってくれた。

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
三菱・・・朝鮮戦争で蘇った代表的な企業群でしょう。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓半島統一を最も恐れる国。
米国-日本。

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本は韓国のおかげであのように先進国になった。


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事