47285


スポンサードリンク


おすすめ記事


1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします



1990年は日本企業がすごかったんだけど





2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
別に没落してない。


図解入門業界研究最新半導体業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第2版] (How-nual図解入門業界研究)


3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
サムスン、インテル、間違った選択などのコラボ。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
の前、誰かが漫画にしたのを見ると選択を間違えたと。
二つの方向があったけどサムスンの反対側を選んで。


5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
地震後、サムスンに主導権を奪われたりはしたけど没落まではないでしょう。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
没落しました。1990年半導体売上の上位圏は半分以上が日本企業でした。

「電機・半導体」大崩壊の教訓 シャープ、パナソニック、ソニー、エルピーダ、ルネサ


7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓米日の順だけど、ここに入るのが気まずいレベルでもあります。東芝が滅んで。

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
無駄なことして没落しました。
韓国と差が大きいです。


9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
プラザ合意による価格競争力の喪失でしょう。
半導体は技術産業ではありません。労働力のような価格産業でしょう。


プラザ合意(wikipedia

プラザ合意(プラザごうい、英: Plaza Accord)とは、1985年9月22日、先進5か国 (G5) 蔵相・中央銀行総裁会議により発表された、為替レート安定化に関する合意の通称。その名は会議の会場となったアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市のプラザホテルにちなむ。

会議に出席したのは、西ドイツ財務相のゲルハルト・シュトルテンベルク、フランス経済財政相のピエール・ベレゴヴォワ、アメリカ財務長官のジェイムズ・ベイカー、イギリス蔵相のナイジェル・ローソン、そして日本の竹下登蔵相である。以後の世界経済に少なからず影響を及ぼした歴史的な合意だったが、その内容は事前に各国の実務者間協議において決められており、この会議自体はわずか20分程で合意に至る形式的なものだった。


10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本の半導体が没落じゃなければ何が没落ですか(汗)

11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
没落です(汗)
エルピーダは潰れ東芝は売却されて。


東芝の悲劇


12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
半導体を作る技術設備などで遅れたんです。
日本企業のものばかり使っていて、オランダの露光装置が1番になりました。名前は思い出せないけど。
初期にこのオランダの露光装置に発注して投資した会社がインテルとサムスンでしたね・・・。
後にオランダの会社が1番を維持しながらインテルとサムスンが資本投資までします。
ナノ工程でサムスンとインテルが似ている理由があります。
このようなのも一部ではあります・・・。


13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
ASMLだったかな?

ASML(wikipedia

ASML(蘭: ASML Holding N.V.)は、オランダ南部・フェルトホーフェンに本部を置く半導体製造装置メーカーである。半導体露光装置(ステッパー、フォトリソグラフィ装置)を販売する世界最大の会社で、16ヶ国に60以上の拠点を有し、世界中の主な半導体メーカーの80%以上がASMLの顧客である。ユーロネクスト、NASDAQ上場企業(Euronext: ASML 、NASDAQ: ASMLD)。

世界シェア・ランキング
売上高ベースで2007年のASML露光装置の世界シェアは65%。[5] 1996年は日本のニコンが約50%弱、キヤノンが約25%のシェアを獲得していた。

2008年の半導体製造装置メーカーランキング(VLSI Researchによる)では、東京エレクトロンを抜き2位に浮上し、[6] 2011年の同ランキングではアプライド・マテリアルズを抜き、初めて1位となった。[7]


14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>13
はい、たぶんそこです。
全体的な工程争いで少しずつではあるけどサムスンがリードしながらチキンゲーム争いで耐えられなくなりました。
あの多かった日本の半導体会社が一つずつ構造調整しながら最後まで粘ったけど、結局ゲーム終了しました。


15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
一時、NECが世界半導体1位じゃなかったですか?

半導体メーカー売上高ランキング(wikipedia

1990年のランキング

1位 NEC セミコンダクターズ(日本)
2位 東芝セミコンダクター(日本)
3位 モトローラ 半導体部門(米国)

1991年のランキング

1位 NEC セミコンダクターズ(日本)
2位 東芝セミコンダクター(日本)
3位 インテル(米国)

1992年のランキング

1位 インテル(米国)
2位 NEC セミコンダクターズ(日本)
3位 東芝セミコンダクター(日本)



2017年のランキング

1位 サムスン電子(韓国)
2位 インテル(米国)
3位 SKハイニックス(韓国)


16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
一時メモリー1位でした。没落したのはその通り。
スマートフォンの普及とIoTのおかげでメモリー需要はずっと増えるのに・・・。


17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
RDRAM事態とサムスンチキンゲーム事態でメモリー分野は飛んで行ってしまって・・・
非メモリー側は米国がほとんど独占。


18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
サムスンが技術が良くて東芝を抜いたのではありません。
労働力も韓国が安く価格が韓国の方が良かったんです。
半導体は中間財とコスパが最も重要です。


19.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
経済学、経営学を専攻したけど
価格産業という言葉を生まれて初めて聞いた。


20.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
サムスンが未来事業を探すのに血眼になっているのが半導体のパイがは中国が持って行くことになっているためです。
東芝のようにならないようにしているんでしょう。


21.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>20
収率が原価を削減します。
原価削減が技術です。
すべての技術産業で工程最適化や技術開発して原価削減と性能を高めようとしています。


22.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>20
サムスンの未来事業のうちグループレベルで進めているのが
電気自動車部品メーカーのティア1(一次請け)です。
その中で半導体が力点です。


23.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
選択の領域で興亡が分かれたのであって
技術力の差が大きくはありませんでした。


24.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
無駄なことに集中投資したからです。
References:mlbpark