韓国の反応

韓国人「日本最高レベル(88)の写真家の作品をご覧ください」

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

43093

西本喜美子(88歳)の自撮り

韓国人「日本で活動している写真家が撮影した日本の写真をご覧ください」
韓国人「娘が好きすぎる日本の写真家をご覧ください」
韓国人「中国の写真家が撮影した北朝鮮の美女をご覧ください」

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
wwwwwwwwww

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
年配の方・・・?

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
おばあちゃんです!見る人ビックリするよ。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
上手。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
自撮り?

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
!?!?!?

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
クソwwwww

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
パワフルなのが気分いいですね。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
車の写真は合成だろ?(ブルブル)

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
なんだ、ただの合成だねと言おうと思ったのに・・・自撮り!?

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
2つ目は車をただ近くにつけておいて急後進しながらすぐ撮ったらああなるんじゃない?

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
最後の写真を見て5年は若くなった気がしました。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
最初の写真はちょっと悲しいですね(泣)

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
自撮りだったwwwww

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
愉快なお年寄りをご覧くださいwwwww

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
このおばあちゃんなんだよwwwww

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
設定(ガクブル)

19.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
極限職業、マネージャー編撮るのかwwwww

20.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
最後かっこいい。

21.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
これ見て正直ビクッとした。

22.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
どうやって撮るんだ?

23.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
最後狂ってるwwwww

24.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
レベル88が最高レベルなの?

25.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
当たり屋なんだけど・・・(ガクブル)

26.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>25
wwwww

27.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
何を表現したのだろう(ブルブル)

28.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
トラック、あれは本当に動かしながら撮ったのか(ガクブル)

29.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>28
後進しながら長時間露光じゃないですか・・・。

30.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
私が知っている、あの自撮りをしたんですか?なんか違うんですが。

31.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
パンニングの面白さにはまるwwwww
あ~おばあちゃん、魅力的だね。

32.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ゼロの領域に入ったことを撮ったようだ。

ゼロの領域(wikipedia

ゼロの領域(ゼロのりょういき、ZEROの領域)は、未来のモータースポーツを描いたアニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』シリーズに登場する能力。OVA『新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO』で初登場した。

人間の知覚の限界を超えた先にある能力とも言われる。感覚が極限まで研ぎ澄まされ、サイバーシステムすら感知できないマシンの細かい挙動を感じ取り、これから起こる事象を予知したり他のドライバーの意思を読み取ったりすることが出来る。
ただし、限界を超えた先の能力であるが故に精神的な負担・消耗も大きい。主人公である風見ハヤトは最初にこの能力が発現した時、それが原因で大クラッシュを起こし一時レースから離れることになった。 ブリード加賀もゼロの領域に足を踏み入れた事があり、かつて共に戦っていた友人を失った経験から、ZEROの領域は人間が自分の意思でコントロールなど到底できない物であると認識しており、ハヤトに能力発現を再三に渡り制止する。しかし加賀の予想に反しハヤトが能力を使い熟す状況を目の当たりにし、自身も能力の封印を解く。
風見ハヤト、ブリード加賀の他、新条直輝も一時的ながらゼロの領域が発現している(ハヤトや加賀のように自由に使うことはできない)。
しかし誤解されがちだが、この能力はアニメの映像上こそ超能力とも取られかねない描写ではあるものの、決して完全な架空の能力ではなく、スポーツアスリートが稀に陥るZONEまたはフローと呼ばれる感覚を福田己津央監督なりに描写したものである。 アイルトン・セナが発言した「コーナーで神を見た」との言葉をヒントにしたとの事で、「ZERO」の由来は「無我の境地」の「無」から命名したと語っている。 近年では様々なスポーツ漫画にも多く登場するようになり(主に「ZONE」の名で登場するケースが多い)広く認知され始めているが、当時は架空の能力だと勘違いする視聴者も居た。 サッカー漫画ファンタジスタの中でも、描写こそ超能力的な画ではないものの、主人公が同様の能力を発揮する場面が多々ある。

・仲間や敵の考えが聞こえる。
・1~2秒先に起こるビジョンが見える。
・周りの動きがゆっくりに感じる。

など、まさにゼロの領域と同様であり、これらは現実世界でも様々なトップアスリートの体験談に存在する。
『新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO』最終話内において、ゼロの領域にある者同士である風見と加賀がゼロの領域の中で会話する場面があるが、描写こそテレパシーのようだがこれも決して超能力ではなく、「ゼロの領域と言う極限の集中の中で、その感覚を分かち合った男同士がお互いの気持ちを共有するかのように解りあえた」と捉えるのが正解である。

33.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
躍動的だ・・・。

34.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
最後のブラーは本当に創造的ですね!力動性を倍加させる!

35.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本の老人待遇に対する社会告発的な作品みたい。

36.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
いつまでも長生きしてください!


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事