韓国の反応

韓国人「リンナイって日本の会社だったんだな・・・」→「シェア1位のメーカーです・・・」

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

 

「リンナイ」と書いて、「日本」と読む(?)
http://energy-news.co.kr/news/articleView.html?idxno=41840

ボイラーが良いには良いんだけどすっきりしませんね。

 

参照:http://www.clien.net/cs2/bbs/board.php?bo_table=park&wr_id=50868408

おすすめ記事

韓国の反応

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
え?初めて知りましたね。

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国リンナイは日本リンナイから技術提携のある会社です。
日本リンナイの子会社じゃないです。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>3
本文のリンク記事を読むと最初はそうだったけど
今は100%日本企業だそうです
キョンドンナビエン(韓国のボイラー業者)もあるからリンナイをあえて。

本文リンク記事の一部を翻訳

「リンナイ」と書いて、「日本」と読む(?)

微細粉塵、黄砂が日常化され「洗濯乾燥機」が消費者たちのホットアイテムに浮上している。この中でリンナイコリアのガス式洗濯乾燥機は都市ガス会社に大きな支持を受けた製品だ。

しかし、この製品の原産地は日本だ。現在もすべて日本から輸入されており最近販売量が急増してリンナイの目玉商品になった。一部では「日本製品だからよく売れる」という反応もある。そのためか「日本企業」という言葉に敏感なリンナイもこの問題だけは目をつむる形だ。

リンナイは1950年に設立された日本のガス機器メーカーだ。売上高2055億9800万円、資産総額は2213億1300万円に達して従業員数だえでも3629人(2014年3月31日)に達するグローバル企業だ。

日本の他にも16ヵ国と地域にブランチを持っている。その中でもリンナイコリアは最も成功したモデルに選ばれている。

1974年リンナイコリアは49:51の持分構造の合資会社で出発した。もちろん日本の持分が51%を所有、支配株主だったが2000年代中盤までリンナイコリアは日本と独立した会社だった。

しかしIMFを経て流入した借入金は会社の持ち株で代替し結局2012年にはカン・ウォンソク代表が保有した0.4%の持ち株さえ放棄し100%日本企業に変貌した。

リンナイコリアの吸収背景をほとんどが創業主一家の経営不振としてとらえるが一部では「リンナイ本社の計算された動きだった」という疑惑を提起したりもする。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
何がひっかかるんですか?
リンナイ、シンドリコー、問い詰めて見たら日本から入って来た製品たちはたくさんありますよ。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>5
ポカリスエットもあるでしょうwwwww

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>5
ロッテwwwww
あ、ロッテはただの日本企業でしょうか?

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>7
シン・ドンビン「ロ・・・ロッテは韓国企業です」

シン・ドンビン(重光昭夫)
韓国ロッテグループの会長

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>8
シン・ドンビン「ロ・・・ロッテは韓国企業です」
ロッテ翻訳機(韓→日)「ロ・・ロッテハニホンノカイシャデス」

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>5
シンド
リコーは
分離されてからずいぶん経ちます。

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
おかげでぼったくらないです。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
だけど、国産キトラミ(韓国のボイラー業者)よりは引っかからないんじゃないですか?(笑)

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
キョンドンナビエン。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
シェア1位のメーカーです・・・。

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ロッテボイラーもあります・・・。

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
キトラミは本当におすすめしない。愛国心で物を買う時代は終わりましたよ。

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
性能が良くてアフターサービスが良いことで噂になっていたけど理由があるんですね。


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事