韓国の反応

韓国人「日本が世界最高の製造国家だと言うには何かちょっと足りないね」

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

20664

日本もそう考えると何気に欧州の牙城を超えられない分野がたくさんあります

自動車・・・ドイツにノックアウト

オーディオも会社はすごく多くて、オーディオマニア層もすごく多いけど

英国、米国に超劣るし・・・

カメラはまあ独占的国家だから認めるけど

とにかく世界最高の製造業国家だと言うには何かちょっと2%足りない

韓国人「日本が世界最高の分野は何がありますか?」
韓国人「世界一速い日本の鉄道をご覧ください」
韓国人「ここ数年間、日本の技術力を無視していたけど知ってみると・・・」→「知れば見えてくる」「日本を無視する国は全世界で韓国だけ」

参照:http://www.slrclub.com/bbs/vx2.php?id=hot_article&no=79710

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
販売量は世界最高の国ですが?

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
自動車がノックアウトなんて・・・世界1位の企業がトヨタだけど(ブルブル)

韓国人「ぶっちゃけ日本車がドイツ車より優れています」→「それはない」

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
自動車の販売量は世界1位ではなかったか?

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
トヨタを世界1位と羨ましがりながら
どうして世界5位の現代自動車を叩くんですか?笑わせるね。

韓国人「現代自動車 vs 自転車をご覧ください」

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>5
内需差別をご存知ないみたいですね。

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
今日もレス乞食ですね。

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
オーディオをどこまでオーディオと見るべきかが問題です。
ハイエンド級は欧州のほうに負けるけど・・・
大衆機器はそうじゃないでしょう・・・。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
アジアでも英米圏でも南米でも
最高級セダン以外ほとんど日本車が独占です。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
もともとほとんどの科学と技術は欧州で胎動しました。
日本はただパクってきて商品性をよくしただけです。

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
サッカーは欧州の牙城を超えられない・・・。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
映画は韓国にもめっちゃ劣る。

韓国人「日本人たちも映画は韓国の方が上だと認めるんじゃないですか」→「すでに日本でも韓国が越えたと認める雰囲気」

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>12
観点によって違うはずです。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
これでこそ韓国人ですね~ちょっとは考えて生きましょう(泣)何を2%の不足を問い詰めているのか(泣)
これだけ知っておいてください。F16戦闘機は日本の技術がないと宙に浮いていられない不安定な機体です。

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本はそんな国です。元祖を持って行って商業的に包装して金を稼ぐ国。ラグジュアリーがコンセプトじゃなくて、ハイエンドや大衆的な物で元祖よりお金をたくさん稼ぐそんな国です。

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>15
それマジで言ってるの?

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
2%不足したものはあります・・・ブランドバリューだとしなければならないか・・・。
適切な比較になるかは分からないが、トヨタ・レクサスがフェラーリ顔負けの車を作ってフェラーリより高い価格で売ったらどれぐらい売れるのかと考えてみると・・・。

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
音響機器をアンプやスピーカーだけ見ないで・・・
録音装備、サウンド、エフェクターまで見てください(ブルブル)

19.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
放送局装備はほとんどソニーです。
ヤマハコンソールもたくさん使います。

韓国人「サムスン電子カメラ事業から撤退か?」→「残念だ、日本の光学産業を崩してこそ日本の電子産業と放送装置市場を攻略できるのに」

20.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
これは何・・・一部の情報だけを持ってそんな結論を・・・
少し探してみるだけで日本が世界1位のものがすごく多いのに・・・。


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事