韓国の反応

韓国人「日本が自国産ステルス機の試験飛行に成功・・・一方韓国は(ブルブル)」

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

43125

韓国防衛産業は軍納不正でめちゃくちゃなんだけど・・・ブルブル

日本の兵器輸入してきて使う日がそんなにしないうちに現実化するみたい(ガクブル)

https://youtu.be/lzllH2QNwUE

韓国人「ここ数年間、日本の技術力を無視していたけど知ってみると・・・」→「知れば見えてくる」「日本を無視する国は全世界で韓国だけ」
韓国人「日本海軍最新鋭のそうりゅう型潜水艦の訓練映像(ガクブル)」→「すごいですね・・・」「海軍力は世界で米国の次が日本です」
韓国人「日本海軍がアジア最強ってマジなのか!?」→「海上自衛隊はアジア最強です」

References:slrclub

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国の防衛産業は不正よりは産業構造自体が問題です。

心神vsF‐35―空自次世代戦闘機と世界のステルスファイター

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本の軍納不正はもっと有名です。
日本の軍需産業についてよくご存じの方たちは全世界で最も非効率的である軍納システムだと口をそろえました。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>3
あ~大韓民国無視するんですか?
本当に暴かれたら日本は韓国の後頭部も見上げられないと思いますよ。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
程度の差でしょう。
全世界で軍納不正がない国はないとみてもかまわない。
武器は定価がない。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
あちらも侮れません。不正も不正だけど構造上規模の経済が実現がならないから価格が高騰する。
あいつら小銃の価格が韓国の小銃の5~6倍したと思う。

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>6
少なくとも韓国のK2小銃よりは耐久性、品質面で5~6倍はさらに良いみたい・・・。

K2 (wikipedia)

K2(ケーツー)は大韓民国が、M16A1(603K)の後継として制式採用された5.56mmアサルトライフルである。

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>7
最近の小銃は大して差はありません。どうせ全部M16の改良品です。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本が1945年に敗戦しなかったら米国よりも先にステルス生み出したような気がします。

韓国人「第二次世界大戦の時、日本海軍の戦力はとてつもなかったそうですね」

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
あいつらはもともとオリジナル技術が良いじゃないですか・・・
人工衛星も飛ばすんだけど・・・。

韓国人「日本、H2Aロケット30号機打ち上げ成功(ガクブル)」→「やはり先進国は先進国」
韓国人「韓国製ロケットの真実」→「到底信じられません」

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
あ・・・ステルス機の動画ですか?

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国は不正がなくても技術力で日本の相手になれないです。
技術もなくて資本力でも相手になれないです。
日本と韓国を比較するという自体がバカげたことです・・・。

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>12
大韓民国の90%の方がこれを知らないでしょう・・・(泣)
日本人たちはおもしろくもないと思うでしょう・・・私たちを国家とでも思っているかもわからない・・・。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本・・・初のステルス機テスト飛行成功しましたね・・・。

もちろん世紀のクソ野郎企業三菱で作る。
あいつらはジェット旅客機も成功してて・・・
米国、ロシア、中国に続いて友人ステルス機も世界4番目に成功・・・。

開発費用は

約4,155億ウォン

約4,155億ウォン

約4,155億ウォン(約402億円)

韓国人「日本が自国産ジェット旅客機を発表」→「韓国とレベルが違いますね・・・」

「心神」が初飛行 開発費394億円の国産ステルス機【画像集・動画】
http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/22/shinshin-first-flight_n_9755326.html

References:ppomppuclien

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国は川底に22兆ウォン(約2.1兆円)ぶち込んだんだけど^^

朝鮮半島大運河 (wikipedia)

朝鮮半島大運河(ちょうせんはんとうだいうんが)とは、韓国が計画している大規模な運河の建設計画のことである。最終的には、韓国と北朝鮮を結び、船で行き来できるようにする。韓国においては、主に韓半島大運河(韓国語:한반도 대운하(ハンバンド テウンハ/かんはんとうだいうんが))と呼ばれている。
2007年の韓国大統領選挙において、議員時代からこの構想を持っていた李明博が公約のひとつとして表明。李明博が大統領選挙に勝利したため、2008年現在、計画が具体的に動き始めるかにみえたが、国民の反対が大きく、また技術的に困難な事などから、2008年6月に計画は事実上白紙撤回された。

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>15
うっ(泣)

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本だからまあ・・・、納得がいくという感じですね。

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
あれを作るのに4,000億しかしないんですね・・・はぁ・・・川底。

19.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>18
開発費用で4,155億ウォンだったら今後製造するにはもう少し安いんじゃないですか?

20.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
あれが実際に武装して実戦配備できるほどになるには兆の単位がもっと入るはずです。
韓国は最初から不可能だというのが問題ですけど。

21.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>20
まぁ技術もなければ・・・(泣)

22.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
私たちは小っちゃいT-50を開発するのに2兆ウォン(約1,930億円)近くと聞いたんですが・・・ステルス機の方がはるかに安いんですね?

T-50 (wikipedia)

T-50は、ロッキード・マーティンから技術的支援を受けて韓国が製造した練習機。愛称は「ゴールデンイーグル(골든이글)」(イヌワシ)。

23.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
本当に我々の国は泥棒たちがすごく多いです!

24.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本はロケット推進体も開発して、この前から商業衛星も打ち上げるでしょう。
それも初めてのお客さんが韓国でしたwwwww
戦犯国クラス・・・韓国は射距離制限(泣)

韓国人「日本の改良型H2Aロケットの打ち上げ(ガクブル)」→「商業用発射が可能だからもう最高レベルに達したようだ・・・うらやましい・・・」

25.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本は既存の航空機技術を持っていて開発費と時間が少なくできたんです。

26.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国が4大河川の魚ロボット開発している時に日本は無人ステルス機・・・。

57億ウォンかけたが…川にも近づけない韓国の魚ロボット(1)
http://japanese.joins.com/article/367/188367.html

27.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
あれは文字通りステルス機1機技術実証開発費用です。
実際、戦闘機になるには抗戦装備、武装システムなどをもっと開発して入れなければなりません。
中に入る戦闘機級の部品価格は別です。
それでも思ったより安く作りましたね?(ブルブル)

28.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
技術実証機です。
つまり実践ステルス機を作る前に技術的に可能かどうか実験する機体で
米国のように実戦配備したりロシア、中国のように実戦配備の準備中の機体ではありません。

29.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
技術実証機でしょう。
そして、これまで浴びせた無駄な行為があるからあの費用でできたんです。
とにかくうらやましいですね・・・。

30.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
李明博は川底にステルス物質を塗りつけたのか22兆が消えましたね。

31.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>30
お金がステルスになる・・・ガクブル。

32.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
川底に流したお金は全部誰のポケットに行ったんですか・・・。

33.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
4,000億ウォン???
どうしてこんなに安いんでしょう?
韓国は川に少し触れたら22兆ウォンかかるのに・・・。

34.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
プロトタイプでもなく技術実証機でしょう。
2028年の量産を目標に開発中なんだけど
たぶんお流れになると思います。

その時、量産する戦闘機が現在の中国のJ-20より性能が落ちるんです。
それで米国のF-35の技術移転を受けようとするショーという意見が主流ですね。

35.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
カラーリングがダサいですね。

36.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ステルス機なのに写真に撮られますね。

37.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>36
同盟だから・・・。

38.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
F3作るための実験機です・・・怖いです、日本。

政府、国産ステルス戦闘機「F3」開発へ 戦後初、エンジン製造にめど (1/5ページ)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150317/bsc1503170500010-n1.htm

39.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国のKFXの未来ですね。

KFX(wikipedia

KFX(KF-XやF-33とも)は、大韓民国が開発中の、大韓民国空軍向けの第4.5世代ジェット戦闘機である。

KFXの開発計画は、2001年3月に韓国空軍士官学校の卒業式で、金大中大統領(当時)により発表された。インドネシア空軍も配備を検討している。韓国にとってはFA-50に次ぐ2番目の戦闘機開発計画でありステルス性を重視していると考えられる。
初飛行は、アメリカのF-22 ラプター、F-35 ライトニングII、ロシアのPAK FAなどの第5世代ジェット戦闘機と比べ、他国よりも遅めの2020年代を予定している。配備が決定すれば、2050年代まで使用されることが予想される。
ただし、計画発表の当初より韓国の経済規模で開発が可能なのか疑問視する声があった。2008年1月、韓国の軍事情報誌「DEFENSE TIMES」では、計画が白紙となる可能性が大きくなったと報じている。
韓国とインドネシアは2010年7月15日にKF-X戦闘機の生産協力に合意した。ADD (Agency for Defence Development) による当初のKF-X計画の運用要求は、単座双発でラファールやユーロファイター タイフーン以上、F-35未満のステルス能力を開発することとなっていた。計画の焦点は、KF-16級を超える能力を持つ戦闘機を2020年までに生産することである。 総事業費は開発費8兆5000億ウォン(約8260億円)に加え、量産費9兆6000億ウォンと合わせて総額18兆1000億ウォンが投入される予定である。

40.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国も作ることができると思います・・・いつかは。


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事