韓国の反応

韓国人「先進国である韓国が世界一住みやすい国であることが判明」

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします

8881

※グラフ(左から)

スウェーデン 110.8
フランス 146.3
英国 156.7
ドイツ 191.2
韓国 313.0

8882

労働部が公認しました。

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
我が国は、いつから先進国になったんだ?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004310334/otonarisoku-22/ref=nosim/

参照:http://bbs2.ruliweb.daum.net/gaia/do/ruliweb/default/read?articleId=21577866&bbsId=G005

3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
賃金労働者の50%が200万ウォン(約20万円)未満の収入なのに何が老後の心配がないだよ。
年金だって少しもらっておしまいなのに。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
勤続年数が成果なの?

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>4
本当にバカな話ですよwwwww

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
あそこに書かれている韓国という国は、どこにあるんですか?

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>6
平行世界。

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ここは韓国という国ではなかったようだ。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
他の世界の韓国のようだね。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
我が国は、安い賃金で人を雇い、
20~30年も勤続できる人がほとんどいないからあのような結果になる。

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
お金だけもらう役に立たない老人が多い。

12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
100歳でも老後の心配がない社会と言いながら、
モデルがぴちぴちの30代、40代を起用したのは高度な皮肉ですか?

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
氏ね。勤続30年の機械工が月給200万ウォンも貰うことができない国だぞ。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
100歳まで生きないので老後の心配はありません。

15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
これを見て希望を持つような人がいるかもしれないから怖い。

16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
20~30年も勤続できないというのが罠。
あれを自慢するとか・・・。

17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
20~30年勤続できる場合の話。
それに20~30年間働いた人達が経歴の浅い人達の月給まで全部かっさらっていくと国の経済構造がいっそう崩れる。

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
人類補完計画がそろそろ始まるのか。

19.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
頭のおかしい奴らが初任給と勤続30年の比率を計算してああいうものを出したんでしょうね。
百分率でもなく浅はかだな、本当に。
それだけ初任給が使えないほど少ないという意味なんだが。

20.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>19
見れば見るほど殴りたくなる。
若者が少しもらって出て行く時にいい年した大人が多くもらって大きな格差があることが自慢の種なのだろうか。

21.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
高齢者自殺率OECD1位である国なのに何を言ってるんだ。

22.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
賃金格差があんなに酷い方が異常だろwwwww

23.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
格差が大きかったらダメなのに何を言ってるんだwwwww

24.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
これはちょっと酷いね。笑いも出ないよ。

25.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
青年失業問題が深刻になり低賃金の就職がありふれている状況を
あのように解釈をすることもできるんだな。

26.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
貧富の格差が大きいと自慢しているようなもんじゃねーかwwwww

27.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
最も住みにくい国の間違いだろ。


急上昇


人気記事


おすすめ記事


コメントガイドライン

読者の皆様が安心して利用できるコメント欄の維持にご協力をお願いいたします。

荒らし・宣伝行為はもちろん、記事と関係のないコメントや過激なコメントは控えて頂きますようお願いいたします。

当方が不適切と判断したコメントも含め、上記に該当するコメントは、削除・規制の対象となる場合がありますので予めご了承ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事