韓国の反応

韓国人「日本車メーカー“トヨタ”は本当にすごい企業のようですね」

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

20672

他の自動車メーカーがディーゼルエンジン開発しようとあがいている時

いつ爆発するか分からないハイブリッドに投資

結局トヨタが望む、もしくは願うのは

地球環境汚染問題との妥協でしたね

日本はそんなに情が沸かないけど

トヨタという企業は正直なようですね

韓国人「日本車、新型プリウスの全貌がリーク!これは期待!」→「ダサいから飽きなさそう」
韓国人「トヨタの日本国内モデル“クラウン”をご覧ください」
韓国人「最近日本でよく売れている自動車をご覧ください」→「最高です。韓国では想像もできない車ですね(笑)」「日韓FTAは企業たちが命をかけて防がなければならないようだ」

参照:http://www.slrclub.com/bbs/vx2.php?id=hot_article&no=80018

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
トヨタもブレーキの方でリコールをしたはずです。米国にロビーもものすごい。

韓国人「日本のトヨタ、急発進問題で史上最大の1兆3000億ウォン(約1200億円)の制裁金」

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
正直な企業はありません・・・。この前も米国でものすごい罰金を出しました。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>3
企業の設立目的を知ると・・・この世の中に職人精神(?)正直な企業はないということを知ることができます。

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
知るほど見えるもの。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>4
you win!

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
プッ(笑)

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
現代自動車のコスト削減精神と非正規職の使用はトヨタをそのままマネしたものです。
日本では広告を減らす手法でマスコミを操作していて知ってみると悪辣な企業です。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
私たちには戦犯企業。あまりにも多く韓国人に苦痛を与えました。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
トヨタを見ると時代を逆行していると考えたが
フォルクスワーゲンの不正を見て考えると時代をリードしていくという感じ・・・。

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
世界最高の自動車会社じゃないですか。
販売量もそうだし技術もそうだし。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ディーゼルで勝負できないので突破口でハイブリッドに行ったので正直というのは共感できません。

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
正直な企業(笑)笑っていきます。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
戦犯企業たちに正直な企業だと・・・はぁ。
どこかに行って親日派だとか何とか言わないでください。あなたも親日派もセヌリもみんな同じなので。歴史を知らないなら黙っていたほうが賢明です。

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
環境に優しい車は主力商品なのに今の自動車メーカーは利益だけを追ったためこのような結果が発生したんでしょう。
ディーゼルで勝負ができなくてハイブリッドに行ったのではなく遠くを見据えて下した経営者の賢明な判断のためです。
一例として韓国は一滴の石油すら出ない、環境に優しいエネルギーはオイルショックのような1、2年の短い期間を除いては短期間でお金にならないとして技術開発を怠ける。
一方日本は環境に優しいエネルギー開発に数十年間お金をつぎ込んでいます。
したがってフォルクスワーゲンがこんなことをしたのは利潤のみ追って経営する下品な方式を抜け出すことができなかったためです。
これから先、脚光を浴びる経営は社員や会社、そして環境のための経営が脚光を浴びるだろうし
そうじゃない企業は周囲の避難を受けたり利潤に目が眩んで重大な判断に崩れる結果になると思います。

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ここは現代・起亜のバイトに続きトヨタのバイトもいるのかよ(ブルブル)

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
今トヨタのプリウスに乗っていますが3年で10km走りました。
今その予算でもう一度新車を買うとしてもプリウスを買います。
それほど満足度が高いです。
歴史は残念だが技術は認めるべきです。


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事