韓国の反応

韓国人「6月末オープン予定の日本式家屋をご覧ください」→「すごい、日本に行った気分になりそう」

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

43247

文化財庁

釜山水晶洞の日本式家屋(旧 貞蘭閣)の門が開きました!こぢんまりしたドアの後ろに異国的な空間を有しているそうです。
6月末からゲストハウス + カフェで運営予定です。9~18時開放*休みなし

貞蘭閣
1939年に日本人の資産家が建てた2階建ての家屋。
日本統治時代には釜山鉄道庁長(日本人)の官舎として使われ、その後料亭に変わりました。

韓国人「ソウルの繁華街に続々と入っている日本風の建物についてどう思われますか?」→「マジでイヤだ、日本植民地時代に戻った気分だ」
韓国人「日本が朝鮮を占拠したのは植民地支配なのか併合なのか」
韓国人「日本統治時代の馴染みの企業たちの紙面広告をご覧ください」

参照:http://theqoo.net/square/272880480

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
すごい、日本に行った気分になりそう。

美しい日本の邸宅

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
水晶洞なら釜山駅からもう少し行った距離だね。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
映画の撮影現場みたい。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
なぜあえて日本式で作る???

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>5
文化財です。

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>5
文化財だから(笑)日本植民地時代に建てられた家屋のはずだ。群山にもある!

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>5
もともと日本式家屋じゃないか。解放前からあった。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
こんなのがどうして文化財?

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>9
建築学的や歴史的に価値があるから?

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>9
文化財庁は2010年、日本の圧政と収奪の歴史を忘れないために
この建物と残った敷地を購入して2012年文化遺産国民信託に管理を任せた。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>9
日本植民地時代も韓国の歴史。この建物がその歴史を含んでいることから文化財。

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
保存ものすごくよくできてるね。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
何だろう。学校がこの町内だったのに初めて見る・・・ㅇㅂㅇ

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
群山にある広津家屋の感じだね!あ、ちなみに日本植民地時代に日本人の地主が住んでいた家です。近代文化遺産だ・・・。

旧広津家屋/旧ヒロス家屋

http://www.seoulnavi.com/miru/2004/

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
木造の感じが良い。

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
おー、行ってみたい。

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
一度行ってみなくちゃ。

19.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
本当に日本のようだ。

20.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
こんなのが何の文化財だ。

21.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>20
文化財専攻する学生なんだけど、こういう意見は情けなく見える。
感情的に否定的なのはどうしようもないけど韓国で実際にあった歴史を丸ごと否定するの?(笑)こんなことだなんて・・・あまりにも断片的にだけ考えているみたい。

22.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
苦々しい(泣)

23.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
浦項にもあんなのがあるんだけど、その一体の地域で着物を着る体験みたいなのをして議論になっていたじゃん。
日本植民地時代を懐かしむわけでもないのに着物体験を何故するのかと。

24.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
このようなものも残しておかなきゃ・・・日本の残滓だといって無条件でなくすのではなく・・・これも(マイナス的な)文化的な価値があるのに。
ここでドラマや映画を撮ることもできるんだし~。


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事